2017年3月

産後の骨盤矯正の大事さ 府中 整体

産後の骨盤矯正って大事なんですけど、当院では骨盤矯正だけをしているわけではありません。

 

骨盤だけを調整して全てが改善するような魔法のようなことはないと思っています。(そしたら、そんなに苦労しません。)

 

今回、産後に偏頭痛や肩こり、特に股関節の付け根の痛みがひどくなってしまったから、施術の感想をいただきましたので、ご紹介します。

 

ayako kannsou

 

A.M様 35才

・治療を受ける前までの身体の状態はいかがでしたか?

産後身体がゆがんでしまい、常に関節(特に足の付け根)の痛みが強かった。また偏頭痛や肩こりもひどかった。起き上がるのも立ち上がるのも、どこかにつかまらないとできない状態でした。

 

・治療を受けていかがでしたか?

足の付け根・関節痛が気付いたら痛くなくなっていた。(通院して3回くらいで)

偏頭痛も治療してもらった日からなくなっていた。普段生活していて、身体が痛いということがなくなった。

 

 

A.M様 感想ありがとうございます。

A.M様のお身体を最初診させていただいたとき、骨盤はもちろんのこと多くの箇所に問題を起こしていました。具体的に言うと、左右の股関節、左の鼠経靭帯、第4,5の腰椎、右の腸腰筋、腰方形筋、第4、10胸椎などなど、、、

身体の問題が解消されていくにつれて症状もなくなってきて、日常生活が苦にならなくなってきて良かったです。ただでさえ子育てというストレスの中、身体もボロボロに疲れていたら辛いですもんね。

 

産後、身体が辛くて、マッサージや骨盤矯正を受けてみてもいまいち良くならないという方はぜひオステオパシーの治療を受けてみるといいですよ。

治そう治そうと頑張っても、、、

患者さんの症状を必死に治そう治そうと思って施術に当たっていても、なんだかいまいち結果が出ません。

ようは「鳴かせてみせようホトトギス」なんですね。ひどいと「殺してしまえホトトギス」(-_-;)

(そう考えると信長ってすさまじいなぁ)

 

 

逆にそういった思いを捨てて、患者さんの身体をただ、静かに触れて見守っている方が身体がとても良く反応してきます。

そのほうが結果も出ています。「鳴くまで待とうホトトギス」ですね。

 

 

 

「治そう!!」と治療者側が気張ったところで、それはただのエゴであって、患者さんの身体の声は聞けてないんですね。

 

昨年の7月バイオダイナミクスのPhase3に出たときに、トム先生が「セルフ エンプティ ラブ」と仰っていたことを思い出しました。

 

自分を空にして愛しなさい

 

 

 

身体の反応を手で感じ取っている時はとても気持ちいですし、患者さんだけでなく私自身も癒されます。

そんなオステオパシーの治療がとても好きなんだと、あらためて実感した今日この頃でした。

 

 

AMEkokage_TP_V