五十肩は動かしたほうが良いの? (動画)

「五十肩は動かしたほうがいいの?」

 

 

と先日クライアントの方から質問を受けたので、その答えをシェアしたいと思います。

 

五十肩の病態や原因は調べて頂ければ分かると思うのですが、(基本的に医学的には原因不明とされています。老化に伴う筋肉のアンバランスが原因ではないかと考えられています。巷で手首が原因とか言っている人もいますが、そんなシンプルなものではありません。)動かして良い時期といけない時期があることを知っている方は少ないのでは?と思いました。

 

 

 

 

 

 

五十肩にはちゃんと治っていくためのプロセスがあります。

 

 

 

炎症期に無理をしてしまうことは炎症を長引かせ、五十肩の治癒を遅らせます。

 

 

 

実際にアメリカのドクターに五十肩の方の施術を見せて頂いた時のことなのですが、
炎症期にある段階では痛みが出ている肩に対して施術することはなく、身体全体の中から問題のある部位を施術していました。

 

 

それだけ炎症期の肩を動かすということはリスクを伴うということなのです。

 

 

 

 

 

よく巷では

 

 

「一発で五十肩が治る」

「たった〇〇分で五十肩が改善」

 

 

みたいなのがあります。

しかし、そんなにすぐに治るものはほぼ100%五十肩ではありません。

五十肩は複雑ですし、治っていくのにも時間がかかるものです。

誤った鵜呑みにしないようにして頂けたらと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*