慢性疲労症候群 (CFS)  東京都府中市

投稿日: カテゴリー: 症状

いくら寝ても疲れが取れない。起き上がれない。

 

 

慢性疲労症候群

 

 

もし医療機関での改善がみられないならご相談ください。

 

 

 

慢性疲労症候群は年齢のせいではありません。そして詐病でもありません。
問題は慢性疲労症候群になってしまう身体の状態にあります。

 

 

 

まるちゃん治療院では疲労を起こす問題は、

「脳内の血液循環の障害による脳の炎症」

 

「呼吸機能の低下による低酸素状態」

 

「それらに伴う自律神経系・免疫系・内分泌系の異常」と考えており、

 

まるちゃん治療院で用いている徒手療法(オステオパシー)で「脳内血流の正常化」「呼吸機能の最大化」「自律神経の正常化」を図る事が慢性疲労症候群を改善する最善の手段だと考えています。

 

 

 

 

目次
慢性疲労症候群(CFS)とは
慢性疲労症候群(CFS)の症状
なぜ慢性疲労症候群になるのか?(原因)
(重要)脳内の炎症や自律神経系のバランスが乱れてしまう身体の状態にこそ原因がある。
まるちゃん治療院でのオステオパシー整体による慢性疲労症候群の改善ポイント
ストレス発散はご自身でも

 

 

 

 

慢性疲労症候群(CFS)とは

慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)とは、これまで健康に日常生活を送っていた人がある時から急に原因不明の激しい全身倦怠感・疲労感に襲われ、それ以降強い疲労感以外にも、微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感や、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続くことがあります。そのため、健全な社会生活が送れなくなってしまいます。

 

 

 

慢性疲労症候群(CFS)の症状


慢性疲労症候群になると以下のような症状の訴えが多いです。

 

極度の疲労感、全身倦怠感
肩こりや頭痛
微熱が続く
良く分からないけど筋肉痛がある
うつ状態
のどの異物感
寝つきが悪い、眠れない
脳機能障害
精神障害

 

 

 

なぜ慢性疲労症候群になるのか?(原因)

慢性疲労症候群と病気で一括りにされるようになりましたが、こういった全身の疲労感、倦怠感は決して詐病ではないということが重要になります。

 

現在解明されていることは慢性疲労症候群には脳機能以上が深く関わっているということです。

 

重症な方では脳の中の中脳や視床という大事な部分に炎症が存在することが分かっています。

 

こういった脳の炎症はCTやMRIなどの画像検査では検出されません。(特殊な検査法によって検出されています)
なので、一般的な病院や整形外科に行っても原因は判明しないでしょう。

 

 

また、脳の炎症だけではなく自律神経系のバランスの乱れ、免疫機能の低下、内分泌系の異常、睡眠リズムの異常など数多くの異常が出ていることが分かっています。

 

 

 

 

(重要)脳内の炎症や自律神経系のバランスが乱れてしまう身体の状態にこそ原因がある。

なぜ、脳に炎症が起きたり、また自律神経系をはじめとした身体の各機能の異常が起きてしまうのでしょうか。
脳の炎症や各機能の異常が起きてしまったことは原因ではなく結果です。

 

 

重要なのは、なぜその状態になってしまったかという身体の状態にあります。

 

 

 

脳の炎症は脳内の血液循環不全によって生じます。

 

脳内の血液循環が悪くなると新鮮な血液や酸素の供給と古くなった老廃物の排泄の障害が起きてきます。
これは脳梗塞や脳出血のように大きなものではなく、微々たるものが蓄積して生じます。その結果うまく代謝が出来ずに残った不純物(老廃物)の蓄積によって炎症が起きてきてしまいます。

 

 

このような脳内の血液循環不全は脳を包む脳硬膜の歪み・捻じれによって生じます。

 

脳の成分はほとんど水と脂質のプルプルしたスライム状のものなので、それを包む膜の影響をとても受けます。

 

 

 

脳を包む脳硬膜は頭蓋骨や顔の表情筋などに繋がっています。
つまり、頭蓋骨の歪みも脳の血液循環不全に影響してきます。

 

 

さらに脳硬膜は脊髄を介して仙骨まで繋がっています。
こういった硬膜のつながりによって頭蓋骨は骨盤と連動し、骨盤の歪み・捻じれは頭蓋骨に影響を及ぼします。
骨盤の状態も脳の血液循環不全に関わっているということです。

 

 

さらに脳硬膜には小脳テントと呼ばれる隔膜が存在します。
ここも脳内の血液循環にとって欠かせない大事な存在になります。
小脳テントは横隔膜、そして骨盤にある骨盤隔膜と連動して動いています。
息を吸ったり、吐いたりするときにこれらの隔膜は同時に動いていることによって血液循環・酸素循環を効率的に行うことができます。

 

 

呼吸を最大限効率的に行うためにはこの隔膜の要素が大事になります。
呼吸は自律神経系にも影響を与えます。
浅く早い呼吸は交感神経系を刺激し、身体は休まりません。
それが睡眠リズムの不規則化や自律神経の乱れ、内分泌系の異常へと繋がります。

 

 

 

 

まるちゃん治療院でのオステオパシー整体による慢性疲労症候群の改善ポイント


改善のポイントは以下の3つです。

 

 

「脳内の血液循環を良好にする」

 

「呼吸機能の最大化」

 

「自律神経系の正常化」

 

 

 

脳内の血液循環と呼吸機能は脳硬膜を介して頭蓋骨や骨盤、背骨の歪み・捻じれと関係しています。
頭蓋骨をはじめ肋骨、脊椎、骨盤、仙骨などにある問題を解消させ、隔膜の働きを正常化させます。

 

 

特に呼吸は肋骨の動きと深く関連しています。
呼吸が浅い方は肋骨の関節の固さや筋肉自体にも過緊張を起こしています。
そうなると横隔膜もうまく働けません。

 

 

 

まずはしっかりと呼吸できる身体にしていきます。

 

 

 

また自律神経系の異常は解剖学的に背骨のすぐ隣の筋肉の盛り上がりで身体に現れます。
「背中が張っている」と感じている人は、実はほとんどが自律神経の疲れを表しているのです。
肋骨、背骨、頭蓋骨、骨盤の歪み・捻じれが解消してくると次第に呼吸が深くなり、気持ちも落ち着いてきます。
そうすると徐々に自律神経のバランスも改善してきます。

 

 

 

施術は無理に力で捻じれや歪みを押し戻すのではなく、
ゆっくりと優しく自然に歪みが取れてくるのを待ちます。
穏やかで優しい施術ですが、とても効果的で老若男女問わず行えることが特徴です。
身体がバランスを取り戻し静かになってきます。
あなたの身体にある自然治癒力を発揮できる状態になっていきます。

 

 

 

慢性疲労症候群は医学的に明確な治療法が確立されていません。
それは人によって原因が様々であり、またその状態も多種多様であるからです。
医学的な診断は重症度の分類に忙しく、あなたの身体を見ている訳ではありません。

 

 

当院の治療は一般的な治療や整体とは考え方も手法も異なります。
現状、他の治療を受けている方に対しても、平行して当院の治療を受けることが可能です。
プラスα の症状の改善を目指して頂けると考えています。

 

 

 

 

ストレス発散はご自身で少しでも


精神的ストレスを常に感じていると身体にも影響が出ます。
人間関係が上手くいかなかったり、苦手な仕事をしなければならなかったり、職場自体に行きたくなくなったり、
このような状態が続くと気持ちだけでなく身体にも現れてきます。

 

 

そ蕁麻疹や皮膚の炎症、抜けない疲労感、便秘や下痢、微熱、頭痛、不正出血、、、、

 

 

 

 

人それぞれストレスを受ける要因は違います。
それを少しでも忘れる時間を作ることが本当に大切になります。
気持ちを切り替えるきっかけになるでしょう。

 

 

 

いっそ仕事を休んでみたり、
友人や安心できる人にあったり、
山や海など自然の多い場所に行ったり、

 

 

 

そんな自分にとって落ち着いて気の休まる時間を作る習慣があるといいですね。

身体が上手く働かないと言うのは、自分の心身のバランスが崩れてしまっているという事です。

身体のバランスを取り戻すことが心のバランスを取り戻す手助けになります。

ご自身の身体の事を良く知ってください。そして健康的に自然に治る体を取り戻す方法に行きついてください。