左側だけ腰が痛い【何か病気なの?】


「左側だけいつも腰が痛い、、、なんで?」

「何か変な病気なのかなぁ?」

 

 

いつも腰の左側が痛いと、

何か変な病気なんじゃないのかと不安になってしまいがちではないでしょうか?

 

 

そんな左側の腰痛でお悩みの方に本記事は助けになります。

この記事を読むことによって、何で左側だけに腰痛が出てしまうのかが分かるようになります。

そして、どのように対応していけばいいのかも理解できます。

 

 

本記事の内容

1.左側だけ腰が痛い原因
2.左側の腰痛と病気との関係
3.当院で対応できる左側の腰の痛み
まとめ

 

 

この記事を書いている私は、オステオパシー歴6年、臨床歴8年。
国家資格である理学療法士を持っていて、病院での勤務経験もあります。
私自身が何度もぎっくり腰を繰り返し、ヘルニアと診断されていましたが、今は腰痛を感じることはなく元気に過ごせているため、記事の信頼性につながるかと思います。

 

 

1. 左側だけ腰が痛い原因

骨格の歪みによる筋肉の過緊張


左側だけに腰痛が出てしまう人の一番の原因は骨格の歪みにあります。

 

あなたは、常に左側に体重をかけていませんか?

左に体重をかけて右に身体を捻じったような姿勢をしていませんか?

座っている時にいつも右足を上に組んでいませんか?

 

 

 

このような生活習慣の影響で骨盤や背骨に偏った癖がついてしまうと、

 

それに合わせて筋肉や筋膜も歪み・捻じれていきます。

 

 

例えば、座っている時に左側に体重がかかる姿勢(右足を上に組む)を続けていると腰椎は右に側屈します。

 

そうなると腰の右側の筋肉は常に収縮し、反対の左側は引き伸ばされた状態になります。

 

この引き伸ばされたような感じが張りや痛みにつながり、左側の腰痛として感じられることが多々あります。

 

 

 

「左側だけいつも腰が痛くて何か内臓か何かの病気なんじゃないか?」

 

 

と思いがちですが、大半の場合はこのように普段の生活習慣で身体を偏って使ってしまっていることが原因で腰痛になっていることが多いです。

 

 

仙腸関節の問題


左側だけの腰痛を感じる場合、仙腸関節に問題を抱えていることもあります。

 

左側の仙腸関節にズレが生じている場合に痛みが出てしまうというのは一般的な考えです。

実際に、そういう方もいます。

 

 

しかし、私が今まで見て来た経験から言うと、左側の仙腸関節ばかりに問題がある訳ではありません。

右側の仙腸関節が固く動きが悪くなってしまっている時も左側に過度な負担がきてしまい、

 

左側の腰の痛みとなっている方が多い傾向にあると感じています。

 

 

 

内臓の影響


内臓の状態も左側の腰痛に影響します。

内臓-体性反射というように内臓の状態が自律神経を介して背骨周りの筋肉に影響してきます。

 

特に左側にある臓器である


膵臓
脾臓
腎臓
S状結腸

 

などが左側に影響しやすいです。

 

すい臓がんなどは左側に安静にしていても痛みがでてしまうような症状が出ます。

 

腎臓の問題も腰に影響を与えます。

≫腎臓が悪いと腰痛に?【腎臓と腰痛の関係】

 

 

便秘時にもS状結腸に便が貯まる影響で左側に腰の痛みや違和感となって現れることがよくあります。

≫便秘になるといつも腰痛に【便秘と腰痛の関係を徹底解説】

 

 

 

 

2. 病気との関係

椎間板ヘルニア


ヘルニアの影響で左の神経根が圧迫されている場合、左側の腰痛が出ることがあります。

 

また痛みだけでなくしびれなどの症状も併発する可能性があります。

 

しかし、ヘルニアはヘルニアによる神経根圧迫によって痛みやしびれなどの症状が出ているのではないと分かってきています(本当にヘルニアによる神経根圧迫によって痛みやしびれが出ているのは全体の10%ほど)。

 

なので、ヘルニアだから痛みが出ているのではなく、過度な偏った姿勢により腰の左側に負担がかかることで腰筋肉や神経周囲の組織が炎症を起こして痛みやしびれが起きていると考えられます。

 

 

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊髄の通り道である脊柱管が変形によって狭くなり、

 

神経を圧迫してしまうことで腰の痛みやしびれなどの症状を起こしてしまう病気です。

 

間欠性跛行などは典型的な症状になります。

これも圧迫されている神経の部分によっては左側に痛みが出てしまうこともあります。

 

がん、脊椎炎など

左側の腰に関わる臓器の悪性腫瘍

すい臓がん、腎がん、胃がん、大腸がんなどが左側の腰痛として現れる可能性があります。

 

これら悪性腫瘍によって痛みが出ている場合、ある特徴があります。

 

それは安静にしていても痛む

 

ということです。

 

ぎっくり腰をした直後やヘルニアと診断されている方でも横になって安静にしていれば痛みは引いてきます。

 

しかし、悪性腫瘍が原因での腰痛はいくら安静にしていても痛みが引かず、いつまでも痛みます。そのような場合は速やかに医療機関に向かうようにしてください。

 

 

3. 当院で対応できる左側の腰の痛み

病院で明確に原因が分かる場合は病院で


悪性腫瘍というように病院で検査をして明確に原因が分かっているような腰痛は、即座に医療機関で治療してください。

 

当院では対応出来かねます。

 

また、問診やお身体を見させて頂いたときに、詳しい医療的検査が必要だと感じた場合には、一度医療機関の受診をお勧めしております。

 

病院で検査をしても原因が分からない薬や注射だけされて終わり、そのような場合は当院で十分対応可能です。

 

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症は整体で改善可能


ヘルニアや脊柱管狭窄症は整体で十分に改善可能です。

ヘルニア・脊柱管狭窄症と言っても、ほとんどの場合が不良姿勢による身体の歪みから来ています。

 

骨格の歪み・捻じれを改善しなければいつまで経っても症状は改善されることはないでしょう。

適切に身体の状態を正常化していけば、自然と症状はなくなっていきます。

 

内臓の状態も良好に


病院で検査した際に内臓に異常はないとの診断を受けていても、

内臓自体の動きが悪くなっていたり、固くなっていることがあります。

 

もしくは膵臓、腎臓などは健康診断で数値が悪くなっているのもあるかもしれませんね。

 

内臓自体の動きが悪く、固くなっている場合、内臓の働きが鈍くなっていきます。

 

それらは病院の検査では分からない範囲かもしれないし、分かっているものもあるかもしれません。

 

整体で内臓の状態を調整しておくことで、数値が改善していくことはよくあることです。(もちろんご本人の食生活や喫煙なども関わってきますが)

 

また、内臓の状態を良くすることで腰痛を感じなくなってきたという方もいます。

 

 

 

まとめ

左側の腰痛と言っても、原因のほとんどは日々の生活習慣の偏った身体の使い方にあります。

もちろん、左側の腰痛と関係のある病気はありますが、その場合も特徴的な痛み方をします。

 

心配な方は一度医療機関を受診されると良いでしょう。

 

医療機関を受診しても原因がよく分からない、薬だけ増やされたという方は、あらためて自分自身の身体と向き合うと良いでしょう。

 

普段の生活習慣で偏った身体の使い方をしていないか見つめてみてください。

 

どうしても一人では何がいけないのか分からないし、なかなか左側の腰の痛みが解消せずお悩みの方は当院までご相談ください。

 

プロの手を借りるのが実は一番早い解決策だったりします。

042-302-5447
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【京王線 府中駅より徒歩4分】
【府中駅東より徒歩2分】

〒183-0055 東京都府中市府中町2丁目
3−11 KTマンション 404

■営業時間 9:00~21:00
■定休日…水曜日

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中