ニーラジャのイタリア瞑想リトリート記⑤

ニーラジャさんとのサットサンを経て、ようやく僕も皆がなぜ泣き、笑っているのかが理解できました。

 

 

 

 

本当のあなたとは何なのか?


それは、、、「何もない」「空」「空っぽ」、、、

 

 

言葉ではこのように表現されます。
しかし、実際に体験してみないとそれは分かりません。

 

 

 

 

 

注意して頂きたいのは、これは僕自身の体験であるということ。

誰しもが同じような体験をしている訳ではありません。
また体験の仕方も異なります。

 

 

 

それはその人の瞑想の深まり具合や知識としての理解力、霊的成長、生き方、、、、諸々を含めて、その人にとって「今」必要な導きを行っているからです。

人によって話し方や質問の内容もまるで違います。マインドからではない言葉によってニーラジャさんは導いています。

 

だから前回のブログを読んでも98%以上の方は、「何言ってんだこいつ?」と思うのも仕方ありません。

 

それでいいのです。今回の記事の目的は私自身がこの鮮明な体験を覚えておきたくて書いているのですから。
しかし、もし読んで頂けた方の2%くらいの人に共感を抱いていただけたらそれはとても嬉しいことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

その体験のあとは、本当に幸せな時間でした。
他の方が質問をしている時も、なぜ泣くのか、なぜ笑うのかその気持ちと空間を共有できました。
私も一緒に泣き、笑っていました。

 

 

 

 

 

 

 

最終日の前日にニーラジャさんの自宅に招いてもらうことになりました。
車で2時間程度の距離だそうです。

 

そこでのイタリア式ドライブは今までと打って変わってそれはそれは恐ろしい体験でした。

スタッフの方の運転で行くのですが、今まで穏やかに瞑想やサットサンに参加していた人とは思えないほど、荒い運転でした。

 

急発進、急ブレーキは当たり前、
極めつけは高速道路で150キロ以上出し、尚且つ車間距離は20~30メートル程度、、、
一瞬の油断で命を落とすレベルです、、、
山道のカーブが多い道もハイスピードでガンガン行きます。

 

 

車の免許を取って自分で運転するようになってから車酔いをしなくなった僕ですが、
壮絶に車酔いして吐きそうになりました。

 

イタリア式ドライブ半端ないです(-_-;)

 

 

 

 

まとめに続く

写真はニーラジャさんの自宅です。
田舎の山奥にあり、ラベンダー畑がとてもきれいで、まるで楽園のようでし

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*