骨盤痛と機能障害 東京都府中

投稿日: カテゴリー: 症状

府中市内にも骨盤の痛みでお悩みの方が多いようです。骨盤痛と言っても、骨盤のどこが痛むかによって原因は変わってきます。
当院に来られる患者さんでも痛む部位や痛み方は人それぞれで本当に多種多様です。
そこが骨盤痛のややこしいところでもあり、改善しにくい理由でもあります。

 

 

特に多い訴えが、
「生理の時に腰が痛い」「常にお尻周りが痛くて座るのが辛い(尾骨痛)」「お腹と背中の両方が痛くなる」
「股関節の前側が痛い」「下腹部が痛くなる時がある」「痔があるが手術をしたくない」
などです。

 

 

 

骨盤痛の問題は、重度な病気の可能性があるので病院での診察は必要になります。
しかし、診察を受けてもただ薬を処方されるだけで症状が改善されない方が多いことも事実です。
そんな方に対してまるちゃん治療院のオステオパシー整体は多くの結果を出しています。

 

 

痛む部位によって原因が異なる骨盤痛

 

腰痛
まずは腰痛ですが、これは骨盤だけの問題ではありません。
詳しくは下記リンクを参照してください。

腰痛の原因と治し方

 

お尻の痛み(仙骨下部の痛み)
骨盤の前側の筋肉(腸骨筋)に問題があることが多いです。
また、子宮の位置関係の異常によって生じることもあります。
子宮内膜症の方でも生理時にこの辺りに痛みが出る方は多いです。

 

 

尾骨痛
仙尾関節という、仙骨と尾骨の関節に捻じれや歪みがあることで痛みが出ていることが多いです。
仙骨や尾骨は骨盤底の多くの筋肉や靭帯が付着しているので、そこに歪みや捻じれがあると骨盤をはじめ、
身体全体に影響してきます。骨盤隔膜の働きが悪くなるため、痔や排便痛、性交時痛、月経痛など多くの問題につながります。
特に座ると痛みが出るという方は注意が必要です。

 

 

下腹部(恥骨周囲)の痛み
膀胱、子宮、膣などの問題が示唆されます。
子宮頸炎、子宮内膜症・内膜炎などの可能性があります。

 

 

鼠径部の痛み
股関節周囲の筋肉、靭帯が問題になることが多いです。
また、膀胱からの影響も受けます。

 

 

骨盤痛を解消するために必要なこと

骨盤痛と言ってもどこが痛むかによって原因が異なります。
腹部臓器からの影響も大きく受ける部分です。
内臓の問題は自律神経によって関係する脊椎に影響していきます。
その逆もまた然りで、背骨の歪みや捻じれが腹部臓器(胃腸、肝臓、胆のう、腎臓、脾臓、卵巣、子宮、膀胱)に影響を及ぼします。
それらを精査してどこに問題があるのかをしっかりと判断しながら施術していく必要があります。

 

 

まるちゃん治療院では、まずは腰椎骨盤、そして骨盤内臓器に関係してくる胸椎、股関節の筋肉の調整、骨格の捻じれや歪みの調整をしていきます。
悪い姿勢や浅くなってしまっている呼吸を正していきます。
そうすることで骨盤内の環境を良くし十分に血液循環ができるようにしていきます。

良い姿勢、深い呼吸パターンが出来てくると自律神経のバランスが整ってきます。
今まで交感神経優位だった腸や子宮、卵巣、膀胱などの腹部臓器にも良い影響を与えはじめます。

 

このような身体の状態にしていくことが回復への始まりです。
骨盤内の血液循環が良好になると異常な炎症なども治まり始めます。
子宮内膜炎、過敏性腸症候群、痔、痔ろうの方などにとても効果が出ていて助けになっています。

 

 

 

以上がまるちゃん治療院のオステオパシー的な考えと結果を出している要素になります。
骨盤痛の症状を改善していくには、多くの要素が必要です。

 

人によって問題がある部分は異なるので、『これをすれば治る』といった都合のいいものなんてありません。
どこに問題があるのか身体全体を見て、丁寧に一つずつ問題を解消させていくことが症状の改善への近道です。
身体にとって良い状態を積み上げていけば元の健康な状態に戻っていきます。

 

改善に必要な時間は、急性であれば改善まで時間はかかりません。慢性であればあるほど時間はかかります。

 

薬は症状を改善するのではなく、症状と共に歩むことを選んでいます。
症状をしっかりと改善していきたい方はお気軽にご相談ください。