肩甲骨について

肩甲骨についてHPで詳しく書いてみました。

 

肩甲骨体操や肩甲骨はがしなどメディアでも出ていますが、そんな肩甲骨について説明しています。

肩周りに不調がある方にいい情報になっているかと思います。良かったらご一読ください。

これから少しずつ身体のことについて更新していきます!(^-^)

 

東京都府中市 肩甲骨について

 

仙台青葉区 おあしす整骨院の紹介

今回は当院と同じような方針・施術で患者さんに笑顔を取り戻している治療院を紹介したいと思います。

 

 

仙台市青葉区 鈴木先生のおあしす整骨院です。

仙台市青葉区 おあしす整骨院

 

 

鈴木先生はオステオパシーの学校時代からの付き合いで、お互いどうやったらもっと患者さんが回復するのだろうと考え、実践してお互い切磋琢磨してきました。オステオパシーの学校を卒業後も常に研鑽を怠らず、多くの海外ドクターのセミナーや研修に参加されています。大体、オステオパシーの学校を卒業してしまうとそれで勉強が終わりの方が多いのが現状なのですが、常に技術を磨いて患者さんにより良い結果を提供している凄腕の先生です。

 

 

当院と同じように、病院や整形外科に行っても満足のいく効果が得られない方、マッサージや電気で改善している気がしない方、常に腰痛を我慢していてヘルニアや脊柱管狭窄症になる恐れのある方、膝の痛みがひどくて変形へと進行する恐れのある方など、自分自身ではどうにもならなくて困っている方へお勧めです。

 

 

不調のループから抜け出すことができるでしょう。

 

 

 

 

 

北四番町駅より徒歩3分

仙台市青葉区 おあしす整骨院

〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-15-8-101

℡022-243-2475

 

年齢別に施術料金を変更しました。

患者さんからの要望が多かったため、年齢別に施術料金を変更しました。

 

施術料金

初診料     2,000円
大人      6,000円
中学生       5,000円
小学生       4,000円
未就学児    3,000円

 

大人は今までと変わらずですが、中学生以下の料金は上記のとおりです。因みにHP割引は中学生以下に関しては初診料をサービスさせて頂きます。

 

中学生以下のお子様がいらっしゃる方で今まで受けさせたいけど値段的な問題で躊躇していた方はぜひこの機会にどうぞ。

http://fuchu-oste.sunnyday.jp/entry4.html

 

セミナーに行ってきます!

tatsudsc_8136-thumb-autox1600-19533

 

 

明日より二日間セミナーに行ってきます。

バイオダイナミクスの復習会です。

 

日々の臨床はいつも一人でやっているため、どうしても感覚が一人よがり?になってしまいがちです。

 

最近の反省は症状を見ようとする余り、自分の意図がどんどん患者さんの中に入ってしまって、大事な情報が入ってこず、自分で自分の首を絞めてしまっている状態でした。探せば探すほど、分からなくなるみたいな感じですね。正直、苦しい状態だったのですが、定期的な勉強会のおかげでなんとか修正できて、今は楽しく日々治療できています。治療しかりなんだって余計なことをしすぎると良いことないですね(^_^;)

 

明日の復習会もどんな体験を得られるのか楽しみです。常に初心を忘れずに。オステオパシーの勉強は僕にとって人生の勉強みたいな感じです。

定休日のお知らせ

amekokage_tp_v

 

定休日のお知らせです。

 

今までセミナーや勉強会がある日以外は休みなく営業していたのですが、少し身体がキツクなってきたことと、諸事情により定休日を設けることにしました。

 

 

誠に勝手ながら来月より毎週水曜日を定休日とさせて頂きます。ご容赦ください。その他土日・祝日は今まで通り営業しておりますので。定休日以外の休みは毎月HPにて更新しますのでご予約・お問い合わせの方はご確認ください。

背が伸びた!?

saya0i9a4204072170615_tp_v

 

通われている80代のおばあちゃんが去年より2cm背が伸びたととても嬉しそうに報告をしてくれました。ご丁寧に健康診断の記録も持ってきていただいて、見てみると確かに2cm伸びてるではないですか!?

 

病院で身長を測るときに、看護師さんたちも驚いて3回くらい測り直されたそうです(笑)。何かしたのかと事情を聴かれオステオパシー施術を受けていることを話すと、

 

 

「80にもなって身長が伸びる訳ないじゃないの!」

「そりゃ、姿勢が良くなったんだわ!ビックリさせないでよ。」

 

 

と至極まっとうなツッコミを入れていたそうです。

 

こちらの患者さん、胸やけや便秘等の症状もあったのですが、今は見事に改善されています。医者の方も「腹部の圧迫がなくなって内臓の動きが良くなったからでしょう」と仰っていたみたいです。まぁ、その通りなんですけどね(^_^;)

 

こういう報告を聞くと、やっぱりオステオパシーやっていて良かったなぁと思いますね。がんばろっ!

 

 

 

 

 

 

施術の感想を頂きました。

fujii kannsou

 

施術の感想を頂きました。40代事務職男性の方です。

施術を受ける前までの身体の状態はいかがでしたか?

パソコン仕事による眼の酷使で、身体がガチガチ、眼はショボショボ、眼の疲れからくる頭痛も時々とボロボロでした。首、肩、背中、腰の痛みとは一生の付き合いかなとあきらめていました。

 

治療を受けていかがでしたか?

1~2週間に1回はマッサージを受けないと、、、と、思っていた身体が少しずつですが痛みやコリを忘れる体に変わってきました。日常生活で、教えていただいたストレッチや呼吸法を実践すると、さらに効果が上がる気がします。

 

どのような方に施術を受けて頂きたいですか?

他の治療であきらめている方、揉み返し等、痛みが苦手な方、だまされたと思って何度か受けてみて下さい。

 

以上です。ありがとうございます。

週に1回以上マッサージを受けている方って、刺激に鈍感になって身体が固まってしまっている方が多いのです。それは筋肉的にも神経的にも緊張しちゃうんでしょうね。この方の場合も最初はとても身体が固まってしまっていて、どうしようかと思っていたのですが、施術を重ねるにつれて徐々に身体が緩んできてくれました。症状も軽減してきているようで良かったです(^_^)

息、してますか?②

ELL85_miorosumanou20140408_TP_V

 

しっかり深く息を吸ってますか?

 

呼吸の大切さについて少しずつ説明していきます。今回は呼吸と自律神経の関わりについてです。

前回書いたように浅く不規則な呼吸の方はお腹も固くなり、胸郭や横隔膜の動きが悪くなっています。その時に自律神経は交感神経が優位になってしまっています。身体が常に臨戦態勢に入っている状態ですね。血管は細くなり、内臓の動きも制限されて、いつでも戦えるような感じです。

 

本人にそんな意識はなくても、仕事でのストレスや周りの環境のストレス、また自分の精神状態でも人は簡単に臨戦状態になってしまいます。もし、その状態が長く続いてしまったら、、、。

 

少し想像してみても身体に良くないと感じるのではないでしょうか?

 

自律神経は残念ながら自分自身でコントロール出来るものではありません。(1日に何時間も瞑想に費やしたり、ヨガの達人だったら別ですが)しかし、我々でも意識的に自律神経に対してアプローチすることが出来ます。それが呼吸です。

 

たとえ交感神経優位で臨戦状態に入っていたとしても、呼吸は意識して変えらます。それが呼吸の素晴らしいところです。もし、あなたが今浅く不規則な呼吸をしていて気持ちも逆立っているようであれば、意識して深呼吸してみてください。交感神経と副交感神経のバランスが取れてきて、気持ちと身体が落ち着くことが感じ取れるのではないでしょうか。

 

 

息、してますか?

kazu88_sakanakun_TP_V

 

 

肩周りがゴリゴリ、お腹もカチカチに固まってしまっているあなたへ。

 

ちゃんと、息、してますか?

 

呼吸は大事ですよ。深呼吸、深呼吸。

 

 

 

腰痛、肩こり、だるさ、しびれ、など身体に症状が出ている人の大半が呼吸が浅くなっています。お腹も固くなっています。最近そういう新患さんが多いので、呼吸の重要性について何回かに分けて書きたいと思います。

 

まずは試しに深く長い呼吸をしてみてください。

 

空気をいっぱい取り入れようとすると、自然と身体が伸びてきて背筋が良くなるのが分かると思います。逆に丸まったり、曲がった姿勢だと空気が入りずらいのも気づけるのではないでしょうか。背筋が伸びた姿勢の方が、胸郭が持ち上がりやすく横隔膜も働きやすくなります。呼吸は身体の体液循環にとても関わっています。

 

「人は呼吸した通りの人になる」

これはフルフォード博士の言葉です。確かに浅く不規則な呼吸をしている人は落ち着きがなく、イライラしていたり、常に何かに追われているような印象があります。逆に呼吸が深い人は穏やかで優しい印象です。

浅く不規則な呼吸の方でも施術をしている内に自然と深い呼吸に切り替わって、身体の状態も落ち着いていくのを観察しているのがとても楽しい今日この頃です。

 

整形外科的手術は本当に、本当に最後の手段③

AMEameagari_TP_V

 

さて、では「整形外科的手術を勧められた人はどうしたらいいのか?」についてです。  先天的な病気(例えば側弯症や骨の代謝の病気など)や大きな怪我(事故による骨折など)がないことが前提での意見です。

 

後天的な要因で脊柱管狭窄症や、ヘルニア、分離症などを生じてしまい、手術を勧められている人に対してです。

 

①まず、自分の身体に対して反省することです。そんな身体の状態になってしまった原因の多くはあなた自身の日常生活における不良姿勢の積み重ねにあります。そういう風に大切な身体をずっと使ってしまっていたということに気付き、自分の身体を見つめることが第一歩になります。

 

②医師の見解も様々です。前回の投稿のように安易に手術を促す医師もいれば、良心的な医師も少なくありません。なので、セカンドオピニオンは当たり前と思って下さい。最低でもサードオピニオンくらいは聞いた方がいいでしょう。あなたの大切な身体なのですから。もしそれで、医師間で意見の違いが出たらあなたはどう考えますか?

 

③代替医療の可能性。もしあなたが自分の身体の力を信じて治していきたいと思うのであれば、私たちオステオパスを頼ってください。手を用いて身体を良い状態に調整することで全身の体液循環が良くなれば自然と身体が回復してきます。そのための私たちです。

 

残念ながら、もちろん全ての人が良くなるなんて言えません。重症化しているのであれば、それだけ回復にも時間がかかります。僕自身の技量もまだまだ勉強中の身です。でも、そんな中でも今まで関わってきた患者さんの中には目を見張るほどの回復をされた方がいるのも事実です。まずは自分の身体の力を信じることから始めませんか?手術はその後からでも遅くはありません。