胸郭出口症候群 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

初めは首が痛いだけだったけど、徐々に手もしびれてきた
首を傾けると痛いし、しびれが増す
これって本当に胸郭出口症候群なの?
首が痛くて重く、吐き気もしてくる
手に力が入りずらい
鎮痛剤や神経の痛み止め(リリカなど)を飲んでいるけど、痛みは引かない

 

 

こちらの記事をお読みの方はこのような症状でお悩みではないでしょうか?

 

 

まず初めに、安心してください。
胸郭出口症候群の症状はオステオパシーで改善できます。

 

ただ、筋力低下や感覚麻痺を起こしている方、
リリカなどの神経の鎮痛剤を飲まれている方は回復まで時間がかかることを覚えておいてください。

 

 

 

 

目次

胸郭出口症候群とは
胸郭出口症候群の原因
簡単な胸郭出口症候群の検査方法
薬は症状をごまかしているだけ
オステオパシーで考える胸郭出口症候群の改善方法
まとめ

 

 

 

胸郭出口症候群とは


胸郭出口症候群とは解剖学的に腕への神経や血管が圧迫されて出てしまう症状の総称です。

腕への神経は第一肋骨と鎖骨の間、斜角筋の間、小胸筋の背後などを通り、
筋肉や肩周りの骨の位置異常によって圧迫を受けてしまいます。

またこれらの部位は鎖骨下動脈という腕への動脈が通っており、
血管が圧迫されることによる動脈閉塞なども引き起こされることがあります。

女性の方に発症することが多く、手が冷たく感じる方も血流の悪さという点で胸郭出口症候群に含まれるかもしれません。

 

胸郭出口症候群の原因

原因は胸郭周りの骨の位置異常
つまり、肩甲骨、肋骨、鎖骨、胸骨、頸椎、胸椎などが含まれます。

それに伴い筋筋膜の過緊張によるアンバランスによって生じていると考えられます。

先天的な骨の奇形等を除いて、骨の位置以上(歪み・捻じれ)や筋筋膜のアンバランスは、

日常の悪い生活習慣から生じています。

 

なかには腫瘍やもともとの骨の変形による場合もあるので、その場合には手術適応となります。

 

 

 

簡単な胸郭出口症候群の検査方法

自分が胸郭出口症候群かどうか簡単に調べる方法がありますので、参考にしてください。

Wright検査:肩関節90° 外転・外旋位にて橈骨動脈の拍動を見ます。拍動が減弱、もしくは消失した場合に胸郭出口症候群の可能性が高いです。

Adoson検査:肩甲骨を外転・伸展・外旋させ、さらに深呼吸をして検査側に頭部を回旋させます。症状の増悪を感じたら陽性です。
Halstead検査:Adoson検査と同様の肢位にて頭部を反対側へ回旋させます。
Roos検査:両肩関節90°外転、肘関節90°屈曲して離握手を3分間行います。

 

上記の検査方法は整形外科検査で正式に行われているものです。
しかし、Roos検査などは肩を上げた状態で手を開いて握ってを3分行う検査のため、胸郭出口症候群でない方でも非常に疲れます。
また、少し取るべき姿勢や腕や首の角度など難しい部分でもありますので、やはり専門家に検査をお願いした方が早いでしょう。

 

最近の整形外科医は触って検査するという方も少ないので、
余り、こういった検査をする機会は少ないかもしれません。

 

ただ、この間献血に行った際にRoos試験に近いことをさせられました。
Roos試験のように理握手を行わなくても、手を挙げた状態で1~2分くらいは平気で保てていないと、
それは上肢への血流不足が示唆されるということで、献血をした際に危険性があるという判断なのでしょう。

 

なので、上記のような試験でなくても簡単に手を肩から上にあげた状態でしびれや手の疲れを感じるようでしたら、
胸郭出口症候群の可能性もあるということですので、ご参考にしてください。

 

 

薬は症状をごまかしているだけ


鎮痛剤や神経への薬は症状をごまかしているだけです。
その症状が出てしまっている身体の原因は何も変わっていません。

 

肩甲骨や肋骨の位置異常があり、その影響で斜角筋が過緊張してしまっているとします。
そんな身体の状態の人が手がしびれるからと言って、神経への鎮痛剤を飲むとします。

 

一時的に症状は緩和されるかもしれません。

 

しかし、身体の状態は変わっていません。
いくらでも症状を繰り返します。

 

 

薬を用いることで、身体の感覚がマヒされます。

 

特にリリカなどの薬を常用している方は神経が正常に働かなくなってしまっていますので、
施術をする際にも身体の正常な反応を引き出しずらくなっています。

 

 

薬に頼って、身体の状態を変えずにいつまでも症状に悩み続けるのもあなた次第。

身体の状態を改善しようと一歩踏み出すのも、あなた次第です。

 

 

 

オステオパシーで考える胸郭出口症候群の改善方法

オステオパシーは身体全体のバランスを見ます。
胸郭出口症候群だからといって、首周りの筋肉だけにアプローチすることはありません。

 

腕への神経や血管を圧迫してしまう原因を探して施術します。

 

それは肋骨の歪みや捻じれかもしれません。
脊椎の歪みかもしれません。
肩甲骨の位置以上の可能性もあります。
第一肋骨が不必要に上がってしまっているかもしれません。

 

特に肋骨が重要
肋骨の捻じれや歪みに対して適切に対応できる整体院は少ないです。
肩甲骨と背骨の間にある部分は特にコリや痛みを感じやすい部分です。

 

多くのマッサージ屋さんはそこを筋肉が固いと勘違いして、強く押圧します。
しかし、それは筋肉ではありません。

 

肋骨です。

 

 

強く押圧されすぎて、肋骨骨折をしていたという方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

また、背骨と肋骨の間からは自律神経が出ているので、肋骨を強く押圧してしまうと、
自律神経系にもダメージを与えてしまいます。

【関連記事】押しても伸ばしても取れない背中の痛み・コリ

 

 

当院では肋骨に対して適切な施術を出来る数少ない治療院です。

無理やりグリグリ押したりすることはしません。

肋骨の歪みや捻じれが一番緩む部分に身体を動かします。
「脳の反射」を利用して、脳が肋骨の正しい位置を思い出し解放するまで待ちます。

これをすることで何度も同じように繰り返していた肋骨の歪み・捻じれが改善されていきます。
次第に血流量も回復し、症状の改善へと向かいます。


写真は上に上がりすぎてしまった第一肋骨を調整しているところです。(右側)

 

 

まとめ

いかがでしたか?
胸郭出口症候群の症状でお悩みの方に少しでも希望を持っていただけたら幸いです。
肋骨を適切に施術できる整体院は本当に少ないです。
整形外科や病院にはそんなことをしてくれる人はいません。
薬漬けか電気か牽引かです。それがこの国の標準医療です。

そうではなくて、自分の身体の状態をしっかりと改善して胸郭出口症候群を治していきたい!という方に当院は力になります。
あなた一人では気づけない身体の歪みや捻じれ、一緒に探して改善していきませんか?
胸郭出口症候群の症状でお悩みの方はまずはお気軽にご相談くださいませ。