癖に気づく

2018年10月

自分が普段どんな悪い癖をしてしまっているか、気付かない方は多いです。

 

 

それは長時間丸まって座っていることや同じ方の足を常に組んでしまっているとか、
立っている時に片方の足に体重をかけ続けてしまっているとか、いつも同じ方の手でスマホを操作して俯いているとか、、、

 

書きだしたら切りがないですね(;^_^A

 

腰痛やしびれ、背中の痛みを感じている人は、
普段している姿勢がここまで身体に悪影響を及ぼしているとは思わないことが多いですね。

 

 

だから、最初に忠告しても聞き入れてもらえません(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

これは以前書いた足底筋膜炎の方でクロックスを履き続けていた方も同様でした。

 

 

 

 

今回は片方の肩こりと背中のコリと痛みを訴える方です。

 

 

左側の胸郭や肩周りがいやに上がった姿勢をしていました。
同様に骨盤も左側が上がっています。

 

 

 

施術も順調で症状がなくなるのは早かったのですが、なくなったと思った症状がまた出てくることがありました。

 

 

 

 

そんなある時ご自身から「この姿勢をしているとダメだって分かった!」
と嬉しそうに仰っていました。

 

 

 

 

どんな姿勢かというと、

こんな姿勢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

あなたも思い当たる節があるのではないでしょうか。

 

 

 

こういった片側の肘に体重をかけている姿勢は、胸や肩周り、背骨や首にストレスをかけます。

デスクワークだけでなく、普段の家庭生活や本を読んでいる時にこの姿勢を取ることは多いと思います。
将棋やオセロあと、麻雀などの長時間座ってこの姿勢を取っている方もいます。
この姿勢が悪いとは思わないから常態化しちゃうのですね。
 

 

この姿勢をやめるようになってから肩こりや背中の痛みを感じることはなくなりました。
今回、この姿勢が悪いとご本人が気づけたのも、身体の状態が整ってきて、この姿勢に違和感を感じたからでしょう。

肩こりや背中のこりや痛みにお悩みの方は普段の姿勢を見直してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました