エソテリックヒーリングPart3を受けてきました。

2019年3月

3月14日から18日までエソテリックヒーリングのPart3を受けてきました。

 

 

とても居心地のいいメンバーに囲まれてヒーリングを学ぶことができました。
本当に今までにないくらいに楽しい5日間でした。

 

 

 

エソテリックヒーリングは術者が何かを意図してヒーリングするものではありません。
(それはオステオパシーバイオダイナミクスでも同様のことですが)

 

 

 

エソテリックヒーリング、ニーラジャの教えを受け、私自身の考え方も変わってきています。

 

 

Part1の時は、施術をする上で、患者さんに何が起きているのか自分が何が出来ているのかをただ知りたくて、そしてそれが患者さんの役に立つのではないかと思い込んでいました。
しかし、Part2以降からはそんな当初抱いていた気持ちはさっぱりと消え去りました。

 

 

 

私自身の治療に対する執着が良い意味でなくなってきたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

それよりも

自分がこれからどう生きていけばいいのか

どうあるべきなのか

 

ということに迷いが出ています。

 

 

 

 

 

 

7つの光線の話をPart2で聞いた時、自分は絶対第一光線が強いと思い込んでいました。
(光線の話は詳しくは割愛させていただきます。検索すると色々出てくるかと思います。)

 

 

でも、今回のPart3を受けて光線の分析をした時に、私には第2光線が強く出ていることに気づきました。
それは思いもかけなかったことでした。

 

 

でも、そうでなければ私がこの道に進んでいったことの理由がつかないのだとも思ってきました。
だってもともと全く違う仕事をしていたのですから。

 

 

人の身体に対して奉仕するというこの仕事を通して、私が伝えられること、出来ることとは何なのか今一度深く考える機会なのだと思います。

 

 

 

Part3まで出たら、モニターとしてのヒーリングセッションは可能になります。
ご希望の方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

写真は奈良の鹿たちと、東大寺の大仏様です。
小さい時に大仏を見ても何も思わなかったのですが、今見るととても感慨深いものがありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました