注射を打っても治らない腰痛 原因は腰にはなく 東京都府中市調布市国分寺市

施術の感想を頂きました。

 

52才の女性の方で、腰痛に悩み整形外科で注射を打ってもなかなか改善していない方です。

 

・治療を受ける前までの身体の状態はいかがでしたか?

腰痛がひどく、何をしていても痛い状態でした。整形外科へ行くと、行くたびに注射を打ちました。打って2,3日は良いのですが、すぐにまた痛みが出る状態でした。

 

・治療を受けていかがでしたか?

治療を受けて3回目くらいから少しずつ痛みが和らぎ、4、5回ですっかり痛みが取れました。痛みの元が腰の方ではなく、前の方(腹部辺り)にあることがわかり、それにはとても驚きました。

 

 

 

坂口様 ご感想ありがとうございます。

 

 

腰痛と言っても原因は人によって様々です。
整形外科で出来ることはレントゲンを撮り、牽引か電気、痛み止めの薬や注射だけです。

 

 

手で触って身体の状態を調べるということはできません。

 

 

 

今回の場合は腰椎の屈曲状態が慢性に続いていること、腹部横隔膜の可動性低下
腸腰筋の過緊張、もともと悪い左股関節の可動域制限

 

 

 

それらが相まって腰痛が出る身体の状態をつくりあげていました。

 

 

それらの問題を身体の治癒力に任せて解消していきました。

症状がなくなってくると、

「痛みがないことがとても嬉しい」

と仰っていたことがとても印象的です。

ずっと腰痛が続いていたらそれだけで気分も下がりますし、何より嫌ですよね。

回復してきて良かったです。

 

薬や注射は身体の感覚を鈍くさせているだけで、なんの解決にもなりません。

 

整形外科による従来の治療では満足していない方はいつでもご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*