足のしびれ  東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

ぎっくり腰をしてから足にしびれが出てきた
ヘルニアと診断されたけど、牽引と電気、痛み止めの薬だけでしびれがとれない
足が痛くてびっこを引くように歩いている
しびれだけでなく脛や足も痛い

腰痛がある方には足のしびれが出てきてしまっている方も多いです。
しびれだけではなく、足に力が入りづらかったり、足の外側やくるぶし辺りに痛みが出てしまう方もいます。

足にしびれが出てきてしまう原因は様々です。
軽いものもあれば、重篤なものもあるので、注意が必要です。
そんな足のしびれの原因やオステオパシーで考える対処法を紹介したいと思います。
足のしびれで悩まれている方は参考にしていただけたら幸いです。

 

 

目次
何で足がしびれるのか?その原因は?
血行不良によるしびれ
神経の障害によるしびれ
足にしびれが出る病気は?
椎間板ヘルニア
変形性脊椎症
脊柱管狭窄症
坐骨神経痛
動脈硬化・高血圧
糖尿病(糖尿病性神経障害)
オステオパシーで考える足のしびれの対処法
まとめ

 

何で足がしびれるのか?その原因は?

何で足がしびれてしまうのでしょうか。
しびれが出てしまう原因は大きく分けて二つあります。
血行不良によるものと、神経が圧迫などの障害を受けることで生じます。

 

 

血行不良によるしびれ

正座を長時間した時を思い浮かべてください。
座っている最中、もしくは立ち上がるときなど足がしびれて立ち上がれないでしょう。
それが血行不良によるしびれです。
正座など一時的な血流不足によるしびれであれば、立ち上がってしばらくすればしびれや痛みは引いていきます。
しかし、身体の捻じれや歪みの癖の影響で血管が不自然に捻じれている場合は、そのしびれが慢性的に続いてしまいます。
こういった血行不良によるしびれは足だけでなく、手にも出ます。
でも、安心してください。血行不良によるしびれは比較的早く改善します。

血行不良

 

神経の障害によるしびれ

長期間(10年以上)の悪い姿勢の癖を放置していると、やがて骨がその癖のまま変形してきます。
そうして、腰の骨が変形したりしてくると、脊髄やそこから出る神経を圧迫します。
また、骨と骨の間にある椎間板が出てしまう(ヘルニア)ことでも神経を圧迫します。

神経が障害されて出るしびれの特徴は、
生涯された神経の領域に沿ってしびれが出ること
末梢神経障害の場合、筋力低下などがみられること
中枢神経障害の場合は痙性(マヒ)などの兆候がみられることです。
これらに対して細かく神経的な検査をしていく必要があります。

神経の障害によって出るしびれにはレントゲンやMRIなどの画像検査も有用です。
どこの神経が障害が受けているのかが判明しますが、画像検査をしても神経障害が分からない場合も多々あります。
ここで覚えておいて頂きたいのが、実は症状の無い方を無差別に画像検査しても約7割の方に椎間板ヘルニアが発見されるということです。
なので、ヘルニアや骨の変形で神経が圧迫されていたとしても、それが原因とは言い切れないのです。

「腰の骨の〇番の神経が圧迫されているから、そこの骨を削って神経の圧迫を解消させよう」
と整形外科医は考えて手術をしますが、術後もしびれや痛みが残る方は大勢います。
人の身体はそんなに単純ではないということですね。

これは具体的な数値や統計ではない私の印象にすぎませんが、今まで身体を見させてきていただいた方でも、
腰の部分切除術や、固定術をされた方で、しびれや痛みが改善されたという方はお会いしたことがありません。
逆に身体のバランスが崩れ、複雑な後遺症を呈する方が多いです。
あくまで私の印象ですので、手術を考えている方のご参考までに。

脊椎神経

 

足にしびれが出てしまう病気

足のしびれの原因は血行不良もしくは神経障害にあります。
それを引き起こしてしまう病気を紹介します。

椎間板ヘルニア
背骨の骨と骨の間にある衝撃吸収のための椎間板が、前や後ろに飛び出したり膨張することで神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。
原因は様々ですが、連続した前後への反復運動による負荷(中高生のバスケやバドミントンなどの部活動)や長期間の不良姿勢による椎間板へのストレスによって引き起こされることが多いようです。

【関連記事】腰椎椎間板ヘルニアの治し方 

 

変形性腰椎症(変形性脊椎症)
変形性脊椎症とは背骨が曲がって変形してしまっている状態のことを言います。
先天的に脊椎が曲がってしまう病気はありますが、先天性でない場合、ほとんどが日々の生活習慣の悪影響が原因となっています。
片方ばかりに足を組む・カバンを持つなどの悪い癖の積み重ねによって、身体がどんどん捻じれ、歪んできます。
その状態を放置しておくと、やがて捻じれていることが普通となり、そのまま骨も変形していきます。
変形性脊椎症に限らず、変形性股関節症や変形性膝関節症など、先天的でない骨の変形が原因の病気は必ず予防できます。

 

 

脊柱管狭窄症
背骨の中を脊髄が通っています。その脊髄が通る穴を脊柱管と呼びます。脊椎が経年変化や悪い癖の影響で変形して、脊髄神経を圧迫することで、腰や足にしびれや痛みを引き起こします。
主に高齢者が多く発症します。
間欠性跛行といって、歩き始めは大丈夫なのですが、歩いていると徐々に足が痛くなってくるような症状が出ます。
狭窄症は脊椎がかなり変形して発症します。高齢になってから発症される方が多いので、今までの身体の悪さを放置していた結果と言えるかもしれませんね。狭窄症の方の背骨はヒドイ方だとほとんどくっついているような状態で前後にも左右にも動きがとても悪くなってしまっています。当然改善するのも時間がかかるし、大変です。
また、狭窄症で手術を選択し、部分切除や固定術を行った方で、残念ながら予後が良い方に出会ったことはありません。
脊柱管狭窄症にならないように、普段腰痛を抱えている方は日々のケアをしっかりとして脊柱管狭窄症に発展しないように予防していくことが大切です。
高齢になると活動量が減ります。
あなたは1日中椅子に座って丸まっていませんか?

 

 

坐骨神経痛
坐骨神経痛は腰から足の先までに出る痛みやしびれなどの症状の総称です。
鎖骨神経痛は、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などが原因となって発症しやすく、足のしびれや痛みを引き起こします。
【関連記事】坐骨神経痛(下肢のしびれや痛み)

 

 

高血圧・動脈硬化
高血圧や動脈硬化は血管の弾力性を失わせます。
そして、サラサラの血液もドロドロになります。
そうすると血の固まり(血栓)やこれストレールなどが血管内部に滞りやすくなってしまいます。
結果血流が悪くなってしまい、血行不良によるしびれを起こす原因になります。
最悪、溜まった血栓が飛んだ場合に、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性があります。
高血圧・動脈硬化も日々の悪い生活習慣の積み重ねによって生じます。
ということは、予防できます。

 

 

糖尿病(糖尿病性神経障害)
糖尿病は様々な合併症を引き起こします。
糖尿病性神経障害もその一つです。徐々に足の感覚がなくなり、細かな傷に気付かず、放置していった結果、足が壊死してしまう。なんてことも起こりかねません。
糖尿病も先天性のもの以外は予防できます。

 

 

 

オステオパシーで考える足のしびれの対処法

血行不良にしろ、神経障害にしろ、オステオパシーでやることは変わりません。
大切なのはあなたの身体に蓄積した捻じれや歪みを解消していくことです。
たとえ、骨が変形していたとしても、身体に蓄積している捻じれを解消していくと徐々に正常化してきます。

足、膝、股関節、骨盤、脊椎、肋骨、頸椎、頭蓋骨
これらの歪みを解消することで付随する神経・血管・リンパの働きを正常に戻します。
血行不良によるしびれの場合は血管の捻じれが解消されるにつれ、次第にしびれを感じなくなるでしょう。
神経の障害によって起きている場合は、身体の捻じれが解消され、神経の通り道が確保され、しっかり神経に栄養が供給されることで、徐々に回復してきます。
神経が回復するのは時間がかかることは覚えておいてください。

簡単に書きましたが、地道な作業になります。
身体には歪みや捻じれが蓄積するので、1つの捻じれを解消すると今まで隠れていた問題が現れてきたりします。
地道に根気よくですね。

注意が必要なのは、しびれに良かれと思ってインターネットやテレビでやっているようなストレッチや体操を取り入れることです。
それが現在のあなたの身体に合っているかどうかはインターネットやテレビでは判断してくれません。
最悪、悪化するという方もいらっしゃるので注意してくださいね。

なるほど

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?足のしびれの原因や関連する病気について少しでも参考になれば嬉しいです。
先天的なものでない限り、日常生活の悪い癖の蓄積で起こってしまうということが理解していただけたでしょうか?
特に狭窄症や変形性脊椎症などの病気は予防できるものです。
少しでも腰に違和感を感じている方は早めにケアしていったほうが、5年、10年先の生活が変わってきます。
腰痛やしびれに苦しみながら日々を送るのか、そうでないのか。
どちらを選択するのかはあなた次第です。
少しでも腰痛や足のしびれを感じずに生活をしたいと思うのであれば、オステオパシーが力になります。
1人で悩まず相談してくださいね。

 

 

 

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日