めまい、耳鳴り、頭痛、しびれ 自律神経失調症でお悩みの方へ 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

めまい、耳鳴り、頭痛、しびれ、体調不良、、、
投薬ばかりで治らない自律神経失調症でお悩みの方へ 東京都府中市

 

 

自律神経の失調症はオステオパシー整体で改善が期待できます。

 

なぜ自律神経によって起こる症状がオステオパシーで改善できるのか。
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

目次
自律神経の働き
自律神経が関連する症状
自律神経が乱れる原因
一般的な自律神経失調症に対する治療法
自律神経の乱れは身体にあらわれる
自律神経のバランスを取り戻すためには?
まとめ

 

 

 

 

自律神経の働き

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあります。
本来その2つの神経の働きのバランスが保たれていて、人間は活動しています。

自律神経は24時間365日休むことはありません。
身体のあらゆる働きを管理するとても重要な神経のシステムです。

 

 

交感神経は主に活動するために働く神経です。
交感神経が過剰に働いていると以下のような影響がでます。
イライラする
怒りっぽくなる
血圧が上がる
口数が多くなる
便秘がち
寝付けない
動悸がする
口が乾きやすくなる
呼吸が早く浅くなる
生理痛・PMS

交感神経は活発に活動するために働きます。
心臓、呼吸、体温、循環、消化、代謝、ホルモン、尿、生殖器に関わります。

 

 

一方副交感神経はリラックスしている時に優位になる神経です。
しかし、副交感神経が過剰に働きすぎた状態が続くと、それはそれで身体に弊害が出てきます。
うつ傾向
過剰な心配
無気力
皮膚疾患
鼻水、唾液の分泌量が多い
低血圧
下痢や便秘
昼間の眠気
冷え性
副鼻腔炎、慢性気管支炎、息切れ

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると上記のような様々な症状が出てしまいます。
この二つの神経は身体のあらゆる働きを調節しているからなのです。

血圧の調整
心拍数の調整
内分泌機能の調整
免疫の働き
内臓の働き
発汗能力の調整
唾液分泌の調整
呼吸機能の調整
睡眠
精神の安定性

これらの働きのバランスを崩し、不快な症状が出ている状態
これを一般的に「自律神経失調症」と言います。

 

 

朝起きられない、眠りが浅い(睡眠障害)
めまい、冷や汗が出る。
緊張するようなところではないのに脈が速くなる。
血圧が激しく上下する。
立ちくらみする。
耳鳴りがする。
吐き気、頭痛、微熱、
過呼吸、
生理不順、
つばが飲み込めない、
食べ物がのどに詰まる感じがする
といった身体症状から、

人間不信、情緒不安定、
不安感やイライラ、抑うつ気分など
(うつっぽい、パニック障害傾向)
精神的な症状が現れることも多いです。

 

 

 

 

自律神経が関連する症状


逆流性食道炎
過敏性腸症候群(IBS)
機能性胃腸症・機能性ディスペプシア
「急性・慢性副鼻腔炎」
「慢性疲労症候群」
「便秘・下痢」
「動悸、息切れ、だるさ」
「めまい・吐き気」
「昼間の眠気」
「生理痛・PMS」
「気管支炎」「喘息」

これらの病気にはすべて自律神経系が関与しています。

 

 

 

 

自律神経が乱れる原因

自律神経のバランスが崩れる原因はたくさんあります。
不規則な生活習慣、
肉体への過度な負担、
精神的心理的負担、
食生活の乱れ

などきりがありません。

 

 

自律神経が正常に働いていれば、
肉体、内臓、心理的ダメージは睡眠にて回復することが出来ます。

 

しかし、回復しきずに次の日に持ち越すことが重なれば自律神経のバランスが崩れ、
やがて自律神経失調症を起します。

 

崩してしまった体調を回復させる手法がありますが、
一般的には余り知られていません。

 

 

 

一般的な自律神経失調症に対する治療法


日本の病院が行っているのはすべて対症療法です。

症状を抑えること、取り除くことが目的とされています。

投薬も、その代表的なものです。
即効性があり、一時的に症状が緩和したり消失したりするかもしれません。

 

 

しかしながら、それは症状を抑え込んでいるにすぎないことを覚えておいてください。

 

 

自律神経のバランスが乱れてしまっている原因は何も変わっていないのです。

病院は患者を薬漬けにすることで経営しています。
今の時代、日本人は薬を飲みすぎなのです。

【関連記事】薬を飲みすぎな日本人
 

原因から目をそらして問題を先送りにすると、身体へのダメージも蓄積してしまいます。

 

オステオパシーは症状を抑えることを目的としません。
自律神経のバランスが正常に働くようになるために身体の環境を整えていきます。

 

 

 

 

自律神経の乱れは身体にあらわれる。


では、どうやって自律神経のバランスを取り戻していくのでしょう。

 

自律神経の働きを自分自身でコントロールすることは出来ません。

しかし、自律神経系の過剰な偏りによるアンバランスは
全て身体の表面にあらわれてきます。
これがとても重要な身体に備わっている機能です。

 

 

交感神経の異常が身体表面にあらわすもの
背中の筋肉の盛り上がり
対応する神経節の盛り上がり

交感神経は胸腰椎にある脊髄神経から起こります。
そのため、心臓、肺、胃や肝臓、腸などの腹部臓器の働きを調節する役割を果たしています。
これらの臓器の異常は交感神経の繊維を伝って胸腰椎の筋肉に異常をもたらしてきます。
副交感神経の異常が身体にあらわすもの

後頭部の筋肉の盛り上がり
尾骨周りの筋肉の緊張

副交感神経は頭と、仙骨(お尻)辺りから起こります。
頭の歪みや頸部の歪みは腹部臓器への副交感神経線維である迷走神経に大きな影響を与えます。

つまり、筋骨格系の歪みや要所要所の筋肉の過緊張が自律神経のバランスを崩す原因となっているのです。

 

 

 

自律神経のバランスを取り戻すためには?

自律神経系のバランスの乱れは身体にあらわれます。
骨格筋の過緊張はやがて背骨や骨盤、頭蓋骨を歪ませてきます。

 

その結果
体液循環(血液、リンパ、脳脊髄液)の減少
呼吸機能の低下
骨格の歪み捻じれが定着
神経の流れが悪くなる

 

といった悪循環に陥ります。
この身体の状態を薬でごまかしていると、あなたの身体の本来持っている治癒力は衰える一方です。

 

 

つまり、自律神経系のバランスを取り戻すためには骨格筋の歪みや筋肉の過緊張を整える必要があるのです。
このような視点でアプローチしない限り、症状が改善することはありません。

だから、多くの方が薬に頼り何年も原因不明のまま不調で悩み、症状を複雑化させているのです。

 

 

原因である骨格の歪みや筋肉の過緊張を解消させること。
これが必要不可欠になります。

 

 

骨格の歪みや筋肉の過緊張は、
マッサージや、ぐいぐい押したりして解消されることはありません。
ゆっくりと歪みや緊張が取れるまで「待つ」必要があります。

強い刺激は筋肉の緊張を増強させてしまいますから、やらないでください。

 

適切な圧で骨格や骨格筋に働きかけることで、
ゆっくりと緊張が抑えられ、歪みが解消されていきます。
まるでビデオの逆再生をスローにしたかのように。

 

自律神経失調症の方へのアプローチは
全身の骨格の歪み、過緊張をゆるめ解消させます。
それにより自律神経系の本来の働きが取り戻されます。

 

(写真は頭蓋骨の調整をしているところです。)

 

 

まとめ

いかがでしたか?
自律神経失調症は多くの原因が潜み、症状を複雑化させてしまっています。
しかし、自律神経のバランスの乱れは身体に現れます。
骨格の歪みや骨格筋の過緊張を解消させることが、自律神経のバランスを取り戻すために必要不可欠です。
投薬などの対症療法ばかりで、症状が改善しない方は
1人で悩まず相談してください。
力になります。