アトピー性皮膚炎でお悩みの方へ

ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎の改善方法

府中市でアトピー性皮膚炎にお悩みの方でステロイド以外の他の方法を探している方へ

こんな悩みにお手伝いが出来ます。

  • アトピーが顔に出てしまってどうしても人目が気になってしまう
  • ステロイドで身体の痒みは一時的に楽になるけどできれば使いたくない
  • ステロイドの内服、外用薬での副作用が怖い
  • 出来るだけ自然にアトピーを治したい
  • かゆみが辛くて夜も眠れない
  • 色んな皮膚科を回ったけど、薬が増えるばかりで副作用が不安
  • アトピーの掻きむしり跡が目立って恥ずかしいからいつも長袖で隠している。
  • リバウンドせずにステロイド離脱したい

身体を整え、身体に本来備わっている解毒の働きが活性化するとアトピー性皮膚炎の症状がどんどん減っていきます。
もし現状の長引く痒みから抜け出したい時はご参考下さい。

アトピー性皮膚炎とは


アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴った湿疹が憎悪と寛解を繰り返しながら慢性的に起こる皮膚炎です。
皮膚を守ろうとする保護機能の異常によって症状が発生すると考えられていますが、なぜ保護機能に異常が起こるのかということは医学的にも諸説ありはっきりと解明されていません。

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。

アトピー素因というアレルギーを発症しやすい体質の人がアトピーになりやすいという傾向があるみたいですが、アトピー素因があっても発症しない方や、アトピー素因がなくても発症する方もいます。

湿疹ができやすい部位にも特徴があります。顔、耳や首回り、脇の下や肘の内・外側、股関節の付け根、膝の裏側などに多くみられます

アトピー性皮膚炎の進行を止めるには?


アトピー性皮膚炎を進行させないためには、「皮膚が治っていく邪魔をしない」が一番です。

アトピー性皮膚炎が悪化する原因

私たちは日常的に外部から有害な物質を取り込んでいるということをご存知でしょうか?
車や工場などの廃棄物、汚染された水・空気、近年ではPM2.5なども取り上げられています。

その他にも普段何気なく取っている食事もです。
ファーストフードは酸化した油を用いています。
砂糖たっぷりのケーキやお菓子、清涼飲料水もそうですね。
シャンプーやボディソープ、化粧品、過度なストレスも身体に活性酵素という毒素を発生させてしまいます。

食べ物(小麦、砂糖、添加物、トランス脂肪酸など)
経皮毒(シャンプー、石鹸、化粧品、保湿不足)
代謝(肩こり腰痛、便秘、腸内環境、体液循環、筋肉量)
ストレス(環境、職場、日常生活の空間など)
睡眠(睡眠時間の不足)

これらの内容をしっかりと見直すだけでも身体は回復傾向に傾いていきます。
悪いものを排出していく解毒にかかる期間は最低でも3か月からと見ていたほうが良いでしょう。

オステオパシーは身体の解毒反応を高める整体

体内の毒素を排出するのは「汗」「尿」「便」です。
そして皮膚の新陳代謝も毒素の排出に含まれます。

アトピー性皮膚炎の方は皮膚の代謝が悪いので、皮膚の代謝以外の部分を高める必要があります。
その結果として毛細血管の量が増え、皮膚の代謝も上がっていきます。

「汗」「尿」「便」が適切に出ない、働きが悪い時は身体の骨格が関係しています。
硬い緊張した身体は「眠りが浅い身体」になってしまい、十分な睡眠時間を確保できなくなってしまいます。

柔軟性を確保することで、皮膚の回復に必要な睡眠力も取り戻すことができます。

排泄(尿や便)と整体

腰や骨盤の骨格が乱れ筋肉が緊張を起こすと、まず近くにある腎臓の働きが悪くなります。
筋肉の緊張を取り除き、骨格を整えることで尿の排泄機能が向上します。

また骨盤やお腹周りの緊張が強くなってしまうと、大腸の働きが悪くなり便秘や宿便しやすくなります。
内臓が適切に働けば、排泄によってため込んでいた身体の毒素を外に出すことができます。

内臓とそれに伴う背骨を優しく調節してあげることで身体の解毒反応を活性化させていきます。
お腹が冷たい方や便秘がちの方は特に内臓の働きが弱くなっています。

排泄は身体に備わっている自然治癒の一つです。
上手に排泄できない身体はそれだけで身体に毒素をため込んでしまいやすく、治る力が落ちてしまいます。
この排泄力を取り戻すだけでもアトピー性皮膚炎の改善に大きく役立ちます。

汗を司る自律神経も背骨から出ているため、背骨をしっかり調整することで汗がかける身体に変化していきます。

アトピー性皮膚炎の治療経過

アトピー性皮膚炎の治療経過についての傾向をお伝えします。
ステロイドを使わない方
ステロイドを使用中の方
ステロイドを止めたい方

それぞれの状態によって治療過程も異なる傾向にあります。
最も効果的なのはやはり、ステロイドを使用してこなかった方ですね。

ステロイドを使用しない方

痒みが一時的に増します。
しかし、掻いても皮膚の損傷や火照りが徐々に減っていきます。
眠りも深くなってきます。
痒みがあったとしても皮膚の状態がよくなっていきます。
だんだん痒み自体も気にならなくなり、3か月~半年くらいで皮膚の改善が見られます。

ステロイドを使用中の方

痒みの出方に変化はありません。
でも、痒みが出ることが減っていきます。
ステロイドをいつやめるかで経過が変わってきます。

ステロイドをやめたい方

リバウンド症状が1か月くらい出てしまいます。
強い痒みが出たりしますが、3か月~半年くらいで治まります。
1年から2~3年で皮膚の改善がみられてきました。

ステロイドを使わず、あなたの力でアトピー性皮膚炎を改善していく

アトピー性皮膚炎はしっかりと取り組んでいけば改善できる症状です。
当院に来院される方は小さなステップを少しずつしっかり踏んで、
目標を持って取り組んでいます。

1人で取り組むにはどうすればいいいのか分からなく不安になってしまうと思います。
あなたがしっかりと体質を変えて快適な生活を送れるようになることを願っています。
お困りの場合は力になれますのでお気軽にご相談ください。

042-302-5447
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【京王線 府中駅より徒歩4分】
【府中駅東より徒歩2分】

〒183-0055 東京都府中市府中町2丁目
3−11 KTマンション 404

■営業時間 9:00~21:00
■定休日…水曜日

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中