手・腕(上肢)のしびれ、肩甲骨周りが痛い その原因と治し方

投稿日: カテゴリー: 症状

手がしびれて仕事に集中できない
腕がしびれて痛くて、重いものを持てない
肩甲骨周りも痛い
整形外科では首が原因と言われたけど、、電気やけん引、痛み止めの薬だけで治らない
ストレートネックと言われた
夜しびれや痛みがひどくて眠れない

 

 

手・腕がしびれ、肩甲骨周りに痛みや違和感を感じている方は多いです。
しびれや痛みで仕事が集中できなかったり、荷物が持てなかったり日常生活にも支障をきたします。
また夜にしびれ・痛みが気になってなかなか眠れない方もいます。

なぜ、手や腕がしびれてしまうのか。その原因と治し方について解説していきたいと思います。
手・腕のしびれに悩まれている方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

目次
なぜ手・腕(上肢)がしびれるのか?
手・腕(上肢)がしびれる病気
どこが原因でしびれているのか簡単セルフチェック
オステオパシーで考えるしびれの治し方
まとめ

 

 

 

なぜ手・腕がしびれるのか?

しびれの原因は血行不良もしくは神経の障害によって生じます。
大事なのはなぜ、血行不良や神経障害が起きてしまうのかです。

【関連記事】手や足にしびれが出てきたら

脊椎から肋骨、鎖骨、首にかけて手・腕(上肢)へと通るたくさんの大事な神経や血管があります。
これらの血管や神経が何らかの影響で圧迫されたり、捻じれたりしてしまいます。
どんな影響を受けることで、血管や神経が障害を受けるでしょうか?
それは外傷だったり、普段の悪い姿勢の癖だったり、交通事故によるむち打ちだったり、骨の変形によるものだったりします。
骨の変形は先天性のものでない限り、長年の身体の悪い癖を放置した結果です。

 

 

背骨一つ一つが正しい配列なのか
肋骨の動きが悪くなっていないか
鎖骨は正常に動くか
肩甲骨は固まっていないか
横隔膜は制限なく働けるか

 

 

手・腕のしびれでお悩みの人の身体は最低でもこれだけのことをチェックする必要があります。
これらの骨が正常に配列されていれば、その周囲にある筋肉は正常化され、余計な筋肉の緊張はなくなります。
また神経や血管の捻じれ・圧迫も解消されていきます。

では、一般的に手・腕がしびれる病気について紹介していきます。

 

 

 

手・腕(上肢)がしびれる病気

胸郭出口症候群
腕を上げる動作(吊革につかまるとき、洗濯物を干すときなど)の時に手や腕のしびれ、肩や肩甲骨周りの痛みが出るのが特徴です。

また、腕の小指側や小指に沿ってしびれ感、びりびり感などの感覚障害と握力低下や細かい動作(巧緻動作)がしにくくなるなどの運動障害が起きる方もいます。
肩周囲の大事な動脈や静脈が圧迫されることで生じます。
また肩甲骨や胸周りの筋肉の過緊張によって神経が圧迫されることも原因だと考えられています。

整形外科としては保存療法が主体ですが、場合によっては手術もありえます。

 

頸椎ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板が加齢や過度のストレスによって飛び出すことによって生じます。
長時間のパソコン作業のように長時間の丸まった悪い姿勢や、激しいスポーツが原因でヘルニアになることもあります。
ヘルニアが出た場所によって、圧迫される神経が違うため、症状が異なります。
場合によっては脊髄自体も圧迫されることがあるため、痙性麻痺や運動・感覚障害などが生じる時もあります。
悪い姿勢での仕事やスポーツなどが誘因になることもあります。

 

ストレートネック
本来反っているはずの頸椎が、その前弯がなくなりまっすぐになってしまっている状態です。
さらにひどいと逆に反ってしまう方もいます。
肩こりや頭痛だけでなく、血行不良のために手にしびれが出る方もいます。

【関連記事】ストレートネックと診断された方へ

 

頚椎症
加齢が原因で頸椎の変形や椎間板の変性によって生じる症状の総称のことを言います。
頚椎症にはヘルニアや変形性のものなど含まれています。

頸椎の変形や椎間板の変性によって障害される部分が異なります。
頚椎症性脊髄省、頚椎症性神経根症など名前を変えます。
もしくはレントゲンやMRIで画像検査してもよく分からない上肢のしびれや痛みを訴える方に対してもよく頚椎症という診断をくだされます。
ようは首が痛いという患者さんに対して用いられる診断名の総称だと思ってください。

 

手根管症候群
手首にある手根管という神経が通る隙間があります。そこが何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫することで起こります。
首の動きとは関係なく、手のひら(親指から薬指の内側まで)がしびれたり、親指の筋力低下が起きたりします。
手首を曲げるとしびれが増強するのも特徴的です。

 

肘部管症候群
手の薬指や小指にしびれがあらわれます。肘の内側(上腕骨内上顆)で尺骨神経を圧迫してしまうことで起こります。
肘の内側に痛みが出るものとしてゴルフ肘があります。繰り返しのストレスで肘の内側が炎症してしまう病気です。
そういった繰り返しのストレスが原因で肘部管症候群も起きる可能性があります。
初期はしびれのみですが、放置して進行しているとやがて筋力低下などの運動マヒも起こります。

 

 

 

どこが原因でしびれているのか簡単セルフチェック

頚椎症や頸椎椎間板ヘルニアなど首が原因でしびれている場合は、
主に首を反らした時にしびれが出現・増強します。
これは首を反らした時に神経根を圧迫するからです。

胸郭出口症候群の場合は手を挙げたときにしびれ・痛みが出現・増強します。

手根管症候群の場合は手首を曲げたときにしびれが増強します。

 

 

これらの検査は神経に対してストレス(圧迫)を加えることで判断しています。
なので、むやみやたらと繰り返し検査してはいけません。
もし、上記の動きをしてしびれや痛みが増強するようであれば、それはその神経を圧迫しているからです。
圧迫しているということは傷つけているということです。
整形外科検査
理学療法士である私もこれらの細かい検査法を学びました。
これらの検査を行う際は非常に注意して行っています。
なぜなら、非常に身体に対して負荷が強い検査なので、ゆっくり慎重に行わないと、神経を傷つけてしまう恐れがあるからです。

簡単にセルフチェックはできますが、もししびれやいたみが増強したら繰り返しその動きはしないようにしてくださいね。

 

 

 

オステオパシーで考えるしびれの治し方

一番最初に書いた通り、しびれや痛みの原因は血行不良もしくは神経の障害によるものです。
それを引き起こしている原因を探して解消させていく必要があります。

血管や神経が圧迫・捻じれていることでしびれ・痛みなどの症状がでます。
何が原因で神経・血管が圧迫されてしまうのでしょう。

 

脊椎一つ一つの捻じれや歪み
肋骨一本一本の動きが偏ってしまっているかもしれません
鎖骨の動きが制限されているかもしれません
肩甲骨が凝り固まっているかもしれません
横隔膜が捻じれてちゃんと呼吸が深く出来なくなっているかもしれません。
これらの細かな骨が問題なく動くか、正しく配列されているかを見なければいけません。
もちろん上述したのは身体の一部であり、身体全体のバランスを見ていく必要があります。
そういった細かな身体の歪み・捻じれは整形外科での画像検査ではなかなか確認できません。
身体を細かく検査する訓練を受けているオステオパスでなければ発見できないでしょう。

オステオパスの手

まとめ

いかがでしたか?
手・腕のしびれの原因は身体の歪み・捻じれによって神経・血管が圧迫されることで起きます。
その捻じれや歪みを解消させていくことが、改善の近道です。
痛み止めの薬や神経痛の薬をいくら飲んだところで、身体が捻じれたままであれば、その症状はいくらでも再発します。
手・腕のしびれを放置しているとやがて血管や神経のダメージが蓄積されてくるので、回復も時間がかかるようになってしまいます。
少しでも違和感を感じているようであるのなら、早めにオステオパシー施術を受けられることをお勧めします。

そして注意が必要なのは繰り返ししびれが出る動きをしないことです。
人は無意識的に痛みを求める生き物です。
確認するように何度もしびれや痛みが増強する動き・姿勢はしないでくださいね。

手・腕のしびれでお悩みの方に参考になれば幸いです。

 

 

【関連記事】足にしびれが出てきたら その原因と治し方
【関連記事】手や足にしびれが出てきたら

 

 

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日