2017年 6月 の投稿一覧

腰の激痛でまっすぐ立てない 神経反射のいたずら 東京都府中市

腰の激痛でまっすぐ立てず、すり足のように来院されたクライアント様から施術の感想を頂きました。

 

 

Ukansou

 

・治療を受ける前までの身体の状態はいかがでしたか?

慢性的な肩こりがあり、ときどき腰痛。今回治療を受けたのは朝、起き上がれないほどの激しい腰痛があったためです。まっすぐ立てず、すり足で少しずつ歩きながら人に支えてもらって治療に伺いました。

 

 

 

・治療を受けていかがでしたか?

痛みは少し残るものの、治療後はまっすぐ歩いて帰れました。魔法のよう!

その後1~2週間おきに通っています。治療は痛くありません。だんだん身体が生き返ってきました。

 

 

 

・当院の施術をどのような方に受けて頂きたいですか?

私のようにどうしようもなくなった方はもちろん、なんとなく不調を覚える方、いろいろあちこちマッサージをうけたりしても改善しない方。まるちゃんなら良くなるかも。私は良くなってます。

 

 

 

 

施術のご感想ありがとうございます。腰痛が改善したことはもちろん、身体が生き返ってきたように感じて頂けて何よりです。

この方の場合、そもそも身体がとても固く、その上前腹部に異常な神経の反射による緊張が生じていました。

異常な神経反射についてはこちらをご参照ください。  http://fuchu-oste.com/youtsuu.html

 

異常な神経反射が生じている場合、いくら痛い腰を揉んだりしても改善には向かいません。むしろ悪化しかねないので注意してくださいね。

初回で異常な神経反射を取り除くとまっすぐ立てるようになり、身体が回復に向かいだしました。その後の施術では固くなってしまっている身体の部位を徐々に動かせるようにしていって、再発しない身体づくりをしています。

 

 

改めて腰痛の原因は様々だと実感した症例です。

 

無事に帰国。バイオダイナミクスの理解が深まる最高の経験。

昨日、無事アメリカから帰国してきました。

 

 

東京から飛行機を2回乗り継いで約15~16時間程でボストンに。

そしてボストンからレンタカーを借りて3時間くらいの道のりでセミナー会場に辿り着きました。

 

もう時差ボケMAXな時に車を運転せねばならないので、それはもう眠気と恐怖との戦いでした。

私も5年ぶりに運転することになりましたが、アメリカは道が広く、少し都心を離れると車も少なくなるので、なんとか安心して無事に運転することが出来ました(;^_^A

 

 

そんな移動が大変な甲斐があってか、バイオベーシックのセミナーはとても有意義なものになりました。

 

患者や術者にとって「ニュートラル」とは何なのか。そして「ニュートラル」になってから初めて治療が始まるということ。

 

手を透明にすることの重要性。「トランスペアレンシー」

 

自分が探しに行ってしまう傾向があること、迷い不安になってしまう傾向があることに気付かせてもらうことが出来ました。

心を静かに「ただ待つ」ことで、こんなにも身体が広がるのかと再認識しました。

 

また「フォルクラム」の言葉の意味合いを誤解して捉えていたことも良い学びとなりました。本当に本当に奥が深い。

 

 

今回のセミナーで最も感動したのは、たくさんの講師の人たち(ドクター)がこの日のために集まってくれていること。そしてほとんどがボランティアであるということです。

オステオパシーは本を読んで知識を得たからといって出来るものではありません。その真髄は人から人へ手技による実践を踏まえて伝えられてきました。そんな伝統的なオステオパシーを伝えていきたいという志を持った講師の方たちがたくさん集まって、このコースが作られていることにとても感銘を受けました。

 

本当に暖かい講師の方々に指導を受けることができて、とても幸せな時間でした。

 

minnnade

 

エリザベス

 

 

いざ渡米!!

さて明後日8日から14日まで、いよいよアメリカのニューハンプシャー州まで行ってきます!

 

 

海外でオステオパシーセミナーを受けるのは初めてです。

バイオダイナミクスの準備クラスですが、内容がとても良く、すごく楽しみです。

 

 

 

ニューハンプシャー州まではボストンまで行ってそこからレンタカーでの移動となります。

そのために国際運転免許証なるものを取得してきました。

今回5人のメンバーと一人の通訳さんを連れての旅になります。

 

その中で運転免許証保持者は私含めて3人。交代での運転になるのかな。

 

私はゴールド免許を取得したばかりで安全運転を得意としています。

なぜなら、ここ5年くらい運転してないからです。無事故・無違反素晴らしい。

 

5年くらい前までの3年間ほどはほぼ毎日2トントラックを運転してました。

理学療法士の学生の時ですね。夜間の学校だったので、昼間はトラックで薬を病院に届ける仕事をしてました。

 

 

だから、運転は大丈夫なはず!

5年間ペーパードライバーだけど、、、

右車線で走るのは初めてだけど、、、

そもそも海外で運転するのも初めてだけど、、、

 

ただただ不安しかない(-_-;)

 

 

 

因みにこのことは一緒に行くメンバーには伝えてません。

どんな旅になることやら。無事に帰って来れることを祈ってください笑

 

 

なお、当院ご利用の方へ。8日(水)~14日(水)までの間は電話やメールの返信等が出来ませんので、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

エキスパートとは

頭蓋領域のオステオパシー基礎コース無事修了してきました!!

 

朝8時から18時まで、非常に濃密な5日間でした。

一度は日本で頭蓋領域のオステオパシーを学んでいましたが、今回アメリカでも行われているものと同等の基礎コースをドクターから教わることが出来てとても貴重な経験でした。今まで曖昧だった知識がより明確になり、触診の仕方が我流になりつつあったものをしっかりと修正して頂きました(;^_^A

 

 

 

頭蓋にはストレインパターンという歪みのパターンがあります。

今までそれは悪いものだという認識で、調整しなければいけないものだと考えていました。

しかし、頭蓋領域のオステオパシーの創始者であるサザーランドD.O.もある歪みのパターンを持っていたそうです。その歪みのパターンを無理やり矯正したところ、とても調子が悪くなってしまったという話を聞きました。

人間出生時に受ける頭部の圧縮から始まり、生きていて転んだり、高いところから落ちたり頭をぶつけたりしたことがない人はいないでしょう。誰しもが歪みのパターンを持っています。そして、普通に生きています。それが異常かと言われたら、異常ではないですよね。

 

 

それから今回ドクターからとても大切なことを教わりました。

「エキスパートとは基礎的なことがしっかりできる人のことを言うんだよ」

ドクターたちも年に最低でも一回は集まって、基礎的なところを確認し合っているそうです。

僕もしっかりとオステオパシーのエキスパートになれるよう、基礎を疎かにしないで頑張っていきたいですね。

 

 

写真はトーマス・クロウD.O.とジョン・ジョーンズD.O.です。

IMG_0686