毎日ある鈍い頭痛。緊張型頭痛の治し方 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状肩こり・頭痛について

締め付けられるような頭痛
重いもので圧迫されているような感じの頭痛

日本人の中で22%もの方がこの緊張型頭痛に悩まされています。
頭痛の中でも最も多いタイプです。
毎日の頭痛に悩まされ、薬を手放せない方もいます。
そんな緊張型頭痛についての解説と
理学療法士から見た緊張型頭痛の治し方をお伝えしたいと思います。

 

【目次】
緊張型頭痛とは?
片頭痛との違い
緊張型頭痛の原因
緊張型頭痛を起こしやすくしてしまう要因
薬に頼らない緊張型頭痛の治し方
まとめ

緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛とは、後頭部から頭全体が痛んだり、重く感じる状態で「バンドで締め付けられるような」「重いもので圧迫されるような」とういう表現をされることが多いです。
片頭痛とは違って、ズキンズキンと脈打つような痛みではありません。
痛み自体は比較的軽く、日常生活に支障をきたすことは稀です。と言われていますが、やはり頭痛が頻繁にあるのはとても辛いことです。

 

 

片頭痛との違い

頭痛でも混同しやすいのが片頭痛です。片頭痛との違いを紹介します。
まず、痛み自体は片頭痛に比べて比較的軽いです。
またズキンズキンと脈を打つような感じの痛みではありません。
気持ち悪くなったり、視覚障害(目がチカチカする)が出ることはありませんが、肩こり、めまい感、身体のだるさ、目の疲れといったことは良く出ます。
片頭痛と緊張型頭痛は対処の仕方が異なるため、頭痛の方は自分はどのタイプの頭痛なのか知っておくことが症状の改善・予防につながります。

 

【関連記事】薬に頼らない片頭痛の治し方

片頭痛との違い

 

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛も片頭痛と同様に医学的に解明されていません。
西洋医学的には症状を抑える薬の処方くらいしか出来ないのが現状です。
また、緊張型頭痛は肩や首周囲の筋肉が固くなって血流が悪くなり頭痛を引き起こすのではと言われていますが、
マッサージをして一時的に血流を良くしたところでその場しのぎにしかすぎないことを覚えておいてください。

薬もマッサージもその場しのぎ

 

緊張型頭痛を起こしやすくしてしまう要因

緊張型頭痛は、ストレスが重なることで生じやすくなります。
たとえば、長時間のパソコン作業・スマホ操作、悪い姿勢での読書、車の運転、運動不足などの不活動性によって頭痛が出やすくなります。
また、職場や家庭でのトラブルによるストレスによっても頭痛が出やすくなります。
そもそも、ストレスがかかっている状態というのは交感神経優位となり血管が細くなります。
そのため、必然的に血流量が減ってしまうため、頭痛をはじめ、身体全体に良い影響を及ぼしません。
そういった自律神経系の乱れが緊張型頭痛の主な原因かもしれませんね。

逆に入浴や運動、お酒を飲んだりすると痛みが和らぐ方が多いようです。
副交感神経が優位になって、血管が拡張して血流が良くなるからですね。

猫背の長時間のパソコン作業

 

薬に頼らない緊張型頭痛の治し方

さて、ここからが緊張型頭痛の治し方になります。
現代医学では原因不明とされている緊張型頭痛ですが、オステオパシー的に考えると多くの原因が見えてきます。

緊張型頭痛は肩や首の筋肉が緊張して血流が悪くなって起きると考えられています。
なので、マッサージをして一時的に血流を良くすると症状がなくなる方もいます。
しかし、薬と同様で一時しのぎにすぎません。

 

肩や首の筋肉が緊張しないような身体づくりを目指すべきだと私は考えています。
なぜ、肩や首の筋肉が緊張してしまうのでしょう?
長時間のパソコン作業、運転、職場や家庭のストレス、、、
こういった状態にさらされていると身体はどうなってしまうでしょうか?

 

肉体的・精神的ストレスにさらされることでの身体の変化は以下のようなものです。
呼吸が浅くなってしまう(一番ダメ)
骨盤から背骨が丸まり、固くなってしまう
猫背になる
丸まりながらその人の癖で左右どちらかに身体が傾く
呼吸が浅いので、どんどん肋骨も固くなる
リンパの流れが悪くなる
緊張しているのが慢性化して身体の力が抜きづらくなる
血流も悪くなる
足がむくむ
冷えやすくなる

などなど身体にとっての悪影響が目白押しです。
少し専門的な話になりますが、今話題となっている筋膜(身体を覆っている膜組織)はリンパや血管の通り道になっており、正常であればとてもみずみずしい組織です。
それが長期間のストレスにさらされ交感神経優位の状態が続いていると、みずみずしい筋膜はどんどん渇いてカピカピになってきてしまうという研究結果が出ています。
筋膜がカピカピに渇いているとその分柔軟性がなくなり傷つきやすくなってしまいます。頭痛だけでなく、腰痛や背中の痛み、様々な原因になりかねません。

 

緊張型頭痛の方は自分の身体の状態が悪いことが当たり前になっています。
自分で出来るセルフケアとして、まずは深呼吸をしてみることです。
悪い姿勢では深呼吸できないでしょう。
深呼吸をすることで交感神経の緊張を抑えることができます。
まずはそういうゆっくり集中して深呼吸をする時間を作ってみてください。

 

そうすると自分が思っていた以上に息が吸えないことに気付くかもしれません。
その気づきがとても大切ですね。

 

オステオパシーでは息が吸えないくらいに固まってしまったあなたの身体の歪みを解消していきます。
骨盤や背骨、肋骨、横隔膜、肩甲骨、頭蓋骨の歪み・捻じれ(癖)を解消していくと
そこについている多くの筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、肩甲舌骨筋、、、、)は自然に緩み始めます。
身体が本当の意味で呼吸をしだします。

これらを解消していくことで、ようやく身体の回復が始まっていくのです。

緊張型頭痛からの回復

 

どうかこのページをお読みの方は薬に依存しないでください。
薬の頼りすぎは、いつかその薬があなたの血液を汚していきます。
それが薬物乱用性の頭痛です。
緊張型頭痛の改善はさほど難しくありません。しかし、薬物に依存した頭痛になってしまうと、そこから脱却するのは中々大変になります。
自分の大切な身体のためにも賢明な判断をしてくださいね。

薬物乱用頭痛

 

 

まとめ

緊張型頭痛とその治し方について解説していきました。
医学的には原因不明でも、身体にはその原因がたくさんあります。
慢性的な頭痛でお悩みの方は、一度自分の身体の状態を見直すいい機会だと思ってみるといいかもしれません。
なかなか頭痛が解消せず、薬に頼りたくないという方はいつでもご相談ください。

 

【関連記事】頭痛の分類~オステオパシー整体で効果のある頭痛~
【関連記事】薬に頼らない片頭痛の治し方、根本的になおしていくために 

 

 

 

 
適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛片頭痛緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日