丸井恒介プロフィール

■ 丸井 恒介(まるい こうすけ)
■ 1985年 2月3日生まれ
■ 東京都調布市出身 既婚

■ 理学療法士(国家資格)
■ 日本オステオパシー連合(JOF)所属
■ 日本オステオパシー協会会員
■ 日本オステオパシー協会大阪支部講師
■ International Osteopathic Institute of Japan 所属
■ MRO(J)取得(JOF認定オステオパス)

■ 趣味:ピアノ、サイクリング、筋トレ

丸井恒介(まるいこうすけ)
理学療法士・オステオパス

 

 

経歴

 

高校生のころから始めたバドミントンで肩と腰を痛めたことがきっかけで、初めて整体院というものに行き始めました。ただ、当時やってもらっていた治療が首や腰をボキボキ鳴らす治療で、ろくに説明もなく正直良くなっている感じもしなかったので行くのをやめてしまいました。

その後大学生活でもよくぎっくり腰を繰り返し、酷い時には座っていられない程でした。安静にしていれば数日間で痛みが治まるのですが、繰り返すぎっくり腰にひどく悩まされていました。

社会人になると花屋に勤めていたのですが、やはり肉体労働で腰への負担が強いのです。この腰ではずっとこの仕事を続けられないと将来のことで悩んでいた時に理学療法士という仕事があることを知りました。

 

 

 

 

 

身体のことが知れると憧れを抱いて理学療法士に!

でもその現実は、、、

 

 

 

初めて医療のことを勉強するので医学用語や専門知識で憶えることがとても多く大変でした。でも3年生になっても身体の治療の仕方がわかりません。もちろん患者さんの治療の仕方も分かりません。 そんなこんなで3年生の後半から実際に病院に行き臨床実習になるのですが、身体の触り方も技術も何も知らないものですから、何をしていいか分からないのです。 ただレポートという形式で紙面上で患者さんの情報をこねくり回しているにすぎないという印象でした。

 

 

 

オステオパシーに出会えた!!

 

 

なんとか実習を乗り越え、その後国家試験になるのですが、たまたま何かのセミナーをきっかけでオステオパシーというものを知ることが出来ました。調べてみると都内で土日に集中して学べるオステオパシーの学校があることを知り、導かれるままに見学に行きました。その時のことは今でも覚えています。

たまたま見学に行った時に総復習をしていたらしく先生の手が空いていたので僕の身体を治療して頂けました。本当に驚きました!軽く触れられているだけなのに腰の痛みや違和感がみるみる引いていくのです!!今まで受けたことのある治療は何だったんだと思うほどの衝撃でした。さらに施術が終わった後身体からボアボアと暖かいものが溢れてきて止まりませんでした。即、入学を決意しました。

 

 

平成25年4月 理学療法士免許取得

全日本オステオパシー学院入学

 

 

資格取得後、病院勤務しつつ土日はオステオパシー学院で学びました。今までにないくらい勉強し練習しました。その甲斐あってか徐々に僕が担当していた患者さんの症状が改善されていく方が増えていき、とても仕事にやりがいを感じられるようになりました。と同時にオステオパシーのすごさをあらためて思いました。

 

 

 

平成27年4月 MRO(J) Member of Registered Osteopaths (Japan)取得

 

※MRO(J)Member of Registered Osteopaths (Japan)とは、 日本オステオパシー連合(JOF) が認める基準であり、 安全性・知識・技術・倫理観を持ち合わせたオステオパスとして認定されていることを意味します。

国内的にはオステオパシーが制度化されていない現在、国内外を問わず、 オステオパスの一定以上の水準を証明する唯一の資格となっています。

MRO(J)保有者はJOFが認めるセミナーに3年間で120時間の受講が義務付けられており、 技術の向上や最新の医学情報へのアップデートに努めています。

 

学院での勉強の一つの集大成としてJOF主催のMRO(J)試験に無事合格できました。(筆記試験のみならず実技試験もあるのでとても緊張しました)

 

 

学べば学ぶほど、、、

 

 

オステオパシーを学べば学ぶほど、日本の現行の医療体制に疑問を持つようになってきました。海外では医者が患者の身体を調べて手で調整を施したりできます。しかし、日本の医者が処方するのは投薬や手術、検査漬けにするばかりで身体の状態を手で調べたりすることはありません。これだけ素晴らしい医療体系があるのに、なぜ日本ではこのような現状になってしまっているのか疑問に覚えます。さらに残念なことに日々患者さんを診ているうえでこの人は果たして本当に手術をする必要があったのかと思える方が多くいることに気付きました。もし手術を受ける前に適切な施術を受けていたなら、症状は改善されていただろうしここまでひどくならずに済んだだろうと思える患者さんが多いことが現実にありました。だったら、自分がその役目を果たそうと思い、府中でオステオパシーの治療院を開業することを決意しました。

 

 

病院や整形外科、整骨院に行っても繰り返される痛みや不調でお悩みの方、良い整体院を探しているのだけどどこへ行ったらいいのか分からない方、根本的に身体を変えていきたい方、ぜひ一度当院の施術を体験してみて下さい。驚くほど身体が軽くなり楽になりますよ。