頚椎症 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

首が痛くて、いつからか手や腕にしびれや痛みが出てきた。
整形外科に行くと頚椎症と診断された。
でも、治療は牽引や電気、痛み止めの薬ばかりで治らない。

そんな頚椎症でお悩みの方へ、頚椎症の原因やオステオパシーで考える治し方をお伝えしていきます。

手や腕にしびれ・痛みが出る病気はたくさんあります。
【関連記事】手・腕のしびれ その原因と治し方
今回は頚椎症について解説していきます。

 

 

 

目次
頚椎症とは?
頚椎症の原因
一般的な頚椎症の治療
頚椎症に手術は必要か?
本当にそれは頚椎症?
頚椎症の人が絶対にやってはいけないこと
オステオパシーで考える頚椎症の治し方
まとめ

 

 

頚椎症とは?

頚椎症とは、首の骨の変形や加齢による変性によって神経や脊髄を圧迫してしまう病気のことを言います。
圧迫される部位によって名前が変わり、頚椎症性神経根症と頚椎症性脊髄症と大きく二つに分けられます。

首の骨は全部で7個あります。
その間にはそれぞれクッションの役割を担っている「椎間板」があります。
椎間板は頸椎だけでなく胸椎・腰椎と人の背骨の間に一つ一つ存在しています。
椎間板が加齢による変性や、繰り返しの強い負荷を受け続けることによって痛み、弾力性を失っていきます。
その結果、首の骨が正常な動きができなくなっていきます。
首の骨に異常なストレスがかかることで、骨の変形や骨棘(こつきょく)が形成されていきます。
変形や骨棘の影響によって神経や脊髄を圧迫してしまうことで頚椎症になります。

なぜ骨棘ができてしまうのでしょうか?明確なメカニズムは解明されていません。
一般的に考えられているのは、過剰な負担がかかり続けることで、身体が防御するためにその部位を変形・肥厚させるなどして、負担に耐えようとするためだと言われています。

ただ、私が病院で働いていた時の印象としては首に痛みが出ている方全般に関してこの「頚椎症」という診断名が下されていました。
「頚椎症」と診断された方は過去に「変形性頚椎症」や「変形性腰椎症」、「胸郭出口症候群」と言うような診断名も下されている方もいました。
「頚椎症」と診断された方でもレントゲンで首の骨には異常がなかった方もいました。

 

 

 

頚椎症の原因

頚椎症は先天的な病気ではありません。
日々の繰り返しの首へのストレスによって生じます。
また交通事故や転倒などの不意の外傷によっても引き起こされます。
椎間板はどんな方でも年を重ねるごとに自然と劣化していきます。
その劣化を加速させないようにしていくことが大切です。

椎間板の劣化を加速させてしまう行為
繰り返しの激しいストレス(前後運動を伴う激しいスポーツ、バスケットボール、バドミントン、水泳など)
長期間の悪い姿勢などによるストレス(パソコン作業、一日中丸まって座っている、横座りなど)
肥満
喫煙(身体の循環が悪くなるため)
運動不足

こういった悪い習慣があると、頚椎症に限らず身体の不調をきたします。
症状が出てしまっているということは身体の状態は既に悪くなっているということです。

では、スポーツやパソコン作業をしてはいけないかというとそういうことではありません。
長期的にスポーツを続けられている方は、意識的にでも、無意識的にでもしっかりと身体のケアをしていることを覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

一般的な頚椎症の治療

【保存療法】
主に保存療法がメインになります。
整形外科に行くと痛み止めの薬、頸椎の牽引、干渉波などの電気を当てることが一般的です。
しかし、牽引や電気を当てたところで根治にはなりません。

【薬物療法】
炎症を抑える消炎鎮痛剤(NSAIDs)、神経痛やしびれを改善するビタミンB12製剤、神経障害性疼痛を緩和するプレガバリン、リリカなどを用います。

【装具療法】
首にマフラーのように装着する頚椎カラーという装具で、頸椎の動きを固定します。
主に頚椎症の方は首を後ろに倒すと痛みやしびれが助長されます。
首を固定することで頸椎の動きを抑制し、神経への刺激を抑えます。

【手術】
重度の頚椎症性の場合、医者から手術を勧められることがあります。
手術の目的は神経を圧迫している因子(骨棘や骨の変形)を取り除くことや頸椎の異常な動きを止めることです。

そのため、骨を削ることや、もしくはボルトなどで骨を固定することをします。

 

 

頚椎症に手術は必要か?

私は常々手術は本当に最後の手段だと考えています。
なぜなら、同じように神経症状を訴えている方で手術をされた方で予後が良い方にお会いしたことがないからです。
みなさんなにかしらの後遺症を抱えます。
軽いものならまだいいのですが、痛みやしびれが取れず別の部分まで痛みが出だしたという方もいます。

なぜ、そうなってしまうのか?
答えは簡単で、医者は手術をするときに、その部分しか見ていないからです。
部分しか見ておらず全体のつながりを見ていません。

例えば、分かりやすく下に模式図を示してみました。

この図は悪い姿勢を続けた結果、背骨が不自然に湾曲してしまっている様子を示しています。
症状がでている方は大なり小なり背骨が歪んでいます。そういった状態で、仮に赤い〇が付いている部分を固定手術するとします。
多くの場合この湾曲が残ったまま固定されます。

仮に〇が付いている部分だけまっすぐに固定されたとして、その上の全体はどうなるでしょうか?
それは誰にも予測できません。
必ず言えることは、残念ながら身体のバランスは崩れてしまうということです。
固定された部分は動かせません。だから、全体のバランスを整えるのも困難になってきます。
そうやって後遺症に悩む人がたくさんいることを手術を考えている方は覚えておいていただけると幸いです。
手術をする前に出来ることはたくさんあるはずです。
手術は本当に最後の手段です。

 

 

 

 

本当にそれは頚椎症?

頚椎症と診断されても、割と早く回復される方もいます。
それはいわゆる医師の誤診の可能性もあります。
前述したように以前私がいた病院でも頚椎症というのは首に痛みがある人に対してよく使われる診断名でした。
頚椎症という言葉はそういった便利な使い方をされてしまう診断名だということも覚えておいてください。

 

 

頚椎症の人が絶対にやってはいけないこと

次に頚椎症の人が絶対にやってはいけないことを3つお伝えします。

1.痛みを確認するために何度も首を後ろ倒す
整形外科の検査方法で首を反らせた状態で圧迫をかけるテストがあります。
これは神経根を圧迫することで症状が出るかどうかを見るために行うテストです。
ようは神経に負担をかけているということです。
頚椎症の方は首を動かすことで痛みやしびれが増強する場合が多いです。
主に後ろに倒した場合に痛み・しびれが増強しますが、人によっては左右や前に倒したときも増強するかもしれません。
痛みやしびれが増強するのは神経や何か首周りの組織を圧迫・傷つけているサインです。
繰り返しその動きをしてしまうと、余計に傷つけてしまいますので絶対にやらないでくださいね。

 

2.自分で首をボキボキ鳴らす
ボキボキ鳴らし続けると次第に首の関節が緩くなります。
オステオパシーのテクニックでもスラスト法というのがあります。(カイロで言うならアジャスト)
これは関節の可動域をいっぱいまで動かして、そこから少し勢いよく動かすことで可動域を広げるために行うテクニックです。
その時にポキッという音が鳴るときがあります。
これは本当に固くなってしまった関節に対して行います。
なので、このテクニックが必要な方はごく少数になります。
正常な可動域なのに、自分で勢いよくボキボキならしているとどうなるのか?
可動域が広がり続け、関節を支えている靭帯を傷つけていきます。
靭帯の安定が得られなくなり、骨を十分に支えられなくなってきます。
骨の変形にもつながる行為なので、頚椎症に限らず、今気持ちいいからと鳴らすことが癖になってしまっている人は絶対にやめましょう。
自分で鳴らすのはもちろんですが、安易に整体に行って首をボキボキするようなところに行ってしまったら最悪ですからね。

 

3.痛みやしびれが悪化してしまうスポーツは治るまで避けること
1で述べたように痛みやしびれが増強する動きというのは神経や組織を傷つけてしまいます。
自転車、バドミントン、バスケットボール、バレーボールなどの顔を上げるようなスポーツ
水泳のように首をよく捻る必要があるスポーツ
ゴルフのように俯いていることが多く回旋運動の強いスポーツ

治るまでは極力やらないほうが賢明です。
やっても構いませんが、もはや自己責任ですし回復が遅くなることも覚えておいてください。

 

 

オステオパシーで考える頚椎症の治し方

オステオパシーは身体全体をみます。
頚椎症でも首だけを調整するわけではありません。
頸椎は背骨の一連のつながりの中にあります。
その背骨は骨盤の上に乗っています。
骨盤は下肢によって支えられています。
それらのつながりを無視して首だけ施術しても回復しません。

頚椎症の方は首だけでなく背骨、肋骨、骨盤、股関節、膝、足をはじめ身体のあらゆるところに捻じれや歪みが生じています。
そういった身体に蓄積したゆがみや捻じれを解消していくことで少しずつ身体が回復していきます。
骨の変形や骨棘が出来ていても、歪みや捻じれが解消して身体がスムーズに動くようになってくると、次第に神経を圧迫する症状も減少していきます。
血流やリンパの流れが改善し、筋膜の機能が回復してくる必要があります。

地道に身体の状態を良くしていくことが頚椎症改善の近道です。

当院では頚椎症の方に無理に歪みや捻じれを矯正することはしません。
それこそボキっと鳴らすような無理なテクニックは行いません。
軽く触れゆっくりと身体の歪みが取れてくるのを待ちます。
安心・安全で尚且つ効果の高い施術です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
頚椎症は経年変化による部分もありますが、多くは普段の悪い習慣から生じています。
身体に蓄積している悪い癖を解消させていくことが自然で安全な回復の道のりです。
牽引や電気、薬では身体の悪い癖は取り除けません。
早めに悪い癖を取り除ければいいのですが、蓄積している時間が長ければ長いほど、正常化されるまで時間がかかります。
楽して改善する病気ではないですからね。普段からの心掛けがとても大切になります。

 

 

【関連記事】手や足にしびれが出てきたら
【関連記事】手・腕のしびれ、肩甲骨が痛い時に
 

 

 

 

適応症状 疾患(府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
腰痛椎間板ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛、変形性腰椎症、骨盤矯正、自律神経失調症、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)、顔面神経麻痺、機能性胃腸症、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、足底筋膜炎・足底腱膜炎、むち打ち、ストレートネック、首痛、頚椎症、肩の痛み、四十肩・五十肩、腕の痛み、腕のしびれ、足のしびれ、背中の痛み、肋間神経痛、メニエール、生理痛、不妊、便秘、下痢、胸やけ、胃もたれ、耳鳴り、めまい、足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

 

整体施術地域 (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
東京都府中市/東京都調布市/東京都国分寺市/東京都三鷹市/東京都狛江市/東京都日野市/東京都国立市/東京都新宿区/東京都世田谷区/東京都八王子市/東京都多摩市/

 

様々な職業の方に受診して頂いております (府中市の整体 府中オステオパシー まるちゃん治療院)
整形外科医、内科医、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、針灸師、セラピスト、エステティシャン、OL、会社員、販売員、保育士、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、バレリーナ、税理士

 

住所:東京都府中市府中町2-3-11 K.Tマンション404
電話:042-302-5447
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
最終受付20:30
定休日:毎週水曜日