逆流性食道炎の治し方 原因は横隔膜の歪みから  東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

逆流性食道炎の症状はオステオパシー整体で改善できます。

 

 

逆流性食道炎も身体の骨格の歪みや捻じれが起因してでる症状です。
病院の投薬治療では徐々に症状が抑えきれなくなってきて、薬の量が増えてしまっている、
また、薬を飲んでいても症状の改善が見られない方が多いのではないでしょうか?

 

肩こりや背中の痛み、腰痛など、身体の症状をごまかし続けることで逆流性食道炎へと発展している可能性もあります。(ほとんどの方がそうです)

 

今回は病院の処方薬よりも、オステオパシー整体の方が逆流性食道炎に効果的という話を解説していきます。
もし内科や消化器科などに受診しても薬が増えるばかりで逆流性食道炎の改善が見られない方は参考にしてください。

 

 

 

目次

逆流性食道炎ってどういう状態?
逆流性食道炎の原因
逆流性食道炎の症状
オステオパシーによる症状の改善、横隔膜を含めた筋筋膜、骨格への施術方針

 

 

 

 

逆流性食道炎ってどういう状態

逆流性食道炎は、胃から胃酸が逆流することで食道に炎症が起こる病気です。
胸やけや逆流感があり、例えばゲップをした時に、なんとなく酸味が強い匂いがしたり、それを繰り返してしまう状態です。

 

食べ物が口に入り、食道を通って胃に運ばれます。
胃に運ばれる手前に横隔膜という呼吸に関わる大切な筋肉の層を通過します。
本来この穴は食道裂孔と言って、食道が通るくらいの小さい穴です。
この穴が締め付けていて逆流を防ぐ役割があります。
しかし、この締め付けが弱まり、穴自体が広がってしまい胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

胃酸が逆流することで食道が炎症を起こし、
それを繰り返してしまうことで炎症が慢性化するとガン化してしまう可能性もあります。

 

 

 

 

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因
よく言われている原因は肉や脂の多い食事、便秘やストレス、肥満、慢性気管支炎などです。
食生活は最低限改善していく必要がありますね。

 

一般的な原因と違ってもう少し身体の仕組みから掘り下げて考えていきます。

 

逆流性食道炎は炎症を起こしている部分が原因だと考えてしまいます。
そして、医者も同じで炎症を抑えるための薬を処方します。

 

それではただの対症療法になってしまいます。
なぜ炎症を起こしてしまったのかを考えていく必要があります。
炎症が起きてしまう身体の状態とはどういうことなのでしょうか?

 

食道は横隔膜を通って胃にたどりつきます。
横隔膜は身体を横切った大きな隔膜(かくまく)です。
横隔膜の上には肺や心臓が、下には胃や肝臓をはじめ腸など多くの腹部臓器が存在します。
横隔膜は身体の上下から大きく影響を受けます。
そして骨格の歪みや捻じれがとても影響してくる部分になります。

 

もし、悪い姿勢が続くことで横隔膜がひどく捻じれてしまっていたら、
本来の呼吸に伴う正常な動きが出来なくなってしまうでしょう。
食道が通る穴にも当然のことながら悪影響を及ぼします。

 

捻じれた状態で食道から食べ物を胃に通すためには、
本来小さかった食道裂孔という穴を大きくしていくしかありません。

 

食べ物の摩擦によって大きく広がってしまうのです。

 

それは身体の防御反応です。
こうして逆流性食道炎という身体の状態が出来上がっていくのです。

 

 

 

 

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状
逆流感 胸やけ ゲップ 嘔吐  嚥下痛 呑酸 背中の痛み
肩こり 首の痛みなど

徐々に薬が効かなくなり、逆流に悩まされるケースもあります。

 

 

 

 

オステオパシーによる症状の改善、横隔膜を含めた筋筋膜、骨格への施術方針

逆流性食道炎を治していく際に重要なのが横隔膜の正常化になります。

広がってしまった横隔膜の食道の通り道となる食道裂孔が閉まり、正常に働きだすための身体づくりをしていきます。

 

どうしたら、横隔膜が正常に働きだすでしょうか?

 

横隔膜は呼吸をする上でとても重要な筋肉になります。
首や肩、背中のこりや痛みなどの筋筋膜の過緊張は呼吸機能を低下させます。

 

背骨と肋骨で囲まれている胸郭は、
肋間筋や横隔膜、斜角筋と共に呼吸を行う上での大切な役割があります。
背骨や肋骨の歪み・捻じれによって背骨や肋骨の正常な動きが妨げられると、
必然的に横隔膜の動きも制限されます。

 

胸郭周囲の筋筋膜の過緊張も生じ、胸郭全体の柔軟性が低下します。
呼吸がしにくい身体になり、血液やリンパの体液循環を阻害します。
それによってさらに組織への栄養供給が乏しくなり、より固く干からびたような身体になっていくという悪循環に陥ります。

 

固くなった胸郭は横隔膜の動きを制限し、横隔膜自体の柔軟性をなくします。
横隔膜が固くなり、力が入りずらいということは食道が通る穴もしっかりと絞められなくなります。

 

また、大切なのが横隔神経という横隔膜の動きを支配する神経が頸椎から出ています。
逆流性食道炎の方はほぼ間違いなく首の痛みや肩こり、背中の痛みなどを感じています。
それらは頸椎の歪みや捻じれによって生じている症状です。

頸椎の歪みは横隔膜の機能を低下させます。

 

オステオパシー整体では、こういった横隔膜に関わる身体全体のバランスを回復させるために行います。

背骨や肋骨を含めた関節の不正列や筋筋膜の過緊張の解消。

自然な深く息が吸える姿勢を目指し、横隔膜の機能を正常化させることで、症状が改善します。

 

横隔膜が正常に働きだすにつれて、次第に食道裂孔を絞める力が戻ります。
呼吸が楽に吸えるにつれて、胃酸の逆流などの症状が改善してくることに気づくでしょう。


写真は背骨を調整しているところです。

 

 

 

まとめ

逆流性食道炎は身体にとって危険信号です。
それは骨格の歪み・ねじれを放置した結果出ている症状だからです。
そして、大抵の場合骨格の歪みはご自身では気づけません。
「大丈夫」という自己判断で、逆流を繰り返しているといずれガン化などの様々な苦痛や不調に悩まされます。
たとえ薬で症状を抑え込んだとしても、骨格の歪み・捻じれは解消されていないことに気付いてください。
いくらでも再発する可能性があるのです。

薬に頼りたくない、しっかりと自分の身体を治していきたい。
そんなあなたにオステオパシーは力になります!
1人で悩まずまずはお気軽にご相談ください。