背中の痛み、肋間神経痛  東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

肩甲骨と背骨の間が急に刺すように痛くなる。
急にわき腹が痛くなる
心臓あたりが締め付けられるように痛くなる
くしゃみをしたときに背中や胸が痛い

その痛みは「肋間神経痛」の可能性があります。
当院に来られる方でも仕事中に突然背中の痛みに襲われ、悩んでいる方がいました。
急に来る痛みなので回避しようもなく、とてもお困りのようでした。
でも安心してください。その方は無事回復して、今は問題なく過ごされています。
肋間神経痛にお悩みの方はオステオパシー施術を受けることで改善が見込まれます。
では、そんな肋間神経痛について理学療法士の私が解説していきます。

 

 

目次
検査では異常なし!?「肋間神経痛」とは?
肋間神経痛の症状
肋間神経痛の改善方法(治し方)
まとめ

 

 

検査では異常なし「肋間神経痛」とは?

激痛なのに異常なし!?「肋間神経痛」とは…
人体の背骨や肋骨には自律神経をはじめ様々な神経が走っています。
その神経のひとつに、肋骨に沿って走行している神経が存在します。
その神経が何らかの理由で圧迫・刺激され痛みが出ることを「肋間神経痛」と言います。
突然鋭い痛みが出たりしますが、病院で検査しても特に異常が見られないことが多いです。
心臓に近い胸の辺りが痛むので心配になってしまう人がたくさんいます。

現在肋間神経痛が起こるメカニズムは科学的に解明されていません。
オステオパシーとしては身体の歪みや捻じれが原因となっていると考えています。
背骨や肋骨など歪み・捻じれを解消していくことが改善の近道です。

 

 

肋間神経痛の症状

肋間神経痛は、前触れもなく突然痛み出すことがほとんどです。
胸や肋骨(背骨と肩甲骨の間)の辺りで片側に痛みが出現することが多いようです。
刺すような鋭い痛みが伴います。
しかし、痛みがあるのは数分間だけで比較的短時間です。
くしゃみや深呼吸、咳をしたり、身体を捻ったりした時など痛みが出たり、痛みが増すこともあります。
人によっては背中、胸、心臓、肺、脇腹などにも痛みを訴える場合があり、症状や痛む場所は様々です。

 

 

肋間神経痛の改善方法

医療機関に行くと、原因が分らないので、痛み止めの薬や湿布などが処方されます。もしくは電気治療ですね。最悪麻酔の注射をされるところもあるみたいです。
ただ、肋間神経痛は身体に蓄積したゆがみ・捻じれから生じているので、
いくら薬や湿布、注射をしたところで、身体が捻じれているようであれば、いくらでも再発します。
逆に薬や注射は身体の感覚をマヒさせるだけです。
私ならそんなものに頼りたくはないですね。
しっかりと身体を良い状態にすることが肋間神経痛の改善の近道となります。

肋間神経痛が疑われる方は、すごく猫背になっていたり、以前から肩こりや背中の痛みを感じていた方が多いようです。
悪い姿勢が継続することで背骨が歪み、捻じれそれによって肋骨も捻じれていきます。
そうすると肋骨の間の筋肉が緊張してしまい、肋骨と肋骨の間が狭くなってしまいます。
呼吸や動作でも引きつって(過緊張)痛みとなります。
そういった背骨と肋骨の歪み・捻じれを取り除くことを念頭に施術を行っていきます。
オステオパシーでは背骨を中心とした身体ん歪みや捻じれも痛みなく取り除けます。
肋間神経痛の症状も次第に軽くなっていきますよ。

身体の歪みや捻じれは姿勢にも影響を及ぼします。
背骨の捻じれが解消してくれば、自然と姿勢も良くなります。
バランスがとれ肋間(肋骨と肋骨の間)にかかる負担が分散されます。

やはり身体の歪みや捻じれを放置して固くなってしまっている場合は改善まで少々時間がかかります。
バランスが悪くなって固くなっているということはそこの血液供給やリンパの流れも悪くなってしまっています。
早めに施術を受けて肋間の滞りをなくしていくことが大事です。
肋骨に対する施術

 

注意が必要なのは肋間神経痛だと思っていたら、まれに骨折やがんの転移などの可能性がありますので、
おかしいと思ったらまずは我慢せず一度医療機関を受診してください。

 

受診しても異常が認められなかった場合、病院や整形外科では肋間神経痛の処置は薬や注射になってしまいますので、
ぜひ当院へ一度ご相談ください。
 

 

まとめ

いかがでしたか?病院で検査しても異常がない「肋間神経痛」
その原因の多くは背骨や肋骨の歪み・捻じれにあります。
肋間神経痛の改善はそんなに難しくありません。
ただ、放っておくと身体の歪みや捻じれは癖となって蓄積します。
早めに身体をケアして痛みのない生活を送りましょう!
オステオパシーが力になります!

自分ひとりでは気がつかない体のゆがみ、自律神経の不調など、
隠れた原因を一緒に検査していき、改善を目指します。
オステオパシー施術をすることで体の癖を取り除き回復が始まります。
身についた癖を一緒に取り除いていきましょう!
また肋間神経痛に良かれと思っているストレッチ、マッサージ、運動が、あなたの”今のからだの状態”に合っているとは限りません。
最悪、痛み悪化し長引くということも多々あります。 あなたに合った最適最短な施術をし、疲労感から早期解放できるようにアドバイスをしています。

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日