坐骨神経痛 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

府中市で坐骨神経痛にお悩みの方は多いようです。

当院に来られた方で坐骨神経痛が改善された方は以下のような訴えをしていました。

「足が痛くてびっこを引くように歩いている」
「長時間座っていると足がしびれてくる」
「歩いていると脛の外側が痛くなったりしびれてくる」
「足も痛いけどお尻も痛い」
「病院に行ってレントゲンを撮っても異常はないと言われた」
「薬や注射をされるけど、痛みが全く取れない」
「もともと腰痛もあった」

坐骨神経痛を感じている方はもともと腰痛があった方が大半ではないでしょうか?

坐骨神経痛は薬や注射をいくらしたところで治りません。
薬や注射は対症療法であって、根本的な治療ではなく身体の状態は何も変わっていません。
坐骨神経痛は、歪み捻じれてしまっている身体の状態を少しずつ変えていけば間違いなく改善していきます。
まるちゃん治療院のオステオパシー整体ではそんな坐骨神経痛の方に多くの結果を出しています。
坐骨神経痛を薬や注射に頼らず治していきたい!と思っている方は参考にしてください。

 

 

 

目次
坐骨神経痛とは
坐骨神経痛は薬や注射では治りません
坐骨神経痛は単純に坐骨神経だけの問題ではない
オステオパシーで考える坐骨神経痛の治し方
まとめ

 

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛
坐骨神経痛とは、坐骨神経が周りの筋肉などに圧迫されて下肢の痛みやしびれといった症状が起こることを言います。
坐骨神経は骨盤の仙骨の横から出て足にまで至る長くて太い神経です。
お尻あたりの坐骨神経の周りには股関節を動かすための筋肉がたくさん付いていて、身体の構造上坐骨神経を圧迫しやすい環境になっています。
その構造は大切な坐骨神経を守るためでもあるのです。

 

骨盤の捻じれや歪み、身体全体の歪みの影響を受けて坐骨神経周囲の筋肉や血管の環境が悪化してきます。
その結果、坐骨神経が圧迫され痛みやしびれといった形で症状が現れてきます。

早い段階であれば、坐骨神経痛の症状の回復は早いです。
しかし、長期間その状態を放置しておいてしまうと、神経自体の損傷が進んでしまい、回復まで時間がかかってしまいます。
何事もそうですが、長く放置されているものを改善するにはそれ相応の期間が必要になります。

 

 

 

 

坐骨神経痛は薬や注射では治りません。

薬

よく坐骨神経痛によく効く薬のテレビコマーシャルがやっていたりします。
しかし、本当に薬を飲んで坐骨神経痛がなくなるのでしょうか?

 

 

私は薬や注射で坐骨神経痛が改善されたという方に出会ったことはありません。

 

 

薬や注射は身体の感覚をマヒさせているだけです。
坐骨神経痛を起こしてしまっている身体の状態は変わっていません。

 

身体の捻じれや歪みが解消されていなければ、その症状がなくなることはありえません。
一時的に感覚をマヒさせて緩和したとしても、すぐに繰り返します。
薬を飲み続けていると感覚が鈍くなり、自分の身体の状態への意識も薄まってしまいます。

 

坐骨神経痛が坐骨神経の絞扼や圧迫によって起きているのであれば、
その絞扼や圧迫している状態を改善しないまま、薬や注射で感覚をマヒさせて痛みを感じさせていないということになります。
その状態が長期間続くとどうなるでしょうか?
圧迫され続けている神経はよりダメージを受けます。
緊張している筋肉は正常な柔軟性を失い繊維化していきます。
周囲の血管は慢性的な筋肉の短縮により圧迫を受け続け血管本来の柔軟性は失っていき硬くなっていきます。
薬や注射を多用してきた人が治りづらいのは、このような背景があるからなのです。

 

 

 

 

坐骨神経は単純に坐骨神経だけの問題ではない

坐骨神経痛と聞くと、単純に坐骨神経だけが悪いと考えてしまいがちです。
しかし、実際はそんなに単純ではありません。

解剖学的な構造を考えてみます。
坐骨神経は仙骨の横から走行しています。
当然骨盤の歪みや捻じれの影響を受けることがお分かりになるでしょう。
骨盤はその上に乗っている腰椎や、下につながる股関節ととても関係しています。
そして腰椎はさらにその上にのっている胸椎・頸椎・頭蓋骨、
股関節は下に膝や足関節などがつながっていて、そのどれもが互いに影響し合って構成されています。

例えば、腰椎や骨盤の捻じれが原因で骨盤も捻じれ梨状筋が過緊張を起こし坐骨神経を圧迫している時に、
この坐骨神経に対していくら薬や注射をしたところで改善しないというのは理解できるかと思います。

身体全体で起きている個々の骨の位置が正常に配列されているかを検査して、捻じれや歪みを解消していくことが坐骨神経痛の改善の近道になります。
いたずらにマッサージやストレッチをしたところで、これらの問題は解消しません。

 

 

オステオパシーで考える坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛は坐骨神経だけの問題ではありません。
坐骨神経を圧迫してしまう、あなたの身体全体の捻じれや歪みなどの癖を丁寧に取り除いていく必要があります。
まるちゃん治療院のオステオパシー整体では特に腰椎骨盤の捻じれ歪みが正常になるように調整していきます。
股関節の柔軟性も坐骨神経痛の方にとってはとても重要な要素になります。


(写真は腰椎の捻じれを解消しているところです。)

筋肉の過緊張が治まり、腰椎骨盤をはじめ、骨格の位置が正常化してくると自然と身体は回復していきます。
坐骨神経痛の改善は難しくありません。
しかし、放置しておけばおくほど回復まで時間がかかることは覚えておいてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか。
坐骨神経痛を治していくためには、身体全体の状態を見て、少しずつ歪みや捻じれを解消していく必要があることをお分かり頂けたでしょうか。

オステオパシー施術をすることで、身体の癖が少しずつ解消され回復し始めます。
身についてしまった歪みや捻じれを一緒に取り除いていきましょう!

 

また、現在身体に良いと思って行っているストレッチや運動が、あなたの「今の身体」に合っているとは限りません。
下手に情報を鵜呑みにしてエクササイズをやってしまうと、最悪、痛みが悪化し長引いてしまいます。
あなたの身体に合った最適な施術をし、坐骨神経痛から早期改善できるようにアドバイスをしていきます。