私がマッサージや高周波・低周波などの電気治療をしない理由 東京都府中市

私はマッサージや電気治療(高周波・低周波)をクライアントさんに提供することはありません。

 

 

理由は簡単です。
ただ、一時的に気持ちいい(?)だけで、効果がほとんどないからです。

 

 

人によるとマッサージされて強く押されると痛気持ちいい感覚が心地よく感じるかもしれません。
しかし、私にとってはその感覚すらも身体にとっては不必要な刺激であり、ただただ不快でしかありません。

 

 

なぜマッサージが効果がないのでしょうか。
マッサージと同様に低周波や高周波のような電気治療も同様に効果はほとんどありません。
だから、整形外科に毎日のように行っては電気治療をするということを続けているのです。

これらのことについて詳しく解説していきます。

 

マッサージ、電気治療をたくさんしているのに肩こりや腰痛など症状が改善しない方はぜひお読みください。

 

 

 

マッサージや電気治療を行うのは何のため?

よく整体にいくと背骨をボキボキする前に「ほぐし」といって筋肉を押したりしてマッサージします。
筋肉を緩めて関節を動かしやすくするために行うと言われていますが、果たして本当にそんな効果があるのでしょうか?

 

 

大抵このような整体を受けると翌日ひどい揉み返しを受けます。
そしてその「ほぐし」という行為は一連のルーチンで行われます。

 

 

もし、固く感じるようなところがあれば、そこを執拗的に攻められるでしょう。
それが痛くて気持ちいかもしれませんが、注意が必要です。

 

 

 

多くのマッサージや「ほぐし」という行為は筋肉や筋膜をはじめ身体の組織を傷つけられてしまっていることが大半です。

その結果、揉み返しとなって身体に現れます。

揉み返しというのは傷つけられた筋肉・筋膜などの組織が炎症を起こし、回復しようとしている過程で発生します。

 

 

一方、オステオパシー施術を受けた後でも好転反応と言って、すごくだるくなったり、別の部分に痛みを感じたりするようなことが2~3日続くことがあります。
これは身体のバランスが変わることで、身体が再調整をしだすために起こる反応です。
揉み返しで起こる反応とは全くの別物で、出てくる反応も異なります。

 

 

強いマッサージは組織を傷つけているだけ

強いマッサージを受けて、ただ単に組織を傷つけて、炎症を起こして回復させるという無駄なことをしてしまっているのだと思ってください。
それを繰り返していくとどうなるか。
筋肉・筋膜組織はより固くなり、本来あるみずみずしさを失っていきます。
過剰な身体への刺激が重なり、感覚は鈍り、自律神経系のバランスが乱れていきます。
より強い刺激を求めるようになります。
悪循環へと陥ります。

 

 

 

 

なぜ、私がこんなことを書くかというと、
このような身体の状態になってしまっている方が余りにも多いからです。

 

 

 

 

電気治療も同様でほとんど効果がありません。

 

私のクライアントさんの一人で、10年以上整骨院で電気治療を受け続けていた方がいました。

 

電気治療を受けていて始めはそこまで痛くなかったけれど、次第に痛みを感じるようになってきたけど我慢して受け続けていたそうです。
初めて来院された時は腰も曲がった状態で仰向けに眠ることが出来ないような状態でした。
その整骨院は10年以上も何をやっていたんだという憤りも感じました。

 

 

 

 

身体の状態が回復していくにつれ、少しずつ施術中でも身体の緊張が落ちていき、仰向けで眠ってくれるようになってきました。
身体の緊張が落ち着き、筋筋膜・骨格の捻じれが解消されてくると神経系が穏やかに静かになっていきます。
そうすると、驚いたことに今まで神経系に溜まっていた不必要な刺激が身体に現れてきました。
手や足が電気を受けているのと同じようにビクビクと痙攣したように動き出すのです。
本人は眠っているので、そのことに気づきません。(なんとなく身体が勝手に動いているのには気付いているようですが)

 

 

 

この痙攣したような動きは施術中身体の捻じれが解消され、神経系も正常な状態になってきてから毎回起きるようになりました。

 

 

 

 

その方は今はほとんど症状がなく過ごされていて、月に一度くらいメンテナンスで通ってきてくれています。

 

 

通院しはじめてから2年以上たっていますが、いまだに施術中にこの手足の痙攣はやみません。
症状自体はなくなっているものの、10年以上身体に刻まれた電気刺激の神経系への痕跡は今もなお残っています。
今までどれだけ我慢して電気を受けてきたのか、そう考えるととても辛い気持ちになってきます。

 

 

 

筋肉は本来、身体の内側から出る電気刺激によって動かされるもの

脳からの指令が電気刺激となって神経系を通って筋肉に伝えられます。
本来、筋肉は身体の内側から発生される電気刺激によって動かされるものです。

 

高周波や低周波のような外的な電気刺激は、本来ある人間の生理的なメカニズムから反しています

これは治療目的の電気治療に限らず、筋トレなどを目的としている電気刺激(○○パッドのような商品)にも同様のことが言えます。

 

不要な電気刺激は筋肉だけでなく、神経系までダメージを与えます。
一番分かりやすいのは感覚が鈍くなることです。
だから、より刺激を強くする。
これはマッサージと同様で悪循環を生みます。

 

 

 

そもそもマッサージや電気治療で骨格の歪み・捻じれは解消されない

今回一番知っておいていただきたいのは、
いくらマッサージや電気治療をしたところで、骨格の歪み・捻じれは解消されないということです。

 

 

マッサージや電気治療は筋肉を刺激するためだけであって、筋膜・靭帯・骨の捻じれや位置異常を修正するものではありません。
筋膜・靭帯・骨の位置異常を修正するためには、オステオパシーのように適切な施術方法が必要になります。

 

不必要な刺激は上述したように身体にとって害悪でしかありません。

マッサージや電気治療の身体に与える影響について少しでも知って頂ければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。