薬に頼らない片頭痛(偏頭痛)の治し方。根本的に改善していくために 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状肩こり・頭痛について

現在、日本における片頭痛を抱えている方の割合は8%と言われています。
ご家族で片頭痛に悩まれている方もいます。

この記事を読んでいるあなたもそんな片頭痛にお悩みではないでしょうか?
片頭痛は頭痛だけでなく、吐き気や実際に嘔吐してしまう時もあります。
日常生活に支障をきたしてしまうほどの頭痛はつらいですよね。

病院に行っても薬を処方されるだけで、慢性的な片頭痛に悩まれて薬で様子を見ている方も多いです。
そもそも片頭痛とは、何が原因で起こるのでしょう。
また、薬に頼らず片頭痛を治していく方法を
片頭痛の対処として、鎮痛剤を飲むこと以外にも何かできることはないでしょうか。
そこで今回は、片頭痛の特徴や原因、対処の仕方などをご紹介したいと思います。

また頭痛には命に関わる頭痛もあります。
頭痛に関してはこちらの記事を参考にしてください。
【関連記事】頭痛の分類~オステオパシー整体で効果のある頭痛

 

 

目次
片頭痛とは?
片頭痛の原因
片頭痛の薬は何で飲むの?
自分でできる片頭痛の対策
薬に頼らない片頭痛の治し方
まとめ

 

 

片頭痛とは?

日本人の8%が抱えている病気です。20~40代で発症するケースが多く、女性に多いです(男性の3倍)
しばしば家族性もあり、自分だけでなく親兄弟に偏頭痛があるという方もいます。
片頭痛は、主に頭の片側がズキズキ、ドクンドクンというように心臓に合わせて拍動するような痛みを呈することが特徴です。
一旦痛み始めると、3~5時間は痛みが持続すると言われていて、長い方だと3日ほど続く場合もあります。
痛みの影響で仕事や勉強はもちろん、日常生活さえもままならなくなることがあります。

さらに頭痛に伴い、悪心(気持ち悪くなる)、嘔吐、光・音過敏、匂いに過敏になるなど、様々な随伴症状が起こることも特徴です。

片頭痛が起こる前の予兆として目の前がチカチカする閃輝暗点という現象も起きる方がいます。
また手足の感覚が鈍くなる、しびれる、ろれつが回りにくくなるなどの前兆もあります。これらは脳の一時的な虚血発作(血が足りなくて起こる発作)だと考えられています。

片頭痛

 

片頭痛の原因は?

片頭痛がなぜ発症するのか。現在の医学では解明されていません。
なので、病院や医者にとってもいまだ根本的な治療方法はないのが現状です。

仮説としては三叉神経血管が拡張や炎症が起きて生じているという説、カフェイン中毒、マグネシウム欠乏などの関与も提唱されています。

片頭痛は時間とともに自然と治っていく方もいますが、ずっと片頭痛と向き合わなければいけない方もいます。

 

 

 

片頭痛の薬は何で飲むの?

根治するわけではないのに、なぜ偏頭痛の薬を飲むのでしょう。
目的は片頭痛の発作が起きた際に症状を抑えるための薬と、
発作が起きないように予防のために飲む薬になります。
どちらも根本的な改善には繋がりませんが、症状を軽くしたり、頻度を少なくしたりする効果くらいはあります。
ただ注意が必要なのは薬が効かないからと言って薬の量が増えてきてしまうことです。
逆に薬物乱用頭痛といって薬の飲みすぎが原因で頭痛が起きてしまう可能性があります。

頭痛の薬

 

自分でできる片頭痛対策

片頭痛に対して、薬を飲む以外にも自分でできることがあります。
以下のことを知っておくことで、片頭痛の症状軽減・予防につながりますのでぜひ参考にしてください。

・片頭痛の前兆、片頭痛になりやすい状況を知る
片頭痛には閃輝暗点のように前兆がある方もいるので、頭痛が始まる前に異変に気付くことが出来る場合もあります。
また、ある条件が揃うことで片頭痛が出るという方もいますので、それらを知っておくことで頭痛への備えになります。

以下、片頭痛の誘発要因です。
・階段の昇降など身体の揺れ
・食べ物:赤ワイン・チーズに含まれるチラミン
チョコレートやニンニク、ナッツ類などに含まれるフェニルチラミン
防腐剤に使用される亜硝酸塩
調味料に含まれるグルタミン酸(味の素)
アルコール(お酒)
カフェイン(コーヒー)
合成甘味料
酢など
・環境変化
・ストレス
・騒音
・臭い
・薬
・睡眠不足
・テレビや携帯など液晶画面の見すぎ

こういったことが片頭痛を誘発する要因になります。
とくにコーヒーの飲みすぎやチョコレート、ナッツ類など普段何気なく食べているものにも片頭痛を誘発してしまうものがあるので、注意が必要です。
また頭痛の前兆として、目の前がチカチカする、手足の感覚が鈍くなる、しびれる、ろれつが回りにくくなるなどがあります。
もし手足が急に動かせなくなったり、ろれつが回らなくなったら脳出血の可能性もありますので、早急に救急車を呼んでください。

どんな時に偏頭痛が起きてしまうのかを気付くことが出来たら、それらのことを避けることができますよね。
ただ、食べ物をすべて避けるというのも難しいです。何が自分にとって一番影響を与えてしまうのかを検証しながら、疲れている時はチョコレートを食べない、眠い時には早めに寝るといったように簡単に出来ることから無理せず取り組んでいくことが大切です。女性の方は生理周期なども把握しておくと良いです。何がきっかけとなって片頭痛が起きるかは人それぞれです。自分のパターンが認識できることが、症状の軽減・予防にとても役立ちます。

 

・片頭痛が起きている時の対処方法
片頭痛が始まった時はどう対処するのがいいでしょうか。
片頭痛が発症している時は動くと痛みが増加してしまうため、安静にしている方がいいです。
光刺激は症状を悪化させる恐れがあるため、出来るだけ暗い静かなところで休まれるのがいいでしょう。

暗い静かな場所で休む

 

 

薬に頼らない片頭痛の治し方

ここまでは一般的な片頭痛に対しての情報になります。
ここからが片頭痛の方に対してとても有益な情報になるのではないかと思います。
医学的には原因が解明されていない片頭痛。
しかし、オステオパシー的な視点から身体を捉えたときに、あなたの身体に多くの原因が隠れているかもしれません。

オステオパシーの研究では偏頭痛の方には頭蓋骨に一定の歪みのパターンがあることが研究によって分かっています。(ロリン・ベッカー)
今までの情報からも片頭痛は何らかの原因で脳の血管が炎症を起こしたり血流が悪くなって起きているのではないかと考えられます。

頭蓋骨

頭蓋骨の歪みは頭蓋骨内の血管を捻じれさせ、血流を悪くさせます。
血液の流れが滞ることで、血液自体に老廃物や化学物質が溜まり、炎症や虚血を起こしている可能性があります。

また原因は頭蓋骨の歪みだけに留まりません。
頭蓋骨の歪みがある方は必ず、身体にも歪みや捻じれが存在しています。
・脳への血液を送るために大切な頸椎や頸部の筋膜の歪み・捻じれによる障害
・背骨や肋骨が固くなって酸素を取り入れづらくなってしまっている胸郭
・土台となる骨盤の捻じれ
こういった要素が脳への血流を悪くさせる要因となっています。
そして頭蓋骨の歪みを助長させる原因にもなりえます。

おそらく片頭痛を患っている方は、
以前から肩こりや首こり、首痛も同時に感じていることでしょう。
それらは身体全体の悪い癖が原因となっています。

オステオパシーは身体を一つのユニットとして捉えます。
頭蓋骨がどのように歪んでいるのか、
また、身体全体は脳への血流の悪さにどう関係しているのか、
しっかりと検査して原因を導き出します。

こういったことを無視していては片頭痛のない健康的な身体を手に入れるのは難しいでしょう。

 

 

まとめ

片頭痛で悩む方が多いのは、医療機関で根本的に解決する方法がまだないことも原因の一つです。
片頭痛を改善していく上で、自分の体調やどんな時に偏頭痛が起きてしまうのかを知ることはとても大切です。
そしてオステオパシーであれば、片頭痛の原因をあなたの身体の中から探すことが出来ます。
片頭痛でお悩みで薬に頼りたくない方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛片頭痛緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日