なぜ牽引で腰椎の歪みや捻じれは取れないのだろう。

今日、こちらの記事を書いていてふと思いました。

ハイヒールが原因の腰痛・足のしびれ

 

 

 

なんで、整形外科の牽引の機械だと腰椎の歪みや捻じれ・圧縮は解消されないのだろう。

これは私自身も経験しているから分かるのですが、

いくら牽引の機械で牽引されても、オステオパシーを受けたときのようなスッキリ感や痛みの取れ方はまるでなく、

ただ、筋肉が軽く伸ばされたくらいの感じしかなかったです。(個人差はあるでしょうが)

 

 

機械と人間の手では大きな差があるためなのだと考えています。

 

 

 

 

人間は機械とは違って、自由度が高く多くの可動性を持っている分、

たくさんの複雑な捻じれ・歪みを発生させ、それは筋膜や靭帯に記憶されます。

また、生体電磁場のようなエネルギーの場もあり、そこに原因があることもあります。

 

 

機械ではそんなところの問題に対して働きかけることは不可能でしょう。

複雑な捻じれ・歪みを感じ取ることもなく、ただ決められた上下の牽引を繰り返すだけ。

だから、解消されないのだと思います。

 

 

 

 

人が人を施術することはとても意味があります。

人が人を施術することはお互いのエネルギーのフィールドを拡大させることが出来ます。

さらに人の手は複雑な捻じれや歪みも感じ取って、機械よりも遥かに正確に解消させていくことができるのです。

(実際には誘導してもらっている感じです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*