顎関節症   東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

顎が痛くて口が開かない
痛くて食べ物が噛めない
顎先がズレているように感じる
顎がカクカク音がする

 

 

顎は食事や歯磨き、会話をする時など日常的によく使う部分です。
なので、顎関節に痛みがあるのはとても苦痛を伴います。

 

 

顎関節症の治療はマウスピースをしたり、関節に注射をするなどの保存療法が主ですが、
実は顎関節症は整体で治療できます。

顎関節症の方は左右の顎の筋肉のバランスが崩れてしまうことで、関節円盤が摩耗して痛みが出ることが原因と言われています。

では、なぜ左右の顎の筋肉のバランスが崩れてしまうのか?
それには人体の身体の仕組みを理解する必要があります。

 

 

そんな顎関節についての詳細や
オステオパシー整体の有効性を詳しく解説していきます。

 

 

 

目次
顎関節症とは?
顎関節症の原因
顎関節症の一般的な治療法
オステオパシーで考える顎関節症の対処法

 

 

 

 

顎関節症とは


顎関節症とは「顎の関節部での痛みや腫れ、開口障害などの症状がでる疾患」の総称で、顎の運動障害があるものを指します。

代表的な症状として、

「あごが痛む(顎関節痛)」
「口が開かない(開口障害)」
「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」
の3つがあります。

 

 

原因部位から4つのタイプに分けられたりもします。
1.筋障害:咀嚼筋(側頭筋、内・外側翼突筋・咬筋)の拘縮や過緊張により左右がアンバランスになっているような状態。
2.関節包・靭帯の障害:顎関節を支える靭帯や関節包に炎症が出ているもの。
3.関節円板の障害:下顎骨と側頭骨の間にある緩衝材のような働きをする円板の位置異常や損傷。
4.顎関節の変形性関節症:顎関節自体が変形しているもの。

 

 

このように分けられていますが、筋肉だけ、靭帯だけ、関節円盤だけと言ったように単体で障害を受けていることはまずないです。
複数の組織が障害を受けて症状が出ているものと考えてください。

 

 

 

顎関節症の原因


一般的には

フランスパンなど固いものを繰り返し噛んでいる
肘をついて顔を支える
いつも片方の歯で物を噛んでいる
悪い姿勢
歯科矯正後の後遺症

 

などが原因として挙げられます。

 

 

顎関節症の一般的な治療法


顎関節症の一般的な治療法は保存療法が主体になります。

障害を受けている顎関節付近の組織に負担をかけないようにマウスピースをはめたり、
炎症がひどい場合に注射をすることが主な治療法になります。

変形がひどい場合には手術適応もあるようです。

 

ネットでは色々な顎関節症の方に対する体操やストレッチ、マッサージ等が紹介されていたりしますが、
それが今のあなたの身体や必要な部位に合っているかどうかは分かりません。
無理にストレッチをすることで炎症が悪化し、逆に痛めてしまっている方も多いということを知っておいてください。

 

 

 

オステオパシーで考える顎関節症の対処法

顎関節症は顎の左右の筋肉のバランスが崩れることがきっかけとなっています。

 

顎の筋肉は頸椎や首周りの筋肉と密接に連動しています。
頸椎の調整をしっかりするだけでも、とても効果があります。

 

また、顎がある下顎骨は頭の側頭骨と関節しています。
顎関節症の方の頭蓋骨を触れてみると、左右どちらかの側頭骨が歪んでいたり、位置の異常があることが分かります。
側頭骨の問題は頭蓋骨全体の歪みから起きています。

 

そして頭蓋骨の歪みは骨盤の歪みとも関連しています。

 

頸椎を調整するのも土台となる骨盤やその上の脊柱がしっかりとバランスが取れている状態でなければなりません。

 

 

症状がでているのが顎関節だけだとしても、身体全体のバランスを整える必要があるということを覚えて頂けると幸いです。
そして、それが顎関節症の痛みから抜け出す最善の道です。


(写真は顎関節と関わりの深い頸椎2番を調整しているところです。)

 

頭蓋骨や顎周辺の筋肉のバランスが崩れた状態で、いくら関節内に注射をしたところで何の解決にもなりません。

 

 

当院では骨盤・背骨・頭蓋骨の調整を主体にした施術で顎関節症の改善に取り組んでいます。
顎にとっても、また全身にとっても無理のない効果的な改善方法になります。

 

 

しかしながら注意が必要で、顎関節症の方の場合、1回の施術で症状が出ないようにするのは解剖学・生理学的において非常に無理があります。
これは身体の歪みというものが筋筋膜に記憶されている事や習慣などの日常的なストレス・癖がある為で、徐々に身体を変えていかないと身体に負担がかかりすぎるからです。

特に顎関節症の場合は、通常の生活の上で顎を使わないことは無理です。
一定の期間をとって複数回の施術を行い顎関節の良好な状態を保っていくことで、炎症も収まり、組織が回復し、症状の改善につながります。