整体、鍼 たくさん受ければ良いってもんじゃない

整体、鍼をたくさん受ければ良いものではありません。

 

 

大切なのは受けた後にしっかりと休息を与えてあげることなのです。

 

 

このような方がいました。

週に3つか4つくらい鍼や整体に行っていて、それでも症状が取れないから当院に来られたという方です。

 

 

 

なんで、そんなに鍼や整体を受けないと気が済まないのか。

 

そのような方は

 

「今すぐ、
この場で、
楽にして欲しい」

 

 

という無茶な欲求をしてきます。

 

 

 

 

少しでも痛みや違和感が残っているようなら、

 

 

まだ残っている、まだ痛い

 

と良い、さらに施術を求め、

 

鍼や整体をさまよい、

 

施術者にも無理な欲求をし、

 

しまいには強い施術をされてしまい、

 

余計に身体が壊れてしまう、、、

 

 

 

 

そして、また身体の調子がおかしいから刺激を求めてさまよい続けてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

前回多剤服薬のリスクについて書きました。

 

これも多剤服薬と同様で、要は薬物中毒ならぬ整体・鍼中毒になってしまっているのですね。

 

何か刺激がないと気が休まらないという異常な状態です。

 

 

痛みに耐えて強い刺激を受けて、身体を壊して

 

また別の所に行き、強い刺激を求めて、また身体を壊す、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな方にアドバイスです。

 

 

一旦全ての整体・鍼をやめてしまってください。

 

 

 

ゆっくり寝て

 

美味しいものを食べて

 

好きなところに行き

 

自然の中で散歩する

 

 

そうして身体と心を休めてあげてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*