産後の骨盤矯正 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 骨盤矯正

今回は産後の骨盤矯正について解説していきたいと思います。

 

 

骨盤矯正については下記に詳しく書いてありますので、ご興味がある方はぜひお読みください。
【関連記事】骨盤矯正ってなに?理学療法士が伝える骨盤の重要性

 

 

上記の記事にある通り、骨盤矯正という言葉は造語にすぎません。
産後の骨盤矯正が言われるようになってから時間がたちますが、本当に産後に骨盤矯正が必要なのでしょうか?
受けたほうがいいのかどうか悩んでいる方も多いと思います。

 

 

安心してください。
実は産後に特別に骨盤矯正を受けなくても身体は自然に整っていきます。

 

しかし、中には産後腰痛が悪化したり、膝が痛くなったり、頭痛が頻繁にするようになったりしてしまう方もいます。
その違いは何からくるのでしょう?

 

 

どういった方が産後の骨盤矯正を受けたほうがいいのか、
産後に受ける身体のダメージや産後の身体に必要な処置について分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

 

 

目次
産後の開いた骨盤は開きっぱなし?
産後に体調が悪化する方(頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など)の特徴
間違った産後の骨盤矯正
オステオパシーによる産後のケア
いつから骨盤矯正を受けたほうがいいの?
良い出産は産前のケアから
まとめ

 

 

 

 

産後の骨盤は開きっぱなし?


出産時、胎児が出るために骨盤の下側の恥骨結合が開きます。(開くと言ってもごくわずかです)
それに伴って坐骨も広がり、仙骨も押し下げられます。

しかし、この状態になるのは出産時だけで、すぐに閉じます。
長期間開いたままになると思ってらっしゃる方も多いですが、すぐに戻るので安心してくださいね。

ただ、一度骨盤が開くと関節をつないでいる靭帯などの結合組織が伸びてゆるくなってしまいます。
なので、産後は結合組織がゆるくなった骨盤の関節を安定させるために、褥産期といって1か月程度身体を休ませる期間が必要になるのです。
この期間に悪い姿勢(横座りや猫背、足を組む)をしてしまうと骨盤に悪影響が出てしまうので注意してくださいね。

 

 

 

産後に体調が悪化する方(頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など)の特徴

・もともと産前からその症状に悩まされていた方

産後に腰痛や頭痛、肩こり、膝痛などが悪化する人は、
産前からもそういった症状に悩まされている方が大半です。

もともと姿勢が悪かったり、骨盤や背骨など身体に捻じれや歪みがあるなどバランスが悪かった状態なのです。
なので、産後の身体の変化によって捻じれや歪みが助長されてしまい症状が悪化してしまうのです。

 

 

・褥産期に悪い姿勢を取ってしまっている方
褥産期は結合組織がゆるんだ骨盤の関節を安定さえるためにも大切な期間です。
この期間に悪い姿勢(横座りや猫背、足を組む)をしてしまうと、骨盤内の靭帯のバランスが崩れてしまいます。

 

 

・難産だった場合の方
以前、当院に来られた方で、陣痛で一晩中苦しんだ挙句、最終的には帝王切開によって出産された方がいました。
その方は産後、股関節の付け根の痛みがひどく捕まらないと立ち上がれないほどでした。また、頭痛の頻度も多くなり悩まれていました。
身体には多くの捻じれや歪み、ショック(衝撃)を受けている部分がありましたが幸いにも、
1回目の施術で頭痛はなくなり、3回目の施術で股関節の付け根の痛みがほぼなくなりました。
現在は母子共に元気に過ごされています。

出産の高齢化が進んでいます。若い方に比べて難産な方が多く、母体にも胎児にもリスクがかかります。

 

 

 

間違った産後の骨盤矯正


他院で骨盤矯正を受けたけど症状が改善されなくて当院に来たという方も多くいます。
その方の骨盤を見てみるとガタガタに歪んでいた、なんてことは本当によくあることです。

また、一見骨盤が整っているように見えても、身体の他の部分にひどい歪みや捻じれがあったりもします。

【関連記事】骨盤矯正ってなに?理学療法士が伝える骨盤の重要性

こちらの記事を読んで頂くと分かると思いますが、骨盤矯正は造語であり無資格者でも整体と名乗って施術を提供することができます。
チェーン店などで行われていることが正にこれです。
僅かな研修期間で現場に立たされてルーチンとしての骨盤矯正を行う。
そんなもので本当に骨盤の状態は改善されるのか甚だ疑問です。

それから骨盤ベルトも要注意です。
身体が捻じれ・歪んでいる状態でベルトをつけていても何の意味もありません。
歪んだまま固定されるだけなので、症状は治まらないでしょう。

 

 

 

オステオパシーによる産後のケア

産後は骨盤の状態はさることながら、身体全体の状態を細かくチェックしていきます。

・尿漏れや腰痛がひどい人は恥骨結合のズレが関係
恥骨結合は左右の骨盤を前方でつないでいます。
力学的に左右からの力がかかる部分です。
出産時にはこの恥骨結合がわずかに開きます。
そのため、産後はこの恥骨結合のズレがとても生じやすいです。
普段から腰痛などあって、骨盤が歪んでいる方は尚更ですので注意が必要です。
恥骨のズレは膀胱の機能にも関わります。
今までの経験上、産後の尿漏れや残尿感、夜尿症に悩まれている方は必ずと言っていいほど恥骨のズレがありました。

 

 

・仙骨の歪み・捻じれは寝ている時のお尻の痛みを起こします。
寝ている時にお尻に痛みを感じる方は仙骨の歪み・捻じれが関与しています。
出産時には骨盤の後ろ側の仙骨もかなりの圧を受けます。
仙腸関節の変位はもちろん、仙骨自体にもショック(衝撃)が生じます。
それらを改善することで、お尻の痛みは改善していきます。

 

 

・膝に痛みが出てくる方は腰椎の歪み・捻じれが関係しています。
産後、膝の痛みが悪化したり、痛みが出始めてきたという方は腰の骨(腰椎)に捻じれが出ています。
腰椎の捻じれは骨盤にも影響を及ぼし股関節、膝へと悪影響を与えます。

 

 

オステオパシー整体では身体のどこに捻じれや歪みなどの機能障害があるのかを手で検査して探していきます。
(正確に言うと身体に教えて頂いている)
施術は無理やり外力を用いて動かすのではなく、ゆっくりと捻じれた組織が巻き戻ってくるように調整していきます。
痛くなく、優しい方法で調整していきますので、ご安心ください。


写真は右の仙腸関節を調整しています。

 

 

 

いつから骨盤矯正を受けたほうがいいの?


産後のオステオパシー整体は褥産期(産後1か月)を過ぎてから可能になります。

ただ、最初に書いたとおり、産後に何もしなくても自然と身体は整っていきます。
症状がひどくない限り、無理して受ける必要はありません。

しかし、上記したように恥骨のズレや仙骨や腰椎の歪み・捻じれがひどい場合は、
放っておいても症状が改善していきません。
また、産後半年以上たっても症状が改善せず悩まれている方も身体の調整が必要になってきます。

そんな方はぜひ当院のオステオパシー整体をご利用ください。

 

 

 

良い出産は産前の身体のケアから


もともと身体に歪みや捻じれがある方が産後の身体の調子を崩しやすいです。
出産も同様で、身体のバランスが整っていたほうが健康的に出産に望めます。

良い出産は産前のケアからをお勧めしています。
(※妊娠初期は流産の可能性もあるので、施術をすることはできません。妊娠3か月を過ぎてから施術が可能になります。)

 

1~12週
妊娠初期にリラキシンというホルモンにより体全体の靭帯や軟部組織が緩くなりやすいです。
そのため、身体が歪み・捻じれやすくなるので不調が起こりやすいです。
子宮が膨らみお腹が出てしまうため、姿勢も崩れやすく腰に負担がかかります。

 

<12~28週>
妊婦さんの身体の状態は、さらに子宮が成長し、脂肪が増えます。それに伴い重心の位置の移動が出て、後頭部に強い緊張が出やすいです。そのため、自律神経症状が出やすくなります。
消化不良
胸やけ
便秘

手足のシビレ
足のむくみ
坐骨神経痛
などが出やすくなります。
後頭部の緊張を解消することで、自律神経症状を軽減することが可能です。
便秘や胸やけ、消化不良などは身体に毒素をため込んでしまいます。
母子ともにいい体内環境ではありません。

健康的な出産に備えて、体内環境を整え、ストレスの少ない出産を備えましょう。
そのほうが、産後も身体が楽に保てますよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
産後の骨盤矯正は必ずしも受ける必要はありません。なぜなら、身体が自然に治してくれるからです。
しかし、もともと身体の状態が悪かったり、難産などの影響で身体へのダメージが強い方は、
骨盤矯正というより当院のオステオパシーを受けられたほうが早期に身体が回復へと向かいます。
また、産後6か月以上たっても不調が改善されない方にもお勧めしています。