歩いたり曲げたりすると痛い膝の痛み 腰椎の歪みと関連 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

立ち上がる時に膝が痛い
膝が痛くてスポーツができない
膝を曲げると痛い
屈伸すると膝がパキパキなる
定期的にヒアルロン酸を注入しているけど、効果はあるの?
電気やリハビリをしているけど痛みがおさまらない
階段の上り下りが痛くてつらい
しょっちゅう水が溜まってしまう

 

 

上記のことは膝に問題を抱えている方からよく伺う言葉です。
膝が痛いと移動する際に歩くだけでも苦痛を覚えてしまいます。

 

その結果不活動になり、体重が増加し、ますます膝への負担が強くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

膝が痛くなってしまっている時は、何かが原因で膝関節の配列が乱れてしまっています。
もしくは膝関節の間にある半月板が損傷を受けている可能性もあります。

 

そんな状態を放置しておくと、いずれ変形性膝関節症に発展しかねません(特に中高年の女性は注意が必要です。)

 

そうならないためにも、膝に不安を抱えている方は早めに身体のバランスを改善していくことが必要だと考えています。

 

そんな膝の痛みの原因や改善方法について理学療法士が詳しく解説していきます。
膝の痛みでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

 

 

 

目次

なんで膝が痛くなるの?
膝痛になりやすい方の傾向
膝への負担のかかり方
グルコサミンやコンドロイチンって飲んで効果があるの?
膝への注射は効果ある?
オステオパシーで考える膝の痛みの原因と対処法~腰椎との関連~
まとめ

 

 

 

なんで膝が痛くなるの?


膝は関節面が水平になっていて、体重がとても掛かりやすい構造をしています。
そして、深い曲げ伸ばしを可能とするために、大腿骨と脛骨の間には半月と呼ばれる厚いクッションがあります。
大腿骨と脛骨をつなぐための靭帯が左右(側副靭帯)や前後(十字靭帯)にあり、
曲げ伸ばしに関わる筋肉が数多くあります。(大腿四頭筋、大腿二頭筋、半腱様筋・半膜様筋など)
その筋肉の力を効率よく伝達させるために膝蓋骨があり、滑車の役目をしています。

 

上記のことは簡単な膝関節の解剖学なのですが、
これだけでも膝が複雑な構造をしていることがお分かりになるかと思います。

 

膝に痛みが出てしまっているかたは、これらの解剖学の要素、
つまり、大腿骨と脛骨の位置異常
半月の損傷
靭帯のバランスの乱れ
筋肉の過緊張
膝蓋骨の位置異常
などが原因で生じていると考えられます。
これらの要素があると膝への血液供給も妨げられてしまいます。
その結果、半月、靭帯、筋肉などがより萎縮し、膝関節へのダメージが蓄積されます。

 

これらの位置異常を早期に脱することが膝痛改善の近道になります。

 

 

 

膝痛になりやすい方の傾向

膝痛になりやすい方には下記のような傾向があります。

中高年以上の女性
筋力が少なすぎる方
ヒールを履く方
身体のメンテナンスをしていない方
がに股もしくは内股で歩く方
X脚もしくはO脚で放置していた方
走り過ぎなどのオーバーワーク
肥満

特に中高年の女性の方で筋力が少なく肥満気味な方は変形性膝関節症の予備軍なので注意が必要です。

 

 

 

膝への負担のかかり方

膝関節には私たちが思っている以上に負荷がかかっていることをご存知でしょうか?
たとえば片足立ちをした時に立っている側の膝にどれくらいの体重がかかっているでしょうか。

 

 

実は体重の3倍もの負荷がかかっているのです!

 

 

体重が50㎏の人であれば150㎏もの負担が膝に加わっていることになります。

 

普通に片足立ちをしている時に、それくらいの負担がかかっているのですから、
走ったり、歩いたり、ジャンプをしたりした時に、
上下の動きや衝撃が加わるので、
体重の3倍を遥かに超える負荷がかかっていると言えます。

 

 

 

正常な状態である場合、膝関節はその負担に耐えるように設計されています。

しかし、膝関節のバランスが崩れていたり、
筋力がなかったり、体重が増えすぎていた場合、
膝関節を守る土台がなくなってしまい、膝を痛める原因となってしまいます。

 

 

中高年の女性に変形性膝関節症が多いのは、これらの要素を兼ね備えているからだと言えます。

 

 

 

グルコサミンやコンドロイチンって飲んで効果はあるの?


ありません。

これらのサプリメントは飲んだ際にブドウ糖やアミノ酸に分解され吸収・もしくは排泄されます。
飲んだグルコサミンが直接膝関節に作用する訳ではありません。
メーカーも、効能に関して、「腰の痛み・膝の痛み」などに「効く」とは一言も言っていません。
「個人の感想です…」と言っているだけです。
くれぐれも勘違いしないでくださいね。

 

 

膝への注射は効果ある?


ありません。

米国の整形外科学会の研究結果でも
ヒアルロン酸注射をしたところで改善された方はいないという文献も出てきています。
もはや推奨されるものではありません。

 

私自身病院に勤めていた時の経験として、
整形外科医の言われるがままに毎週のように膝に注射を打ちにきている方もいました。
ということは治っていないのです。
プラセボ効果で楽になっている気がするだけなのでしょう。

 

 

 

オステオパシーで考える膝の痛みの原因と対処法~腰椎との関連~

膝に痛みが出てしまっている場合、膝関節に関わる骨、筋筋膜、靭帯、半月などの乱れを
修正することはとても重要になってきます。

 

では、果たして膝に関わる組織の乱れを改善していけば膝の痛みは改善されるのでしょうか?

 

 

 

残念ながら、答えはNoです。

 

 

 

膝関節は下肢の中間地点にあります。

上には股関節が、
下には足関節があります。

 

股関節の上には骨盤が、
そして、その上に脊柱があり、一番下の五つは腰椎になります。

 

膝関節の捻じれや位置異常はこういった上下にある関節からとても影響を受けます。

 

股関節の可動性に制限があったり、
骨盤が傾いたり、捻じれていたり、
足関節の動きが悪くなっていたり、
腰椎に歪みが存在したら、

 

これらすべてが膝へと影響していきます。
膝だけを調整したところで、膝の痛みの根本解決にならない理由です。

 

 

 

例えば、腰椎から大腿骨に向かって大腰筋という股関節を曲げるための大きな筋肉がついています。
大腿骨は脛骨と膝関節を成していて、腰椎と膝関節は筋肉によって繋がっていることが分かります。

 

 

これらの部位の捻じれや歪み、位置異常は下肢への血液供給を妨げます。
常にこの捻じれた状態が続いてしまうと、癖になってしまい、慢性的な血流不足に陥ります。
そうなると余計に膝の状態が悪化していきます。
骨すらも変形しやすい状況になってしまいます。

 

膝が痛い方は以前から腰や背中にも張りや重さ、痛みなどを感じていませんでしたか?

 

オステオパシーでは膝に痛みを感じている方に対して、膝だけを見ることはしません。
身体全体のバランスを見て、その人にとって必要な部位に対してアプローチしていきます。

 

施術は無理やり力で関節を動かすのではなく、軽く適切な力で触れながらゆっくりと歪みや捻じれを解消させていきます。
痛くなく、安全な手法で行っていくため、老若男女問わず安心して施術を受けることができます。

※写真は膝関節を調整しているところです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
膝への日常的な負担のかかり方に関して驚かれた方は多いのではないでしょうか?
グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメント、ヒアルロン酸注射には効果がないことを改めて確認して頂けたら幸いです。
膝の痛みを取り除くためには、膝関節だけでなく、身体全体のバランスを調整していく必要があります。
それが早期回復への道になります。

 

将来膝が痛くて歩けなくなっても、人工関節にすればいいやと考えている方はそれでも構いません。
でも、そうではなくて早いうちに身体を良い状態にして膝が痛まないようにしていきたい!
ずっと膝が痛むことなく歩いたり、スポーツをし続けたい!
という方に当院は力になります。
自分一人では気づけない身体の歪みや捻じれ、身体の状態を改善して膝の痛みのない生活を目指していきましょう!