ニーラジャのイタリア瞑想リトリート記①

パパジのお弟子さんであるニーラジャさんのもと、イタリアのシュリパパジセンターで8日ほど過ごしてきました。

僕にとって余りにも大きく衝撃的な経験だったため、ゆっくりと記憶を辿りつつ、今回のリトリートを振り返っていこうと思います。

続きを読む

静寂と共に

明日からニーラジャのイタリア瞑想ツアーに参加してきます。

 

 

 

ニーラジャは聖者パパジのお弟子さんです。
そのような方にお会いするのは本当に初めてなので、期待と不安が入り混じっています。
続きを読む

開院して早3年

今月で早くも府中で開院して3年を迎えました!

大して広告も出さず、こんなちっぽけな治療院がやってこれたのはひとえに私を信頼して来てくださる患者さんのお陰です。ありがとうございます。

 

続きを読む

バイオダイナミクスphase5に行ってきます!

6月28日(木)~7月1日(日)までバイオダイナミクスのセミナーに行ってきます。

 

 

早いもので、今年でバイオダイナミクスを学び始めて5年、オステオパシーは6年目になります。
僕が理学療法士の専門学校に入学したのが、24才の時だったので、人の身体のことを学び始めてから10年くらい経つということですね。
24才って今考えてみると若いですね(;^_^A

続きを読む

感情解放 頸椎2番にて

オステオパシーの理論の一つにソマトエモーショナルリリースというものがあります。
体性感情解放と言い、その時のトラウマや感情が肉体に留まり緊張や異常を生み出します。

 

 

その部位、組織をリリース(施術)することで、感情的な開放も起こります。

続きを読む

パパジ「覚醒の炎」を読んで

7月にニーラジャさんのもとイタリアでの瞑想ツアーの参加します。

 

 

その勉強(予習)のために彼女の師であるパパジの本「覚醒の炎」を読んでいます。

 

 

とても気付かされることが多い本で、今までの固まっていた概念が良い意味で崩されています。
続きを読む

治癒を邪魔する人

オステオパシーの手技は脳脊髄液の循環を促し、呼吸運動を活発にして酸素が血液に流れ込むのを助けます。
そのことが消化吸収や全身へのエネルギー分配を効率化し、消化・呼吸・循環・脳機能のバランスを回復することに役立ちます。

 

 

 

今日は治癒を邪魔する人についてです。

 

 

 

昨年の今頃に足のしびれで長年悩んでいる50代女性の方がいらしたことをふと思い出しました。
薬や注射、他の整体に行っても改善が見られないということで当院に来ました。顔は暗く、悲壮感に満ちた雰囲気でした。

続きを読む

治りますか?

オステオパシーはあなたの自然治癒力を最大限に生かした治療体系です。
その大元となるのは哲学であり、オステオパスはその哲学のもと施術を行います。

 

 

 

今回は「治りますか?」という質問についてです。
よくメールの相談で「治りますか?」という質問が来ます。
また、施術を受けに来てくれた人と一緒に付き添いで来ていただいた方も、自分はこんな症状があるのだけど治るのか?のように聞かれることもあります。

続きを読む

なぜ自己調整機能が働かなくなるのか?

オステオパシーは医学に基づく施術方法です。
いい加減なルーチンのマッサージやボキボキする整体とは違い、身体の自然に働く力を利用して優しく安全に施術をしていくので、お年寄りから乳幼児まで安心して施術を受けることが出来ます。

 

 

前回、オステオパシーの哲学の一つである自己調整機能、自然治癒力について少し書かせて頂きました。

 

 

今回は人にはもともと自然に調整して回復してくれる力があるのに、なんで病気や肩こり・腰痛をはじめ身体の不調が出てきてしまうのかについて考えていきたいと思います。

続きを読む

身体の自己調整機能

オステオパシーは魔法ではなく、しっかりと科学的に発展してきた医学に基づく治療法です。
痛みや不調を薬や注射に頼るのではなく、自分の身体をちゃんと治していきたいという人には最適な方法になります。

 

 

 

人体は独自の自己調整機能、自然治癒力を持つ。
これはオステオパシーの哲学の一つですが、オステオパスの先生はこのことをとても重要視しています。

続きを読む