坐骨神経痛(下肢のしびれや痛み)

投稿日: カテゴリー: 症状

坐骨神経痛 東京都府中市

坐骨神経痛を治していくために

足のしびれや痛みにお悩みの方へ
こんなことでお悩みではないですか?

■足にしびれが出てきた。
■足が痛くてびっこを引くように歩いてしまっている。
■座っている時間が長いと足がしびれてくる。
■歩いていると足の外側が痛い、しびれる。
■足だけじゃなくお尻も痛い。
■もともと腰痛もあった。
■病院に行ってもレントゲンで異常はないと言われた。
■薬や注射をされるけど、痛みが取れない。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、坐骨神経が周りの筋肉などに圧迫されて下肢の痛みやしびれといった症状が起こることを言います。
坐骨神経は骨盤の仙骨の横から出て足にまで至る長くて太い神経です。
お尻あたりの坐骨神経の周りには股関節を動かすための筋肉がたくさん付いていて、身体の構造上坐骨神経を圧迫しやすい環境になっています。
その構造は大切な坐骨神経を守るためでもあるんですけれども。

骨盤の捻じれや歪み、身体全体の歪みの影響を受けて坐骨神経周囲の筋肉や血管の環境が悪化してきます。
その結果、坐骨神経が圧迫され痛みやしびれといった形で症状が現れてきます。
早い段階であれば、坐骨神経痛の症状の回復は早いです。
しかし、長期間その状態を放置しておいてしまうと、神経自体の損傷が進んでしまい、回復まで時間がかかってしまいます。
何事もそうですが、長く放置されているものを改善するにはそれ相応の期間が必要になります。

 

 

 

 

坐骨神経痛は薬を飲んでも治りません。

よく坐骨神経痛によく効く薬のテレビコマーシャルがやっていたりします。
薬や注射は身体の感覚をマヒさせているだけです。
身体の捻じれや歪みが解消されていなければ、その症状がなくなることはありえません。
むしろ薬で感覚をマヒさせてしまっている分、身体の状態にも鈍感になってしまうので、
身体の捻じれや歪みにも気づかなくなってしまいます。
状況は悪くなる一方です。
薬

 

 

 

 

それは本当に坐骨神経痛?

坐骨神経痛を治していく際に大切なのは、下肢のしびれや痛みといった症状が本当に坐骨神経の圧迫によって生じているのか、それとも腰の骨の変形やヘルニアによって生じているのかをしっかり鑑別していく必要があります。
もしかしたら、坐骨神経痛ではなくて腰椎の影響でその症状が起きている場合もありますし、その逆もまた然りです。
そして、それらが複合して起きていることもあります。
いずれにせよ悪い身体の癖を長い期間放置して出てしまっている状態なので、早いうちにしっかり治していかないと、骨の変形を招きより深刻な病気に発展しかねません。
心配な方は一度レントゲンなど画像検査もお勧めします。
ただ、整形外科や病院で行う治療は、薬や注射、牽引のみなので余りお勧めしません。お勧めするのは検査だけです。

 

 

 

 

坐骨神経痛を治していくには

坐骨神経痛を治していくためには、あなたの身体の捻じれや歪みなどの癖を丁寧に取り除いていく必要があります。
オステオパシー施術をすることで、身体の癖が少しずつ解消され回復し始めます。
身についてしまった歪みや捻じれを一緒に取り除いていきましょう!

また、現在身体に良いと思って行っているストレッチや運動が、あなたの「今の身体」に合っているとは限りません。
下手に情報を鵜呑みにしてエクササイズをやってしまうと、最悪、痛みが悪化し長引いてしまいます。
あなたの身体に合った最適な施術をし、坐骨神経痛から早期改善できるようにアドバイスをしていきます。