左右どちらかが痛い腰痛  東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

腰痛にも色々な痛みの感じ方・種類があります。

真ん中辺りが重く痛い方もいれば、左右のどちらかに強く痛みを感じる方もいます。

前後左右いずれかの方向に身体を倒した時に、左右どちらかの痛みが強まることもあります。

このような情報はあなたの身体の状態を知るうえでとても大切になってきます。

 

 

なぜ左右どちらかが痛い腰痛が生じるのでしょうか?

その原因の多くは身体のアンバランスにあります。

 

足部、膝、股関節、骨盤、脊柱、胸郭、頭、上肢
腰痛には腰である腰椎仙骨部だけでなく身体を構成している全ての要素が関わっています。

 

 

問題は腰だけにあるのではありません。

 

 

例えば、仮に身体を左前に倒したときに右側の腰に痛みが出やすいとします。
その場合、腰の骨はどのような歪み方をしているでしょう。

 

大体の場合、後ろに反って右に傾いているような歪み方をします。

 

後ろに反って右に傾いているような歪み方と逆の方向に動かすときに、
痛みを感じる傾向が強いです。

 

 

これは非常に単純な例になりますが、脊椎は前後・左右・回旋というように複雑に動く性質があります。
とても自由度が高い反面どの方向にも癖がつきやすいです。普段から注意を払う必要があります。

 

 

私自身の体験として、腰が痛く、特に左腰にとても詰まったような重い痛みを感じている時がありました。
その時になぜか分からないけれども、右の足裏(土踏まず辺り)がびっこを引かないと歩けないくらいとても痛くなったことがありました。

当時はその原因がなぜかは分かりませんでした。
でも、今なら分かります。

 

 

 

もし仮に、何の身体の歪みもアンバランスもない人がいたとしたら、

 

その人は何の腰痛も感じることはないでしょう。

 

しかし、もともと人間は左右対称にできている訳ではありません。
なので、全くアンバランスのない人間もいません。
非対称な人間の身体の構造の中でいかに良いバランスを保っていけるかが腰痛にならない、もしくは腰痛を改善する秘訣になります。

 

 

 

 

例えば、左足をいつも上に組んで座る癖がある人がいるとします。


いつも左足が上になるので、左の寛骨(骨盤)が持ち上がって後ろに倒れたような状態になります。
体重が乗っているお尻の重心は右に偏ります。
腰の骨は丸まりながら左に傾きます。

 

 

このような状態が続くと身体の中でどのようなことが起こるでしょうか。

 

 

腰椎自体に丸まって左に傾く癖がついてしまいます。

 

その結果、体幹の左側の筋肉、例えば腰方形筋や腸腰筋などが短くなり緊張してきます。

脳や神経もその状態が正常だと思い込んでしまいます。

血液・リンパ液などの体液循環も滞ります。

そうすると周囲の筋肉や筋膜・神経・血管への栄養供給が滞り、組織自体が固く干からびていきます。

 

 

 

腰が丸まって左に傾いた状態の癖がついてしまっていると、
お腹の前側にある腰から股関節に伸びている腸腰筋が固くなり、
その腸腰筋の影響で股関節・膝関節まで影響を及ぼしてきます。

 

 

腸腰筋の上の方は横隔膜と連動しているため、横隔膜の捻じれを生み出します。
呼吸の効率が落ち、次第に呼吸が浅くなり血液・リンパ液のうっ滞につながります。

 

 

この筋の連動は腸腰筋だけではありません。
多くの多様な筋肉のつながりが関与しています。

 

 

つまり、こういった身体の歪みや捻じれの癖は腰痛だけでなく、他の部位の症状にも影響してしまうのです。
これが私が腰痛だけでなく足の裏にまで痛みが出てきてしまった理由になります。

 

 

 

この腰の捻じれの癖を解消するためにあなたが出来ることは、逆の動きを入れてあげることです。

 

例えば右足を組んで座っていると腰の骨は丸まりながら左に傾く癖がつきます。
その逆は反らして右に傾けることです。
立ちながら腰を反らして右に傾けてあげるということがこの例での逆動作になります。

 

 

1説によると大体15~20分くらいで、こういった身体の歪みの癖というのは生まれるみたいです。

 

なので、例えばデスクワークで座って丸まっている姿勢をしている方は、
可能であれば15~20分に1回は立って歩いたりするなどの時間を取り入れたほうが良いということです。

 

 

 

では、ここで考えて頂きたいのが、なぜ悪い姿勢をとってしまうかということです。


上の例では「常に左足を組む」という行為です。
他にも立っている時に常に同じ側に体重をかけてしまっていたりするかもしれません。

 

足を組んでしまうのはなぜでしょう?
そのほうが楽だからでしょうか。もしくは落ち着くからか。
ほとんど明確な理由なんてないかもしれませんね。

 

実は人間は癖があるほうに行きたがります。
なぜなら、その方が楽だし落ち着くからです。
そして、ほとんど無意識的にその姿勢をとってしまっていることが大半です。

 

 

初めて当院にいらした方で、施術後にこのような形の癖や捻じれがあったことを伝えますが、
なぜその捻じれや歪みが出来てしまったのか、気付かない方が多いです。

 

それは、普段から無意識にやってしまっている姿勢だから気づけないのです。

 

 

無意識でやっていることを意識的に変えていく必要があります。


それはとてもエネルギーが必要です。難しく、一人だと気付くまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 

しかし、身体のバランスを整えていくと、普段気づかずに行っていた悪い姿勢をすると違和感を感じるようになります。
もしくはその姿勢をすると腰痛がぶり返すかもしれません。

 

身体のバランスを良くしていくことは普段から無意識的にしている悪い習慣を改善する手助けとなります。