2017年8月

整形外科的手術の罠

脊柱管狭窄症や腰椎分離すべり症、腰椎ヘルニア、変形性腰椎症などの病気でお悩みで整形外科的手術を選択する方もいます。

 

どんな手術をするかというと、脊髄の圧迫を受けている骨を削ったり、もしくは固定したりして除圧し脊髄への影響を緩和させます。それによって症状を軽減・消失させることが目的です。

 

 

 

ですが、私がこれまで診てきた患者さんの中で、この固定術や除圧をされた方で予後が良いと言える方は誰一人としていません。

誰一人としてです。

術後一時的に緩和しても、その後症状が再発・悪化、もしくは永続化、さらに悪いのは別の症状が出てきてしまっている方もいます。

続きを読む

健康を保つウォーキングは1日1万歩→8000歩へ 次は?

この間、朝テレビを見ていたら、健康を保つための新常識!!1日1万歩は歩きすぎ!!みたいな内容のことが放送されていました。

 

 

最近では1日8000歩の方がいいみたいですね。理由は検索すれば色々出てくるので、ここでは載せません。

しかし、これまた何年後かにはやっぱり1万歩が良いとか、今度は6000歩で十分だなんて言い出しそうですね(;^_^A

 

 

私的には何歩だって良いと思うんですけどね。

 

 

そもそも1万歩がダメな理由として、「無理に1万歩歩こうとすることがストレスになってしまうから逆効果になる」なんてことを言ってました。

なんじゃそりゃ!!って感じでしたけど、、、

続きを読む