AmazonプライムやYouTubeは呪い?

AmazonプライムやYouTubeは恐ろしいもので、

 

いくらでも時間を潰せるし、いくらでも自分が見たいものを見れます。

良くも悪くもとても便利な世の中になりましたね。

 

 

 

 

その反面、ずーっとテレビやスマートフォンを眺めているため、

肩こりや頭痛、首の痛み、息苦しさを慢性的に感じている方も大半です。

 

 

 

 

 

私はAmazonプライムは契約していないので、見れないのですが、

たまにYouTubeを見る時はあります。

 

 

 

昔はこのYouTube良く見ていました。

ゲーム実況とか食レポとか見てると次から次へと興味があるものが出てきて飽きさせません。

面白くない動画があればポンポン飛ばせるし、簡単に興味がある動画も探せます。

短時間で見れる動画が多く、よく工夫されています。

 

 

 

しかしある時気付いたのです。

いくらでも時間の浪費をしてしまうし、

自分の注意力や思考力がまるでなくなってしまうことが恐ろしく感じました。

 

 

 

それ以来YouTubeとは距離を置くようにしています。

 

 

 

 

 

 

節度ある付き合いが出来ればいいのですが、

なにせYouTubeは依存性が高いです。

 

同様にAmazonプライムも中毒性が高いですね。

 

 

クライアントさんと「あれにハマっちゃうと呪いに掛ったようなものですよ」と笑い話をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

怖いのが、私たちくらいの年代でさえ、時間を忘れていつまでも見れるような状態になってしまうことが、

 

小学生や中学生のような小さい時から、起きているということです。

 

 

注意力や思考力は乏しくなり、

姿勢はとても悪く、外でも遊ばない。

 

 

 

そんな子たちが大人になっていったら、、、

 

身体の不調で悩まされる方が多くなるのは間違いないでしょう。

骨粗鬆症の方も多くなるのではないでしょうかね。

治りづらい身体の人が増えていくのでしょう。

 

 

因みにiphoneを開発したappleのスティーブジョブスは子供にiphoneもipadも触らせなかったそうです。

開発者でありながら、その中毒性の高さの危険を認識していたのです。

 

 

 

 

私の理学療法士の友人でYouTube見るのが趣味と言っている人がいるのですが、

脱YouTubeさせて、もっと勉強するようにさせたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*