慢性疲労症候群でお悩みの方へ

「倦怠感がずっと抜けない」「寝ても疲労が取れない、起き上がれない」
そんな慢性疲労症候群で医療機関に行っても改善が見られない方は当院までご相談ください。

 

東京都府中市で慢性疲労症候群にお悩みの方
慢性疲労症候群は病院に行っても原因が分からず、「自律神経のせい」「ストレスのせい」と言われて薬を処方されて終わりという方が大半なのではないでしょうか?

 

当院では慢性疲労を起こしてしまうのはホルモン量の低下以前の問題として、「呼吸機能低下による低酸素」「自律神経の乱れ」による「身体機能の劣化」と考えています。
オステオパシー施術によって「呼吸機能の改善」「自律神経のバランス」「胃腸の働きの改善」を図ることが慢性疲労症候群を改善するための唯一の手段だと考えています。

慢性疲労症候群とは


基本的に医療的な検査(血液検査、画像検査、ホルモンの異常、神経系の検査)などを行っても異常が見つからず、6か月以上全身的な疲労感に襲われていたり、睡眠や休養を取っても回復しない時に慢性疲労症候群と診断を受けるようです。

 

慢性疲労症候群の症状

訴えの多い症状として
常に倦怠感がある
肩こり頭痛
微熱
のどの違和感・異物感
筋肉痛
寝つきが悪い、よく眠れない
気分障害(うつ症状)

などです。

 

慢性疲労症候群の原因

慢性疲労症候群に対して多くの研究がなされていますが、実際の所原因は未だに分かっておりません
免疫システムの異常や感染によるもの、アレルギー、内分泌の異常、精神疾患など多くの要因を挙げられますが、明確に原因として結び付くものではありません。
遺伝的な要素や環境的な要素によって左右されることが多い病気なのではないかと言われています。
原因が分からないので行われる治療も漢方やビタミンCなどの薬物療法が主になります。

 

慢性疲労症候群に対する当院の考え方

医学的に原因不明とされていますが、慢性疲労症候群の方のお身体の状態や生活習慣を伺っているとある特徴が見られます。

 

・脳の作用が正常でなくなることについて

慢性疲労症候群の方は精神的ストレスが重なることで日常生活を脅かしてしまうほど脳が働かなくなってしまうとされています。
「整体でどうやって脳を良くするの?」と思うかもしれません。

しかし、答えはシンプルです。

脳は血液によって酸素や栄養が運ばれることで正常に働くことができます。
心臓から首の血管を伝って頭蓋骨の中の脳に届けられ、脳で使われた老廃物は再び頭蓋骨、首を伝って肺に戻り呼吸によって浄化されます。
慢性疲労の方は呼吸が浅くなり、頭蓋骨をはじめとして血液循環の経路に捻じれや歪みが発生することでより一層この循環システムが滞り脳の働きが悪くなってしまうのです。

 

・呼吸が浅い=背骨が固く肋骨の動きが悪い

呼吸が気付かないうちに浅くなってしまっている傾向にあります。
その結果、呼吸のための横隔膜が固くなったり、背骨・肋骨の可動性が低下します。
呼吸は体液循環においても重要な役割を担います。
この呼吸機能の低下が慢性疲労症候群の大きな原因の一つと言えるでしょう。

【関連記事】横隔膜が固いとどうなる?【横隔膜の位置と働き】

横隔膜が固い、横隔膜の働きが悪いと身体にどんな影響を及ぼしてしまうのか
横隔膜の解剖学的な位置関係や役割について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

この記事を読む

 

・背骨の歪みとそれに伴う身体の緊張

背骨の歪みやそれに伴う身体の緊張は自律神経の乱れを生みます。
疲労感が抜けない人は無意識のうちに常に身体が緊張してしまっている状態にあります。
交感神経が高まっている状態ですね。
不眠や眠りが浅いというのもこれが原因となっています。

 

・胃腸の機能低下

自律神経のバランスが乱れることで胃腸の機能も低下していきます。
逆流性食道炎、機能性胃腸症、過敏性腸症候群など、自律神経の失調が原因で起こる症状も併発していませんか?

 

・運動不足・オーバーワーク

疲労感が抜けない方は運動不足もしくは過度なオーバーワーク状態にあります。

軽い運動は血液循環を促すと言われています。
筋力がある方は姿勢もしっかりと維持できていて呼吸も安定して行えます。
オーバーワークの方は、運動や食事、睡眠時間に特に気をつけていないとメンタルもやられて心療内科へ通うことになりかねないので、気を付けないといけません。

 

体質改善を目指すオステオパシー整体


体質を変えるというのは簡単に言うと、問題が出ている部分を見つけ、歪み・捻じれを解消し、「正常な呼吸量」「毛細血管への血流量」「胃腸の機能」を良くしていくということになります。
これらの状態が正常になると身体は自然に修復できます。
「自然治癒力」を高めていくことが体質改善なのです。

 

改善のポイント
背骨、肋骨、横隔膜など呼吸量の最大化
姿勢に関係する背骨、骨盤
自律神経に関与する頭蓋骨、背骨、仙骨
腸の働きを司る背骨、骨盤、腸自体の調整

 

安静時の呼吸に大きく関与しているのは肋骨の筋群になります。
呼吸が浅い方は横隔膜を含め、背骨や肋骨の筋肉や関節に硬さが出てしまっています。
横隔膜の働きが弱ってしまい息が吸えない状態のため、「低酸素」状態になる要因です。

 

また横隔膜には頸椎の3~5番から運動神経が出ているため、頸椎の歪みや捻じれが横隔膜の働きにも影響してきます。
つまり、猫背や首コリ・肩こりを感じている方は横隔膜の働きが鈍くなってしまっていると思ってください。

 

体質を変えるのは大まかにいうと 問題がある部分を見つけ出し
ゆがみを取り去り「正常時の呼吸量」「血流量」「腸の動き」をよくすると言ったことになります。
いわゆる自然治癒力を高めます。

 

姿勢維持には背骨、骨盤のバランスが関わっています。
自律神経の緊張は背骨の筋肉の盛り上がりで身体に現れます。

 

「背中が張っている」と感じている場合、そのほとんどが自律神経の乱れを表しているのです。
頭蓋骨と仙骨は副交感神経がある部分になります。

 

この辺りが正常に働くようになると「自律神経の緊張」が改善し、身体がリラックスして呼吸が深くなっていきます。
身体が回復する方向に傾くための大切な要素です。

 

胃腸の働きも背骨から自律神経を経由してコントロールされています。
背骨の硬さや緊張は胃腸の異常を訴えている可能性があります。

 

腸の働きが良くなってくると、身体の中に貯まっている有害物質を排泄できるようになり、身体から毒素が出ていくようになっていきます。

 

このように身体の機能や組織は互いに重なり合って作用しています。
問題点は1つだけでなく、多くの因子が絡んでいます。

 

一つの問題が呼吸や自律神経など多くの機能に悪影響を及ぼしているのです。

 

慢性疲労症候群から脱却するために

身体が上手く動かない、疲労が抜けないというのは植物や車と同じであなた自身の身体のことを良く知らない、身体の整備方法が分からないということなのです。
しっかりと整備し手入れをする正しい方法が分かれば、不調のない元気な身体の状態を取り戻せます。

それは薬を飲むことでは得られないものです。

あなた自身の身体のことをもっと良く知って欲しいです。
そして健康的で寝れば自然と回復する身体を取り戻す方法に行きついてください。

このめまいの原因は頭蓋骨から?を書いた人

プロフィール画像

丸井恒介(まるいこうすけ)

出身地 東京
生年月日 1985年2月3日
国家資格 理学療法士
所属 全日本オステオパシー協会
日本オステオパシー連合
IOAJ
(International Osteopathic Association of Japan)
経歴 平成 21年日本リハビリテーション専門学校入学
日本リハビリテーション専門学校理学療法学科卒業
平成 25年医療法人社団河井病院勤務
平成 25年日本オステオパシー協会入会
平成 27年IOAJ入会
平成 28年府中オステオパシー まるちゃん整体院開業
趣味 ピアノ、筋トレ、バドミントン
042-302-5447
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【京王線 府中駅より徒歩4分】
【府中駅東より徒歩2分】

〒183-0055 東京都府中市府中町2丁目
3−11 KTマンション 404

■営業時間 9:00~21:00
■定休日…水曜日

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中