押しても伸ばしても治らない背中の痛み・コリ 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

毎日毎日背中の痛みが気になる。
仕事中に突然背中が痛くなる。
毎晩背中を揉んでもらっているけど痛みが取れない。
痛みだけでなく吐き気もしてくる。
病院に行っても原因がよく分からない。
いくらストレッチしても背中が凝り固まっている気がする

 

このような背中の痛みの問題はオステオパシー整体で改善できます。
今回はそんな背中の痛みについての原因や改善方法、さらにやってはいけないことを解説していきます。

 

 

 

目次
なんで背中が痛むの?
自律神経と関係がある背中
重篤な症状の表れかもしれない背中の痛み
背中が痛い人が絶対にやってはいけないこと
オステオパシーで考える背中の痛みへの対処法
まとめ

 

 

 

なんで背中が痛むの?

背中の痛みを感じている方は、以前から背中に張りやコリを感じていた方が多いです。
その張りやコリが気付いたら痛みを感じるようになってきていませんか?

また、急に痛みを起こす『ぎっくり背中』の様な症状もあります。

背中の筋肉は毎日姿勢の維持で使われています。
なので、身体が良い状態でないと疲労しやすく、また固くなりやすい部分でもあります。
ストレスを受けることでも緊張して固くなります。

上半身・下半身からの影響を受けやすく、症状を放っておくと、やがて吐き気なども起こしてしまいます。
なぜかというと背中には脊柱や肋骨があり、呼吸に関わっている大切な部分だからです。
さらに自律神経とも深い関係のある部分です。

 

なんで背中に痛みが出てしまうのか?
オステオパシーでは以下のようなものが背中の痛みに関係していると考えています。

<背中の痛みに関係する構造物>
・背骨、肋骨で構成されている胸郭
・頸椎の問題
・上肢の疲労
・腹部内臓(肝臓、胆のう、胃腸、腎その他)

 

・背骨、肋骨で構成されている胸郭
胸郭の図

大体肩甲骨と背骨の間に痛みやコリを感じている方が多いです。
そこは肋骨の後方になります。
肋骨のズレや捻じれによって痛み・コリが出ている可能性が高いです。

脊椎と肋骨は密接な関係があります。
脊椎の歪み・捻じれが肋骨を歪ませます。
その逆も然りです。
そして、肋骨の捻じれや歪みがある方は、その歪みがとても癖ついてしまっています。
前後に凹んだり、出っ張ってしまったり、右に左に様々な方向にズレます。
まるで洗濯板のような印象を受けますね。

スティル博士の著作でもこの部分について書かれています。

以下「The Philosophy and Mechanical Principles of Osteopathy」より抜粋
「肋骨と脊柱の間を、指で強く圧して治療し、椎骨の横を上下に手で揉んでいく。彼はあなたに、洗濯女が洗濯板でシャツを洗う時の要領で、強い圧を掛けて背中を揉ませるだろう。すると患者は回復するか、又は死ぬ。」

 

この部分は非常にデリケートな部分です。むやみやたらなマッサージでは身体を壊すだけです。
ひどい場合背中の痛みだけでなく手や腕のしびれ・痛みまで発展します。

【関連記事】手・うで(上肢)のしびれ・痛み、肩甲骨が痛い。その原因と治し方

 

 

・頸椎の問題
頸椎の問題で背中に痛みが出ることもあります。
特に頚椎症や頸椎ヘルニアは注意です。
上を向くと痛みが出たり、増強します。
さらに手がしびれたりします。

【関連記事】頚椎症と診断された方へ。その原因と治し方

 

 

・上肢の疲労
背中から上肢へとつながっている広背筋という大きな筋肉があります。
胸郭には腕や手への血管・神経の通り道となっています。
このような身体のつながりから、背中の痛みは上肢の不調を招きます。(ばね指、しびれ、テニス肘、腱鞘炎など)にもつながります。

 

・腹部内臓(肝臓、胆のう、胃腸、腎その他)
脊椎や肋骨には腹部内臓への自律神経が通っています。
背中の張りやコリは内臓の不調から、自律神経を介して背中の筋肉へと影響が出ます。
これを内臓体性反射と言います。

肺から影響を受けている場合は、背中の両側
心臓からの場合は、背中の左側や、左肩・腕
肝臓の場合は、右の肩甲骨の下辺り
腎臓だと、腰の両側辺り

など、それぞれ問題となっている器官によって影響が出る部位が異なります。
これらは筋肉が原因で表れているコリや張りではないので、マッサージしたところで改善しません。
強く押圧やマッサージしすぎると逆に自律神経を介して内臓への悪影響を及ぼしかねませんので、絶対にやらないようにしておいてくださいね。
逆に背中が苦しくなってしまいますから。

これらが原因の背中のコリや張りは、内臓などの調整により消失・軽減することが多いです。

 

 

 

 

自律神経と関係がある背中

吐き気、ストレス、背中の痛み

背中の痛みはストレスがとても影響しています。
脊椎と肋骨からは自律神経が各臓器に向かって走っています。
背中が固くなってしまっている方は自律神経が過剰に興奮してしまっています。(交感神経優位)
自律神経の過度な興奮や身体に様々な悪影響を及ぼします。
めまいや吐き気などの自律神経症状の原因ともなります。

 

 

重篤な症状の表れかもしれない背中の痛み

重篤な症状
背中の痛みの中でも臓器の癌(悪性腫瘍)や心臓の影響)(狭心症や不整脈、心筋梗塞など)によって出る背中の痛みもあります。
長年続く背中の痛みでお悩みの方で病院を受診したことのない方は、まずは一度病院の受診をお勧めしています。

 

 

 

背中が痛い人が絶対やってはいけないこと

絶対にやってはいけない
大体肩甲骨と背骨の間に痛みやコリを感じている方が多いです。
マッサージ屋さんではそこをグリグリと固いですねと力強く指圧します。

 

痛くて気持ち良く感じるけど、次第にその刺激じゃ物足りなくなってきます。
より強い圧を求めて押圧されます。

 

終わった後、あなたは本当にスッキリしていますか?
スッキリするどころか、痛みや違和感が残っていませんか?

 

 

これは背中の痛みに対しての間違った処置になります。

 

 

背中を揉んだり押したりしたところでその痛みは解消されません。
刺激を与えられれば与えられるほど、身体は防御反応を示します。
なので、どんどん背中の筋肉は固くなっていきます。
水分たっぷりな弾力性のある筋肉が、カスカスの老化したゴムのような筋肉になっていきます。

 

カスカスの老化したゴムを揉んだらどうなるでしょう?
下手したら繊維が切れますよね。
それに近いことをあなたの身体にしてしまっている可能性があります。

 

さらに前述した通り背中には自律神経が通っていて繊細な部分です。
過剰な背中の筋肉への刺激は間接的に自律神経を介して内臓に影響を与えます。
交感神経が過剰に興奮してしまうので、内臓の働きが悪くなってしまいます。
便秘や胃もたれ、めまい、吐き気、などを招きます。
酷い方だと交感神経の過剰興奮によって顔の肌荒れ・湿疹が起きてしまっている方もいました。

強い指圧だめ

悲しいことにそれでも、揉まれて押されることをやめられない方もいます。
もはや中毒です。
これも自己責任ですが、もしこの記事を読まれているのであれば、そんな状態からいち早く脱却しませんか?

 

 

 

オステオパシーで考える背中の痛みの治し方

背中の痛みの治し方

背中の痛みは心臓や肺など生命維持に必要な器官を覆う肋骨の動きが制限されてしまうことから始まります。
人が呼吸するとき、肋骨は自由に上下に動くことが理想です。
肋骨の歪みや捻じれは、呼吸量を低下させ、横隔膜の動きが悪くなります。

 

体内での酸素量が相対的に減り、
血液やリンパなどの体液循環が悪くなり、より背中の筋筋膜が固まりやすくなってしまいます。
こうして、背中のコリや張りが生まれ、痛みに発展していきます。

 

この状態を放っておくと、身体の循環が悪くなってしまうので、
背中の筋肉の老廃物が十分に流せず、酸素をたっぷり含んだ血液の供給も妨げられます。
不調・痛みを訴える症状が出る確率が高まります。

 

オステオパシーでは、その状態を食い止めて身体の循環を良くしていきます。
肋骨や脊椎の歪み・捻じれを調節して正常な呼吸が出来るようにしていきます。
それはあなたの身体にもともと備わっている力です。
脊椎・肋骨の動きの制限がなくなってくると酸素をいっぱい含んだ血液供給が可能になり、
背中の筋筋膜に栄養を与え、老廃物を流せるようにしなってきます。
自然と緊張も和らぎ、柔らかい身体になっていくことに気づかされるでしょう。

 

この関節の歪み・捻じれはオステオパシーのテクニックを用いて、優しく調整することで初めて達成されます。
痛みを起こさず、リラックスした状態で根本の原因を解放していきます。

背中へのオステオパシー施術

背中の痛みを取り除くメリット
呼吸が深くなる。
老廃物が抜けるので、張りやコリが感じづらくなってくる。
背筋が伸びてきて、良い姿勢を保てるようになる
気持ちが落ち着き、自律神経が整ってくる。
寝つきが良くなり、寝起きもすっきり起きられる。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
背中の痛みには多くの原因があります。
そして、過剰な指圧やマッサージはあなたの大切な身体を壊す恐れがあります。
いつまでも、張りやこり、背中の痛みを我慢されている方はオステオパシー整体を受けることをお勧めします。
自律神経も落ち着き、自然な柔らかい身体を手に入れることができますよ。

 

 

 

【関連記事】肋間神経痛

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、仙腸関節炎・仙腸関節機能障害、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛片頭痛緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日