アキレス腱炎 東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎の痛みを改善する治療

 

 

アキレス腱はスポーツをする人にとってとても重要な部分です。
またスポーツに限らずヒールを履く人、革靴を履く方、普段歩くことが多い方にも必要な部位です。

 

アキレス腱は腓腹筋とその深部にあるヒラメ筋が合わさってふくらはぎになります。
その腓腹筋とヒラメ筋の延長線上にあって踵の骨とつながっている太くて頑丈な腱になります。

 

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎はそんな頑丈な腱に炎症が起きて痛みが出ます。
炎症が起きると運動中以外でも安静時にも痛むようになります。

 

サポーターやテーピングがアキレス腱炎の治療になると言われていますが、実際に解消されるのかと言うとそうでもありません。
どんどんアキレス腱の太さやしこりが大きくなってしまうでしょう。

 

また筋肉の延長線上にある腱なので不用意なマッサージやストレッチは逆効果になります。
足に痛みが出るので、日常生活でもかなり不具合が出てしまいます。

 

 

 

しかし、そんなアキレス腱炎でもオステオパシー整体によって効率的に治すことができます。
東京都府中市のまるちゃん治療院でのアキレス腱炎の施術の特徴と効果をお伝えします。

 

 

 

 

目次
アキレス腱炎の痛みの症状
アキレス腱炎になる原因
アキレス腱炎とストレッチ
アキレス腱炎と注射
(重要)アキレス腱炎はアキレス腱だけが問題なのではない
まるちゃん治療院のアキレス腱炎に対するオステオパシー整体
日常に潜んでいるアキレス腱炎を繰り返す要因

 

 

 

 

アキレス腱炎の痛みの症状

アキレス腱痛い
アキレス腱炎の方は以下のような症状にお悩みではないでしょうか?

 

アキレス腱が痛くて触りたくないし触られたくない
病院もしくは整形外科でアキレス腱炎と言われた
ストレッチをしていても痛いし、マッサージも効かない
鍼を打っても、痛み止めの薬を飲んでも痛みが引かない
朝起きたときにアキレス腱周囲が痛くて足を付けない
少し動くと楽になってくるが、休むとまた痛みがぶり返してくる
2週間近く運動を休んで安静にしているが、一向に改善しない
踵も痛くなってきた

 

 

病院や整形外科だとアキレス腱炎、アキレス腱周囲炎と違う診断名を言ったりしますが、どちらも基本的に同じ病態を示しています。

 

 

 

アキレス腱炎になる原因


アキレス腱炎はアキレス腱周囲の組織が繰り返す負荷や疲労によって細かい部分断裂や損傷が生じて炎症を起こします。

 

アキレス腱の筋繊維が固くなり、その結果踵も引っ張られることで徐々に角度が変わってきます。
その部分の血液循環が妨げられ、水分が失われアキレス腱自体の柔軟性も低下します。

 

柔軟性が低下し踵の角度が変わった状態だと通常歩行でさえもアキレス腱の負荷は高まります。
通常歩行も正常な踵の着き方ではないため、ほんの少しずつですが切れ目が入ったり(部分断裂)、負担が積み重なってきます。

 

柔軟性が低下し、血液循環が妨げられた状態が長く続くと腱自体が変性(繊維化)してきます。
アキレス腱断裂などのリスクも高まります。

 

 

 

アキレス腱にダメージを与えてしまう要因として

 

スポーツでのオーバーユース(使い過ぎ)
偏平足によるアキレス腱への負荷増大
不適切なトレーニング
中年以上のマラソンランナー

 

などがよく言われています。
特にスポーツでのオーバーユースがよく言われますが、では、安静にして2~3週間していれば治るかといったらそうでもありません。
またスポーツをしたら再発してしまうという方がほとんどです。

 

慢性的な状態にしないことがとても大切になってきます。

 

 

 

アキレス腱のストレッチについて

アキレス腱ストレッチ
アキレス腱炎は繰り返されるアキレス腱への負荷によって引き起こされます。
アキレス腱は普段から荷重によって伸ばされている状態です。
アキレス腱炎の方はこのアキレス腱に微細な損傷が繰り返されることで炎症が起きます。

 

 

つまり、アキレス腱の強度自体が脆くなっているということを憶えておいてください。

 

 

では、アキレス腱炎に対してアキレス腱のストレッチの有効性はあるのでしょうか?

 

 

微細な損傷が繰り返されて炎症しているものをさらに引き伸ばすと言うのは危険な行為だと思いませんか?
アキレス腱炎でお悩みのあなたはストレッチによって痛みが改善しない事を実感しているのではないでしょうか?

 

 

 

アキレス腱と注射


アキレス腱炎の方には炎症を抑えるためにステロイドなど注射する処置もあります。
しかし、これは絶対におすすめしません。

 

アキレス腱炎は度重なる負荷によって腱が微細な損傷を起こして炎症していきます。

 

腱という組織自体が損傷しているのに、さらにそこに注射針を打つということは、腱をさらに損傷させることと同じです。
何度も注射をしていると腱の損傷が増し、最悪アキレス腱断裂を招きかねません。

 

仮に炎症が治まったとしても、腱自体の強度は弱くなり、痛めやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

(重要)アキレス腱炎はアキレス腱だけが問題なのではない

では、どうやったらアキレス腱炎の完治になるのでしょうか?

 

 

 

少し視点を変えてみてください。

 

 

問題なのは炎症が起きてしまっているアキレス腱だけにあるのではありません。

 

 

 

アキレス腱に過度な負担がかかってしまう身体の状態にあります。
アキレス腱炎の方で両足とも痛みが出てしまっているという方は稀でしょう。左右どちらか一方に痛みが出ているという方が大半です。
同じように使っているのになぜ片方だけに痛みが出るのでしょうか?

 

片方だけに負荷がかかりやすい身体の状態、つまり身体の左右バランスの悪さによって起きてしまっていると考えたほうが合理的でしょう。

 

 

アキレス腱は腓腹筋とヒラメ筋が合わさって踵へと繋がっています。
腓腹筋は膝の上の部分(腿の裏側)にまで繋がっています。腓腹筋は腿の裏側のハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)と繋がっていて、そのハムストリングスは骨盤の坐骨結節と繋がっています。
つまり、踵の骨は膝、股関節、骨盤と密接な関りがあるということです。

 

そして、骨盤はその上の腰椎や胸椎、胸郭、首、頭と繋がりがあります。踵の骨の位置異常が起きている場合、それら上の部分全てに捻じれや歪みが起きています。

 

膝、骨盤、腰椎はじめ身体の状態全てが積み重なってアキレス腱に負荷がかかりやすい状況ができているのです。

 

 

 

少し専門的な話になりますが、さらに足の部分を細かく見ていきます。

 

踵骨の内、外側の圧痛は腓腹筋の過緊張と関係しています。
距骨前面内側は足関節伸筋群と関係しています。
踵の圧痛はふくらはぎ(腓腹筋)筋筋膜の過緊張を表します。

 

距骨(足の付け根に近い骨)前面内側に圧痛がある場合は足関節の伸筋群の過緊張を表していて、アキレス腱をさらに引き延ばしている原因になっていることがあります。

 

 

 

アキレス腱炎と言っても、踵の周囲だけで見るべきポイントはたくさんあります。
しっかりとした詳細なアキレス腱炎の知識、身体全体の知識が改善には必要不可欠になります。

 

 

 

 

まるちゃん治療院のアキレス腱炎に対するオステオパシー整体


(写真は膝の捻じれに対する治療です)

アキレス腱炎を改善するために必要な要素を紹介しました。
まるちゃん治療院ではまず身体全体の状態を見ます。

 

 

 

骨盤、股関節、膝、腰椎をはじめとしてアキレス腱に負担をかけてしまっている捻じれ・歪みを解消させ、アキレス腱自体の柔軟性を取り戻していきます。

 

 

アキレス腱にかかる過度な緊張や全身の筋膜バランスが整うと、アキレス腱周囲への血液循環も良好になってきます。
炎症が治まりやすくなり、微細な損傷を繰り返していた腱の組織自体も回復に向かいだします。

 

 

施術は、関節を力で無理やり捻じるのではなく、最も緩む位置で保持することにより硬くなった関節や筋肉が緩み始めます。

最も緩む位置(バランス点)は、筋肉が緩むだけでなく、脳に反射を起こし(フィードバック)自律神経や体液循環が良くなり柔らかい体になります

この方法はとても優しく効果的で、患者さんに負担が無いのも特徴です。
他の療法と違い施術後2~3日間は身体が変わり続けます。施術後は飲酒を控えることと、3日間ほどストレッチを含む過度の運動は避けるようにしてください。

 

 

 

 

アキレス腱の痛みが酷く踵骨自体が変形し、変位を残してしまっている方は、アキレス腱の炎症が治まり、痛みがなくなっても、悪い癖が残り、痛みが再発しやすいです。
これを防ぐために、日常の歩行動作の始動、リハビリ、またスポーツをされている方にはステップワークの指導も行っています。

 

 

身体の悪い癖を整え、正しい歩行を身に着けることで再発に怯えずに済むようになります。
それでも不安な方は、施術の後、炎症が治まり、痛みがなくなってからサポーターやテーピングで補強すると良いでしょう。

 

 

アキレス腱の柔軟性がしっかり出て、動いていても触っていても痛くなく、良好な姿勢がとれた状態になれば完治となります。
注射やマッサージ、ストレッチではなく、正しい治療を行っていればアキレス腱炎の回復は難しくありません。

 

 

 

日常に潜むアキレス腱炎の再発要因

アキレス腱炎は日常の習慣からも起こります。

 

例えば、
姿勢の悪い歩き方
サイズの違う靴
過去の捻挫やケガの影響
ぶかぶかのスリッパをよく履いている
丸まって足を組みながら座っている

 

 

などなど

特にサイズの違う靴や足を組んで足関節まで歪ませてしまっている習慣がある方は下半身の痛みを頻繁に繰り返す可能性が高いです。
ぜひ完全に良くなる状態まで加療し、その後の生活で痛みに悩まされないようにしていきましょう。