息、してますか?②

ELL85_miorosumanou20140408_TP_V

 

しっかり深く息を吸ってますか?

 

呼吸の大切さについて少しずつ説明していきます。今回は呼吸と自律神経の関わりについてです。

前回書いたように浅く不規則な呼吸の方はお腹も固くなり、胸郭や横隔膜の動きが悪くなっています。その時に自律神経は交感神経が優位になってしまっています。身体が常に臨戦態勢に入っている状態ですね。血管は細くなり、内臓の動きも制限されて、いつでも戦えるような感じです。

 

本人にそんな意識はなくても、仕事でのストレスや周りの環境のストレス、また自分の精神状態でも人は簡単に臨戦状態になってしまいます。もし、その状態が長く続いてしまったら、、、。

 

少し想像してみても身体に良くないと感じるのではないでしょうか?

 

自律神経は残念ながら自分自身でコントロール出来るものではありません。(1日に何時間も瞑想に費やしたり、ヨガの達人だったら別ですが)しかし、我々でも意識的に自律神経に対してアプローチすることが出来ます。それが呼吸です。

 

たとえ交感神経優位で臨戦状態に入っていたとしても、呼吸は意識して変えらます。それが呼吸の素晴らしいところです。もし、あなたが今浅く不規則な呼吸をしていて気持ちも逆立っているようであれば、意識して深呼吸してみてください。交感神経と副交感神経のバランスが取れてきて、気持ちと身体が落ち着くことが感じ取れるのではないでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました